レミーのおいしいレストラン

その出会いはおいしい奇跡の始まり

映画『レミーのおいしいレストラン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画の有無を確認するのに有用です。
今すぐ『レミーのおいしいレストラン』を見るなら動画リンクをチェック。

ブラッド・バード監督によるピクサーの作品。パリの5つ星レストラン“グストー”を舞台に、料理が苦手な見習いシェフのリングイニと、“グストー”に流れ着いた料理が得意なネズミ、レミーの友情と成長を描く。製作総指揮はジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン。レミーは今は亡き天才シェフのグストーに憧れて、フランス料理のシェフになることを夢見るネズミ。それは小さな夢だが、いつか叶えると信じていた。ある日、レミーは嵐の中で家族と離ればなれになり、独り華の都パリにたどり着く。そこは全くかけ離れた世界。途方に暮れるレミーの前に現れた憧れのシェフ、グストーの幽霊に導かれ、レミーは運命を変える場所となるレストラン「グストー」へと向かう。

原題:Ratatouille / 製作:アメリカ(2007年) / 日本公開:2007年7月28日 / 110分 / 制作:Pixar Animation Studios / 配給:ディズニー

レミーのおいしいレストラン(予告編).jp

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『レミーのおいしいレストラン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

独自の設定で観客をワクワクさせるようなユニークなアニメーションを生み出すピクサー作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。基本的にディズニー系の映画はあまり取り扱いが少なく、見放題になっていることはアニメ映画はほぼないです。一方で、単体ごとにレンタルしたり購入することはできるので、そうした方法を検討してみるのも良いです。

「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。お楽しみタイムはエンドレスで始まります。でもその前に無料お試しで、あれこれと並んでいるムービー・コンテンツを無料動画的な利用感で満喫して、その旨味の虜になってみませんか。「ニコニコ動画とは大きな違いはあるの?」そんな疑問にもお答えすると、このサービスはオフィシャルなコンテンツだけを公式提供で配信するものなので、誰でも投稿できるサイトのような乱雑さは無し。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。常にあらゆる手段を悪用してきますが、最近だとビットコインなど仮想通貨で寄付のようにお金の支払いをさりげなく求めてくるものもあり、一度その手にのっかると個人情報を引っこ抜かれ、延々と不正利用のリスクに晒され、落ち着かない怖い状態になります。注意喚起はしておくにこしたことはないですが、憤怒の感情で賠償を求めても無駄なので、オフィシャル安全動画が確実です。

新規話題作はその熱気が冷め始めた頃、スルッとネット動画配信を開始していることも多く、VODは注視すべきです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「レミーのおいしいレストラン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。相次ぐ新規サービスラッシュについていくのもやっとだったりしますが、フルムビバースはどこよりもバッチリと対応に積極的。なお、最終的な配信状態は当日しかわからないものなので、登録前にラストとして公式サイトで目視しておくのを忘れずに。

外国語映画ならば「字幕」か「吹替」の選択ができるものがあります。あなたが好きなのはどれでしょうか。字幕は映像動画に集中できない欠点がありますが、役者の声をそのまま聞けるので演技を純粋に楽しめます。吹替は誰が声をあてるかでクオリティが左右されるのですが、運よく素晴らしい声優陣に支えられていれば最高クラスの別格オリジナルなユニークさが追加されることになります。「レミーのおいしいレストラン」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「レミーのおいしいレストラン」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。ネックになりがちなのは無線LANで、どうしてもパソコンとルーターの間に壁や天井など障害物があるとすぐに電波の届きやすさに影響を発生させてしまいます。いっそのこと、中継機の活用の補助手段を検討するのも良いでしょう。無線チャンネルを変更して改善することもあります。

『レミーのおいしいレストラン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『レミーのおいしいレストラン』をさらに知る

★スタッフ
監督:ブラッド・バード
脚本:ブラッド・バード
音楽:マイケル・ジアッキノ

★キャスト
パットン・オズワルト、ルー・ロマーノ、イアン・ホルム、ブライアン・デネヒー、ピーター・ソーン、ピーター・オトゥール、ブラッド・ギャレット、ジャニーン・ガロファロー、ウィル・アーネット

★『レミーのおいしいレストラン』の評価

IMDbRTMETA
8.096%??
映画comY!FM
3.7???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『レミーのおいしいレストラン』の感想

●無料ホームシアター
本作の全体の完成度に関しては、もう文句なしの傑作です。特にテンポの良さに関しては、PIXAR映画の中でも上位中の上位に入ります。特に素晴らしいのは、レミーが地下水からパリの美しい街並みが見える上層まで這い上がるシーンと、レミーがレストランの厨房で逃げ隠れだすところから、こっそりスープに隠し味スパイスを次々と入れているところをリングイニに目撃されるまでの一連のシーンは、素晴らしいを通り越して、最早芸術の域!
●FILMAGA
自分的には、名優ピーター・オトゥールによる辛口批評家イーゴの声の演技が本当に良いです。81歳でこの世を去った彼の最後の代表作がこのような素晴らしい作品で、ファンとしては本当に嬉しい限りです! 私はこの言葉を胸に生きていこうと思えた大切な映画です。音楽と背景両方とても素晴らしいです。人によっては店にネズミがいる描写だけでアウトな人もいるらしいですが、そんな気持ちをほんの少し我慢しても観る価値はあります。
●ユナイテッドシネマ 
名作ばかりのピクサーの中でもピカイチのアニメ。誰にでも、どんな環境であれチャンスはあるのだと感じました。高級料理ではなくラタトゥイユであの批評家を納得させることができたのは、きっと彼にも天才がよい料理を作ることが最高のレストランではなく自分のチャンスを逃さず成し遂げていくリトルシェフこそ人を感動させる料理が作れると気づかせたからでしょう。誰にでも、可能性はある。人生のチャンスは転がっているのです。
●イオンシネマ
子供向けかと思いきや、大人が観て楽しい洋画。冒頭、主人公のネズミが実写化自身の境遇を嘆くナレーションから始まるのですが、ネズミを主人公にしているのがディズニーだったらあり得ないチョイス。そこに踏み込むピクサー、怖いものなしだな。ちゃんとネズミは不衛生だと描いているし、しっかり気持ち悪くも描く。それでも感動させるのだからこんな手腕はマネできない。リングイニがあの結末であの仕事に就くのは意外でした。

ピクサー制作アニメ映画 を総復習!

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

アニメ(海外)ファミリー
フルで無料動画:フルムビバース