ぼくを探しに(2013)

しあわせの鍵は、記憶の中にある

映画『ぼくを探しに』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画だけではない、さらなる魅力も。
今すぐ『ぼくを探しに』を見るなら動画リンクをチェック。

フランスのアニメーション作家シルバン・ショメが、初めて手がけた実写長編作。孤独な主人公が不思議な女性との出会いから失われた過去の記憶が呼び覚まされ、少しずつ変化していく人生を描いたファンタジックな物語。製作総指揮はフランソワ=ザビエ・デクレーヌ、ヘレン・オリーブ。幼い頃に両親を亡くし、そのショックで言葉を話すことができなくなったポールは、社会的に辛い状況にありながらも、伯母のもとで世界一のピアニストになるよう育てられる。友だちもいない孤独な人生を歩み、大人になったポールは、ある日、同じアパルトマンに住む謎めいた女性マダム・プルーストと出会う。それは普通の出会いではなかった。彼女のいれたハーブティーを飲むと、固く閉ざされた心の奥底の記憶が呼び覚まされていき、ポールの人生に変化が訪れる。

原題:Attila Marcel / 製作:フランス(2013年) / 日本公開:2014年8月2日 / 106分 / 制作:Eurowide Film Production / 配給:トランスフォーマー

『ぼくを探しに』予告編

(C)2013 EUROWIDE FILM PRODUCTION-PATHE PRODUCTION FRANCE 3 CINEMA-APPALOOSA DEVELOPPEMENT


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ぼくを探しに』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

さまざまな葛藤や問題を抱えていきながらも人間関係を深めていくような作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信はメリットもいっぱい。レンタル店でDVDを借りるように店に行く必要もなければ、貸し借りの煩雑な作業に頭を悩ますこともありません。忙しい現代人にはぴったりのサービスであり、いつもよりも映画が身近になることは間違いなしです。

「お金が消える…」とドヨヨーンと沈んでいるなら、気持ちを再起動しましょう。トライアルは無料ですのでその間は見るのもタダなのです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「解約したい時にできなかったら困る!」確かにそのとおりで、お試し期間中は無料でもその間に解約ができないなら半強制的に結局は有料になってしまうので意味ないです。でも解約可なので大丈夫。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。これらのセキュリティ・クラッシュなサイトは「無料動画」と宣伝されていても、まずそんな淡い欲望は粉々に打ち砕かれます。意味不明な外国語ページの出現とともに、エラー音やアダルト広告を伴って、気づかぬうちに危険な状況に突き落とされます。最悪の場合、全く無関係の動画や勝手に編集を加えた動画などを見せられるかもしれないので、あなた自身が誤解して大恥をかきます。

「なんでもいいからとにかく見たいので、無料のチケットにダッシュしようかな」その心意気こそが大事な勇気です。当サイトでは闇雲な楽観主義で紹介するのではなく、多くの人に知ってほしいアテンションとして注意事項も喚起しています。真っ先に覚えるべきは配信確認という最優先ステップです。「ぼくを探しに」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サジェスト機能のように「これで見れますよ」とご案内するこのページは利便性抜群。補足的な作品情報も後半にギッシリ掲載されていますが、単に配信VODを確認するだけの用途で利用することができます。単にVODのリンクを掲載しているだけでなく、視聴可能性の高いものを事前に確認できる二段階ステップを用意しているのが大きな特色です。配信は常に同じではないので、今視聴可能だとしても、明日は無いかもしれません。どこかの誰かではないですけど「今でしょ」の言葉どおりです。

お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、使い始めた月の最終日(30日・31日など)までというルール設定もあったりします。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「ギョーム・グイ」を無駄見せざるを得ず最悪です。要は変な失敗をしたくないのならばとにかく動画の手あたり次第鑑賞よりも目星を付けることを先に考えるべきです。見たい映画の候補を事前にリストアップすれば完璧。

フルムビバースでは便利な「ウォッチリスト」機能によるサポートがあるので、マイアルバムやお気に入りリストのような感覚で、気になる映画をリスト化できます。今は無理だけど後で見ておきたい…。そういう作品もたくさんあるはず。一期一会で終わるのはもったいないので、しっかり記録しておきましょう。ブラウザやメモアプリよりも楽です。Cookieを有効にしないと利用できないのでその点は留意してください。「ぼくを探しに」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

『ぼくを探しに』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ぼくを探しに』をさらに知る

★スタッフ
監督:シルバン・ショメ
脚本:シルバン・ショメ
撮影:アントワーヌ・ロッシュ
音楽:シルバン・ショメ、フランク・モンバレット

★キャスト
ギョーム・グイ、アンヌ・ル・ニ、ベルナデット・ラフォン、エレーヌ・バンサン、ルイス・レゴ

★『ぼくを探しに』の評価

IMDbRTMETA
7.079%??
映画comY!FM
3.6???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ぼくを探しに』の感想

●シネマトゥデイ
さすがアメリのプロデューサーって感じの色彩感覚にアニメーション作家の監督らしい絵本のような世界観…それでいてじんわりくる切なさ、全部が楽しい。シルヴァン・ショメの魅力はアニメだからこそなのかと思ってたけど実写も完璧に好きになる要素が詰まってました。家具からファッションにいたるまでもヨーロッパを感じられて最高だし、緑のベンチに座ってホットドッグを食べるシーンなんかは好きすぎる。お気に入りだらけで大満足な一本でした。
●ユナイテッドシネマ  
一般的に評価されることは難しい作品かもしれないけど、この映画は自分の感性をどストレートに撃ち抜いて、ただひたすらに放心状態で感動させる特別な作品になりました。夢中になるほどです。こんなハマり方をするのは私だけかもですが。ショメ監督の初実写映画ということもあって、公開当時はかなりテンション上がってたのもありますけどね。赤ん坊目線で映し出されるミュージカル調の回想シーンで号泣し、旅の終わりにまたしてもボロ泣きです。
●イオンシネマ  
物語を通して主人公が発するのはただ一言。でもその言葉が色々な想いがのった大切な一言なのである。フランス映画らしい、映像の色彩、ファッション、インテリアなどのすべての色味が可愛いと評されるだけはあるオシャレだ。世界観が好みになる人が続出するのも頷ける。日常も非日常に変える魔法のテクニックに酔いしれる、極上の映画体験。退屈な日々をのんびり生きているなら、日常に彩りを与えてくれるこの映画を処方してあげるのがベストだ。