英国王のスピーチ(2010)

世界が絶賛した、吃音に悩む国王の成長ドラマ

映画『英国王のスピーチ』のフル動画を無料視聴する方法を、過剰な広告を排してシンプルに提示しています。
今すぐ『英国王のスピーチ』を見るなら動画リンクをチェック。

現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでを描く。製作総指揮にはジェフリー・ラッシュ、ティム・スミス、ポール・ブレット、マーク・フォリーニョなどが名を連ねる。1925年、大英帝国博覧会閉会式で、ヨーク公アルバート王子はエリザベス妃に見守られ、父王ジョージ5世の代理として重要な演説を行った。大勢の耳がその言葉を期待する。しかし、吃音症のために悲惨な結果に終わり、あまりにも聞きづらいそのスピーチに聴衆も落胆する。これではマズい。エリザベスはアルバート王子を説得して、なんとか改善するために、言語療法士であるオーストラリア出身のライオネル・ローグのロンドンのオフィスをともに訪れる。

原題:The King’s Speech / 製作:イギリス・オーストラリア(2010年) / 日本公開:2011年2月26日 / 118分 / 制作:UK Film Council / 配給:ギャガ / 製作費:1500万ドル / 興行収入:4億1400万ドル

映画『英国王のスピーチ』予告編

(C) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『英国王のスピーチ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

名作は忘れずに観ておこう!
感動的なドラマによって観客の心を揺さぶる名作はそれだけで見ごたえがあります。そんなエモーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを利用するのが良いです。ネット配信は非常に便利で充実した作品数を用意しています。家にパソコンやテレビがなくても安心。スマホが使えるので、お手持ちのAndroidやiPhoneでいつでも好きな時に視聴可能。ダウンロード機能を用いれば、通信制限を気にする必要さえもありません。

「無料」より安いものなし!
耳寄りな情報はこれだけではありません。利用者歓喜のビギナーズ・プレゼントが無料体験というビッグな宝箱です。家にいながらの視聴が実現できる、言い換えれば無料ホームシアターのようなネット鑑賞は、お試しというには嬉しすぎる最高の初心者ラッキーチャンスです。期間など気になりません。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。「英国王のスピーチ」も配信中ならすぐに視聴。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「英国王のスピーチ」の視聴はダメです。これらの問題サイトは運営しているサーバーなどが貧弱で、無駄に広告も過剰表示されているため、とにかくパソコンやスマホに極端な負荷をかけます。CPUを食いつぶし、オーバーヒートさせ、機器の寿命を下げることになり、故障の原因にもなります。千載一遇のチャンスを見逃すなかれ。公式プレゼンツなサービスこそが何の心配もいらない選択肢です。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。明日は明日の風が吹く。VODも気まぐれなもので、配信作品なんてガラリと変わってしまうことも。場合によっては1日で100作以上が配信終了になるパターンもあります。「英国王のスピーチ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも気にしていては埒が明かないので、このページを使って問題解決をサポートしましょう。VODはアイコン画像でハッキリ誰が見てもわかるように示しているので、次々と確認が進みます。選りすぐりのVODをこちらの都合で強引にマーケティングすることはしません。平等な品揃えで陳列しておき、後は訪問者の判断です。ビギナーズラックという言葉があるように、VODも未体験時ほどラッキータイミング。無料動画は目と鼻の先にあるので手を伸ばしましょう。

字幕・吹替、選択は自由
公開前から議論になりがちな翻訳と吹替問題。一歩間違えれば作品の完成度さえも台無しになりかねないので、ピリピリするのは当然です。だからこそ観客は字幕と吹替の選択はこだわります。VODは両方に対応していることが多く、幅広いユーザーの好みにマッチ。中には英語字幕を選択できるものもあり、リスニング練習に使っている人もいます。そういう狙いでサービスを判断するのも良いでしょう。できれば両方を比較してみてください。意外な一面から「英国王のスピーチ」の面白さの発見につながるかもしれません。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「英国王のスピーチ」を鑑賞したいというムズムズをセーブして、まずは支払いとなるクレジットカード情報を登録しましょう。そうです、持っている必要があります。「え、ないのだけど」そんな場合はスマホのキャリア決済利用可能な対応サービスを検討するのもひとつの手です。プリペイドカードはオススメしません。クレジットカードを1枚も保持していない人でも諦めることはなく、代替手段も用意されています。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

俳優好きにも必須
作品鑑賞の最大のチェックポイントは俳優であると断言する人は少なくありません。それだけの魅力がこの俳優陣にはあります。スター級の大物から、ちょっと話題のトリックコメディアン、芸能界を揺るがす時の人、はたまた個人的に応援したいあの人。そんなそれぞれの推しに対して、VODでは検索することでより身近になります。「コリン・ファース」の演技を見たいでしょう? ファンであれば出演作品を全部おさえてみたいと思うのは自然な気持ちです。しかしそれを実現するには莫大な労力とおカネがかかる。だったらVODでまとめ見です。

高評価作品は観る価値あり
昔はインターネットも発達しておらず映画情報を知る手段も無かったのでトレジャーハントのように映画との出会いを一喜一憂しているのも普通でした。しかし、今ならば高評価の作品を事前に調べることも容易いのです。それによって有効的に1日を無駄にせずに、より多くの作品を見られるのなら、全体を考えればプラスの利点と考えても良いのではないでしょうか。レビューサイトもいいですし、受賞の有無で判断するのも良いです。「英国王のスピーチ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『英国王のスピーチ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『英国王のスピーチ』をさらに知る

★スタッフ
監督:トム・フーパー
脚本:デビッド・サイドラー
撮影:ダニー・コーエン
音楽:アレクサンドル・デスプラ

★キャスト
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、デレク・ジャコビ、ティモシー・スポール、ジェニファー・イーリー、マイケル・ガンボン、アンソニー・アンドリュース、ロジャー・パロット

★『英国王のスピーチ』の評価

IMDbRTMETA
8.094%??
映画comY!FM
3.7???3.7
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『英国王のスピーチ』の受賞
第83回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞を受賞。

★『英国王のスピーチ』の感想

●FILMAGA 
人前で話すのが苦手な人にとってこの映画は必見だろう。吃音症やあがり症の人にとってスピーチは処刑場に連れて行かれるようなもの。恋の為に王冠を捨てた兄と違って、吃音症なのに逃げずに自分の役目を果たした王様は凄いと思う。王家の命運が掛ってると言っても過言じゃない中で大変だっただろう。ここで失敗してたらイギリス王室は続いてなかったかもしれない。そういう意味では、歴史的にも非常に意味のあるスピーチだったんじゃないかな。
●TOHOシネマズ 
この映画はストーリーはさておいて、ジェフリー・ラッシュとコリン・ファースの掛け合いを楽しむ映画だろう。この正に緊迫した演劇を観てるかのような迫力があるやりとり。その脇を、ハリー・ポッターの二代目校長を務めたマイケル・ガンボン、ガイ・ピアース、ヘレナ・ボナム=カーター、等々名優達が固めている。コリン・ファースは自信喪失男から、自信満々男に代わる様が素晴らしく役者冥利に尽きたなという感じ。
●DAILYMOTION
感動して元気をもらえる、そういってしまうと安っぽいかもしれないけど、でもそれが真実なのだからそう言うしかない。個人的にはこの映画は学校で見せるべき作品だと思う。誰もが自分に自信がない部分というのを持っている。それを人前でさらすのはとても辛い。その困難といかに向き合うかを描いた本作は前向きになれると同時に、他者を認めて支える喜びを実感できるはずだ。しかも本作では国王が庶民的な悩みを持つ意味がより問題を身近にする。