ミッドナイト・イン・パリ

いつのまにか迷い込んだあの時代

映画『ミッドナイト・イン・パリ』のフル動画を無料視聴する方法を、残念な画質や再生環境ではなく、ハイクオリティなものを厳選して提供中。
今すぐ『ミッドナイト・イン・パリ』を見るなら動画リンクをチェック。

ウッディ・アレン監督・脚本によるラブコメディ。製作はレッティ・アロンソン、スティーブン・テネンバウム、ハウメ・ロウレス。ハリウッドで売れっ子の脚本家ギルは、婚約者イネズと彼女の両親とともにパリに遊びに来ていた。そこはなぜか心を躍らせる魅力を放つ街。パリの魔力に魅了され、小説を書くためにパリへの引越しを決意するギルだったが、イネズは無関心。2人の心は離ればなれになり…。

原題:Midnight in Paris(「ミッドナイトインパリ」) / 製作:スペイン・アメリカ(2011年) / 日本公開:2012年5月26日 / 94分 / 制作: / 配給:ロングライド

映画『ミッドナイト・イン・パリ』予告編

(C)2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ミッドナイト・イン・パリ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

独自の設定で観客をワクワクさせるようなユニークなヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活かしていきましょう。レンタル店でDVDを借りるのが従来は普通だったという人も、今の時代に勢いを増しているネット配信は一見の価値あり。結構想像以上に気軽に鑑賞できるものなので、容易に動画に見たいならこのサービスを使わない手はありません。

「なるべく支払いは後にしたい」それならばお試しできます。もちろんお金は無料です。映画動画をタダで見れるのです。普通はお金がかかるのでクレカでの引き落としが発生するものです。でもこの特典体験によって一部期間は無料が確保されるので、その間は見たい配信中動画を好きなように視聴できるのです。「フル動画でないと私は見向きもしないですよ」もちろんその需要はしっかり把握しており、そんな中途半端な動画を推薦したりは絶対にしません。お試しという言葉は動画のプレビューという意味ではないので大丈夫です。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。「動画が見れるからいいや」なんて淡い期待で手を出すつもりならそれは大きく裏切られます。再生なんてろくにスムーズにいかず、広告が映像の邪魔をしてきます。それを閉じようとしても不快な別ページに飛ばされてしまい、戻ることもできません。ベストアンサーはカンニングせずとももう目の前に突き出されているはず。健全な視聴環境の構築が何よりも平穏です。

まるでそれはバイキング形式のようで「あれもこれも」と摘まんでいけばあっという間に1日が終わってしまうほどです。その便利さをあっさり享受できない壁になっているのが、どれを使えばいいのかという複雑さ。選ぶ基準もわからないとひたすら情報の暴力にさらされて疲れてくるばかりです。「ミッドナイト・イン・パリ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。助けをネットに求めているならばこの今まさにあなたが見ているページこそ最適のヘルプ素材となります。「視聴できるかも」という可能性の高いものをスクエア・アイコンで表示して簡易的な道案内になっています。よく見かけるかもしれない他ウェブサイトでは、リンクをクリックすると無意味なサイトに流されて動画が見れないことも多々ありますが、こちらは悪質な誘導は一切しません。ゴチャゴチャと書いていますが、とにかくあとは作品配信状況の最終チェックです。登録せずともそれは可能なので検索しましょう。

海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。「日本語字幕の方がいい!いや、吹き替えこそ面白い!」そんな言い争いは置いといて、好きなように楽しめばいい話です。どちらもあるのかについては作品によって異なりますが、VODは用意済みであれば字幕&吹替双方を選択できるようになります。こだわりのある人もこれでひと安心。「ミッドナイト・イン・パリ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

VODの各作品の配信終了日時は最重要事項として頭にメモしておきたい事柄です。なぜなら「あれ、配信が終わっている!」という一生の後悔を味わいたくないものですから。基本はVODによってはアナウンスがさりげなくあるものもあり、判明している作品の一部をリストにして整理しているので、個別で確認するのは面倒だという人は活用すると時間短縮になって見逃しも減ります。「ミッドナイト・イン・パリ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

『ミッドナイト・イン・パリ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ミッドナイト・イン・パリ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ウッディ・アレン(関連作品:『人生万歳!』)
脚本:ウッディ・アレン
撮影:ダリウス・コンジ

★キャスト
キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニナ・アリアンダ、カート・フラー、トム・ヒドルストン、ミミ・ケネディ、アリソン・ピル、レア・セドゥ、コリー・ストール

★『ミッドナイト・イン・パリ』の評価

IMDbRTMETA
7.793%??
映画comY!FM
3.7???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ミッドナイト・イン・パリ』の受賞
第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞。

★『ミッドナイト・イン・パリ』の感想

●無料ホームシアター
何もしたくない昼下がりに観たい映画。小説家がパリ旅行中に1920年代と現代のパリを行き来する、ファンタジー。まさかフィッツジェラルドやヘミングウェイ、ダリ、ピカソなどの当時のゴールデンエイジ達に出逢えるとは。ウディ・アレンは相当素晴らしい妄想癖があるのだろう。この時代に生きた芸術家が好きなら、この映画はとても愛おしく思えるだろう。ウディアレンの想像力が生み出す、過去に巻き込まれるシーンに一緒に迷い込みました。
●FILMAGA
ウディ・アレンの願望というか妄想がこれでもかと詰め込まれた、もはや自分さえ満足できればよしな物語ですが、こちらも楽しめたので幸せでした。そして、その今を生きるために重要なのは、一緒に時間を過ごす相手あってのこと。本当に必要なのは誰か、見極めること。異国の地パリに住むことを決意した主人公の、ラストのシーンはとても良かった。これは一時の夢物語ですが、そんな夢心地に浸るほどのフィクションが儚げでした。
●TOHOシネマズ 
舞台がパリで、過去の偉人との出会いがあり、なんとなく大人で、おしゃれで、知的なストーリーに思えてしまうが、本質的には現代的おとぎ話ではないかと思われる。いつの時代も美しい過去に想いを馳せる。ノスタルジーに浸っても今を大切に生きる事を教えてくれる、まさしく夢を見ているような気持ちになれるロマンチックなストーリー。ワクワクした気持ちで見終わってからもほっこりした。こんな夢もときには見たっていいじゃないか。
●イオンシネマ
これはひとりの男のドリームにすぎない。嘲笑するもよし、自分の身に置き換えて苦笑するもよし。ただただ夢の素敵さに浸るもよし。ウディ・アレンと一緒に楽しめるかどうかがカギですね。過去の文化人たちの登場やクラシカルな音楽、淡いライティング、幻のようなつかみどころのなさ。夜に訪れる夢空間を描く老齢監督の一作。この映画に込められたメッセージを世界中が憧れるパリという素敵な街とともに感じるなんて贅沢すぎるのです。