ハウスメイド(韓国映画)

この家の欲望には果てがない

映画『ハウスメイド』のフル動画を無料視聴する方法をシンプルに紹介。動画探しに迷うことはもうありません。
今すぐ『ハウスメイド』を見るなら動画リンクをチェック。

映画史に輝く傑作と讃えられる故キム・ギヨン監督の『下女』を、海外でも圧倒的な評価を集めるイム・サンス監督がリメイク。それは運命を体に宿した、付き人のたどる道。上流階級の家にメイドとして雇われたウニは、優しい主人のフンと双子を妊娠中の妻、6歳の娘、そして昔から働くメイドのビョンシクに囲まれ、自分のやるべき仕事に追われながらも日々を忙しく過ごしていた。それは真っ直ぐな思いと献身性。ある日、ウニは求められるままにフンと肉体関係を結んでしまうが、それ以降、邸宅で次々と理解のできない不可解な事件が起こりはじめる。

原題:下女 / 製作:韓国(2010年) / 日本公開:2011年8月27日 / 107分 / 制作:Mirovision / 配給:ギャガ

映画『ハウスメイド』予告編

(C)2010 MIROVISION Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ハウスメイド』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

次の展開は想像つかない!
人間の心の奥底に抱えた感情や欲望がせめぎ合うヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュでエロティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く駆使しましょう。ネット配信が優れているのはレンタル店でDVDを借りることにはない秘匿性。人目を気にすることなく、自分の見たい映画を思う存分プライベートな空間で誰にも邪魔されずに堪能できます。ドキドキのひと時も安全安心に過ごせます。

「無料」は全て初心者のため!
喜ぶのはここから。ユーザーへのサプライズプレゼントのようにサービス無料体験がドドーンと弾け飛んできます。なるべく財布に優しいサービスを利用するの方が良いのは自明です。おカネが節約できれば、より多くの映画を観ることもできて、ユーザー側もクリエイター側も嬉しいですし、みんな幸せで両者両得。「登録の難易度が初心者向きではないのでは?」と気分が乗らない人も、トライすればすぐに理解できます。複雑な点もなく、入力する項目も単純な基本しかないので一瞬で終了です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは問題外です。それで「ハウスメイド」の鑑賞はダメです。フィルタリングでもシャットアウトできない数多のブラックサイトは大小はあれど悪影響がいたるところに潜んでいます。広告クリックを誘発させるために、動画再生画面に邪魔な画像を表示させ、閉じようとさせて別ページへ強制移動させるのは常套手段の罠です。「セキュリティソフトがあるし、防御は完璧!」そんなものは案外と役に立たないもので、能動的なサイトアクセスには特に脆弱です。

迷ったときは?
「あ~、映画館であの作品を見逃がしちゃったからな~」そう思っている時の助け舟。新作だっていつかはちゃんと配信されます。ただし、面倒事が無いわけではなく、それはユーザーのウォッチしたい映画を扱っている動画サービスは一体どれなのか、特定作業が待ち受けています。「ハウスメイド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その答え探しにGoogle検索でサーチしまくる必要はありません。確かに検索画面でVODをサジェストする機能もありますが、あれは一部だけ。こちらのサイトはそれよりも対応数がパワーアップしています。確認済みの対応VODは、携帯キャリアのものから、TV局のもの、日本のもの、海外のもの。どこよりも数が広範であることをお約束します。「パッと見た限りだと、ちょっと知らないサービスの名前があるな…」そうだとしたらむしろ初回お試し可能なので幸運じゃないでしょうか。

家族にバレない?
VODを個人で満喫するのもよいのですが、ファミリー利用を考える人もいるでしょう。その場合ひとりひとりでアカウント登録する必要性はないかもしれません。なぜなら家族共用の機能を持っているサービスもあるからです。つまり1アカウントでみんな動画を見れます。しかし、ちょっと子どもには見せられない、親には見せたくないということも多々あります。そういうシチュエーションでも使い分けができるのがVODのメリットであり、互いに不快な思いをしなくて済みます。ピースフルな動画鑑賞を家庭でもどうぞ。

登録情報は最小限
初めましての皆さん、入門教室のお時間です。今日のレッスン項目は登録の際にやるべきことの初歩。入力すべき内容があります。それは別に戸籍とかではなく、一般的なものだけ。だからすぐに終わります。その情報は変なことに利用されないのでご安心ください。登録情報は変更できますし、削除もできます。支払い先は大事なので慎重にミスがないように。無料は初回限定となっています。もちろん嘘はよくありません。そんなことをしても何の得もないので、素直に対応するのが吉。あとは「ハウスメイド」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ハウスメイド」は? お金の支払いはそこまでの混乱する複雑さはありません。ひとつ忠告というか、解説するならばまずはこれを語らないわけにはいきません。それは作品の範囲。無料は全作を観れるということでしょうか? それはサービスで異なるものです。見放題系のものであれば、基本は全部なので話はシンプル。問題はそれ以外のもので、この場合は各ポイントなどで単体レンタルできたりするので、その範疇で考える必要があります。この違いは覚えておきましょう。

表現規制を避けるなら
「手足がちぎれたり、内臓が飛び出たり、グロ映像や残酷表現は規制されるのかな」「ちょっと大人向けのアダルトな内容はさすがに編集されるのかな」そういう考えもふと頭をよびるのは映像作品ならよくある話です。テレビ放送ならば規制は避けられないのですが、VODであると案外と規制は少ないです。ネット媒体ゆえのユーザーフィルターが実行可能なので使い分けしやすいのが作品をそのまま提供する助けになっています。もし規制無しの映画を観たいのならばVODを選択するのは確実性があります。「ハウスメイド」も無規制で。

『ハウスメイド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ハウスメイド』をさらに知る

★スタッフ
監督:イム・サンス
脚本:イム・サンス
撮影:イ・ヒョンドク
音楽:キム・ホンジプ

★キャスト
チョン・ドヨン、イ・ジョンジェ、ソウ、ユン・ヨジョン

★『ハウスメイド』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.7???2.8
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ハウスメイド』の感想

●映画無料夢心地
韓国の復讐の映画が大好きなんです! 韓国独特の下品さが作品全体にあって、すごくいい。日本映画では、これは出せないです。このどうしようもない感じ。主演の女優さんは確かにいとうあさこだった。すごく似てる! でも、良いカラダしてます。あと俳優さんも良いカラダ! あと義母様めっちゃ美しい! 超ミニスカメイド服に黒タイツに黒ハイヒールなんていくらなんでもAVの世界ですけどね。こんなことは間違ってもありませんけどね。
●シネマトゥデイ 
この映画、そのドヨン演じるヒロインに感情移入しやすいように工夫されていて、優しく誠実なメイドと、対する主人一家が如何に変わっていて酷い人達であるか、そんな構図で観ている者を取り込んできます。これから韓国映画のこういう方面は絶対チェックすることに決めました。エロスという表現は正しくないかもしれませんが、独特の雰囲気による人間模様だけは目にこびりつきます。この家の欲望には本当についていけないのがまたいいです。
●BILIBILI 
全編で感じるのは、韓国の男尊女卑の伝統です。上流家庭が舞台の本作では、一家の主人であるフンのいうことが絶対化されていました。たとえメイドであっても、ご主人さまが脱げとといったら、命じるままに裸になるし、舐めろといったら、躊躇わず。局部を映さないでの表現が秀逸でよかった。トイレとか風呂掃除とか、通常では使わない場面での色気が素晴らしい。しかしラストはまたブラックなテイストで、巧い結び方をしている。
●DAILYMOTION
変な家庭だったな。それとヘラの6歳になる娘とウニのハートウォームなふれあいもなかなかいいです。娘の存在も、シリアスになりがちな本作にあって、心をホットさせるオアシスのような可憐さを放ってくれました。洋館の雰囲気、インテリア、ファッションも別格の常識はずれなお金持ち表現や昔の様な反面、こればかりは現代じゃないかという無理のあるチグハグさが不思議。浴室掃除のシーンだけでもエロいので、そこだけリピートしようかな。
●SHAREVIDEOS 
観れる機会があるのなら必見しておくべき。どういう手段を使ってもこのエロティック家政婦ストーリーは視聴しておきたい韓国アダルトである。無論、ただのハウスメイドではないし、ましてやポルノでもないので、普通のアレを期待するべきではないが。女史役のユン・ヨジョン氏。彼女の行動ひとつひとつがこちらの妄想を掻き立てられる、想像力を試される映画であることは間違いないのではないか。自分の妄想力を信じるしかない。