ザ・タウン(2010)

最悪の街で生きる奴らがいる

映画『ザ・タウン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無駄なリンク集の寄せ集めは無いです。
今すぐ『ザ・タウン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Town / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開:2011年2月5日 / 123分 / 制作:Legendary Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:3700万ドル / 興行収入:1億5400万ドル

映画『ザ・タウン』予告編

(C)2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】多機能視聴
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ザ・タウン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画で緊迫感を!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを駆使しましょう。いろいろなサービスがあって迷うかもしれませんが、基本は2パターンです。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもの、もうひとつは対象作品が見放題になるもの。どちらも便利ですが、使い勝手が異なるので、事前にしっかり下調べしておきましょう。

「無料」を見逃すな!
「なるべく支払いは後にしたい」それならばお試しできます。もちろんお金は無料です。映画動画をタダで見れるのです。無料動画といってもYouTubeのような単に再生するだけのタダ見とは違って、特定期間だけのお試し形式で、サービスの質はそのままにフルバージョンで普通に利用するも同じ経験が可能です。「最初の10分だけが無料という残念なやつでは?」そんなもったいぶるようなことはしません。配信されているのは冒頭数分でも予告動画でもない、正真正銘の映画本編であり、フル動画なので大丈夫です。「ザ・タウン」もアリ。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ザ・タウン」の視聴はダメです。危険性判定のためにそうしたサイトの一部を選出してセキュリティ対策システムでスキャンしてみると「不正プログラムの検出」が容易にできます。つまり、それくらいナチュラルに恐ろしい罠が潜んでいるということであり、足を踏み入れたら最後、怪我では済みません。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。毎週上映ラインナップが変わる映画館のように、VODも配信内容はどんどん容赦なく移り変わっていくので、1か月前の状態と今が同じなんてことはまずあり得ません。「ザ・タウン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。難関というほどではないにせよ、苦労のドツボに陥らないためにも、このページに掲載している動画リンクを参照してください。雑多なリンク集ではなく、詳細はアイコンで情報をピックアップ中です。相次ぐ新規サービスラッシュについていくのもやっとだったりしますが、フルムビバースはどこよりもバッチリと対応に積極的。ずっと機会があるとは考えないでください。焦らせるつもりはありませんが、残念ながらいつかは配信も終わります。せっかくの無料動画でも意味なしです。

あなたはどっち派?
インターネット上に氾濫している不正動画ではトランスレーションありと記されていてもその中身は雑極まりないです。これでは映画を観たなんてとても言えません。VODは上品質の字幕と吹替を完備(映画によります)。プロフェッショナルによる文化的・社会的な要素を考慮した巧妙な翻訳はやはり公式でこそ。英語字幕を選択すれば外国語学習であなたの語学知識を深めることができます。「ザ・タウン」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。安心安全な状態で作品を気ままにのんびり眺め、「この俳優の出ているこんな映画があるんだ」などと発見したりも。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「ベン・アフレック」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料動画サイトとの違い
フリーコストで映画動画をウォッチするには?と尋ねるのならば答えは言われなくても明快でしょう。YouTubeなどの動画の巨大サイトはすでに圧倒的なシェアを誇り、その知名度は今や有名どころではなく…。でも中身は決して良質とは限りません。だからこそVODのような動画を厳選しているパートナーサイトの価値があがるものです。変な気遣いなしに動画を信頼できるというのは最高に嬉しいだけでなく、無駄な注意で気を散らさないので、想像以上に良好な精神安定になります。「ザ・タウン」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ザ・タウン」は? 別に難問でも難壁でもないのですが、基本軸は明快。初回(これは絶対です)の料金(サブスク的な支払いです)が一定期間(サービス毎に違ってきます)に限って発生しないということ。問題は作品対象。ポイント制ならば登録時に貰える範囲でやりくりできるもののみ(例えば400ポイント使って2作品とか)。見放題ならば考えはシンプルなので配信中の動画を好きに見まくれます。なるべく期間内にたくさん鑑賞するのが最終的な費用対効果が高くなります。

『ザ・タウン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・タウン』をさらに知る

チャック・ホーガン原作の「強盗こそ、われらが宿命(さだめ)」を、ベン・アフレック監督・主演で映画化した犯罪ドラマ。製作はグレアム・キング、ベイジル・イバニク。全米一、銀行強盗発生率の高い街ボストン・チャールズタウン。この地で生きるには覚悟がいる。そこで育ったダグは当然のように強盗を生業として身を汚しながら暮らしていた。だがある日、強盗に入った銀行の行員クレアに一目惚れをしてしまう。それは生き方を迷わせる。そんなダグにFBIの捜査の手が迫る…。

★スタッフ
監督:ベン・アフレック
脚本:ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード、ベン・アフレック
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ、デビッド・バックリー

★キャスト(キャラクター)
ベン・アフレック(ダグ・マクレイ)、レベッカ・ホール(クレア・キージー)、ジョン・ハム(アダム・フローリーFBI捜査官)、クリス・クーパー(スティーヴン・マクレイ)、ブレイク・ライブリー(クリスタ・コフリン)、ジェレミー・レナー(ジェームズ・“ジェム”・コフリン)、オーウェン・バーク(デズモンド・“デズ”・エルデン)

★『ザ・タウン』の評価

IMDbRTMETA
7.693%??
映画comY!FM
3.5???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ザ・タウン』の感想

●FILMAGA 
やっぱりベン・アフレックは監督として天才。「銀行強盗は職業のように子に受け継がれる」ような街・チャールズタウン。渋いオヤジが束で登場。どのオヤジもカッコいい。特典でジェレミーがベンアフとの撮影を「週末に親友と短い映画を撮ってる感覚」って表現して言ってたのが印象的。中身はクライムサスペンスとして硬派な映画かもしれないが、作り手はまさに同窓会感覚で制作しているのだろうなと伝わってくる。ベンアフ流家族映画でした。
●109シネマズ 
ベンアフレックの才能を感じられる強盗系ヒューマンドラマ。彼の庭ボストンを舞台に、犯罪をすることでしか生きていけなかったはずの男の恋愛と底辺からの脱却、そしてそれを許さない現実という状況を無駄なく描ききる。決して意外性のあるプロットというわけではない。気の利いたイマドキな社会性のあるメッセージもない。ただ、もっとも身近な地域愛を全開にした作品になっているのは、ベンアフレックゆえの想いなのだろう。