ふきげんな過去(2016)

小泉今日子と二階堂ふみが母娘役で共演

映画『ふきげんな過去』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『ふきげんな過去』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:ふきげんな過去 / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年6月25日 / 120分 / 制作: / 配給:東京テアトル

映画『ふきげんな過去』予告編

(C) 2016「ふきげんな過去」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】ポイント動画
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ふきげんな過去』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

大勢の満足の声も!
さまざまな葛藤や悩みを抱えながら人間関係を深めていくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用するのも良いです。店に行くのはどうしても時間が取れないという人もいると思いますが、ネット配信なのでそのような心配はゼロ。スマホを使えば、電車の中でもバスの中でもちょっとした待ち時間でもいつでも視聴可能で、もちろん家に帰って続きを見るのも可能です。

「無料」ですよ!タダ!
「ずっと月額を払えるかな」と少し憂慮しているのならば、まずがお試しの無料体験で当面の危惧はなくすことができます。これは初めてのユーザーにとっての優遇サプライズであり、一定期間に限って通常の月額料が発生しないものです。そのためお目当ての動画をここぞとばかりに見れます。「解約は必ずいつでもできるようにしておきたい」とそれを信念にしている人でも、VODはすっかり安心しきって楽しめるでしょう。退会はすばやくワンステップで終わるので動画鑑賞後に臨機応変に撤退もできます。「ふきげんな過去」も配信中。

怖さは想像を超える
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ふきげんな過去」の再生はダメです。最悪なパターンはいくつもありますが、最初は非常に気軽な動作から始まります。何気なく興味を惹くテキストリンクをクリックすると、瞬時に別のタブで無関係なページが開き、いつのまにか裏で怪しい動作を起こし、機能を妨げるものもあります。あとで取り返しのつかない事態に四苦八苦するくらいなら、初めから一切関わらない方が断然良いでしょう。

これに決めた!
「次々と更新される怒涛の映画情報を見ていたら、VODに今から手を出したい!」そんな抑えられない衝動も納得。数に勝るものはないと言いますが、贅沢な悩みというのはわかっていても、このVODの多さだけはちょっと嬉しい悲鳴です。選択肢が多すぎて目移りしてしまうこと必須です。「ふきげんな過去」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページをベースにすれば配信VODの面倒な確認作業を大幅にタイムカットできます。表示されているアイコンがあれば配信可能性は高いということです。あとは該当動画リンクをみてみるだけ。「最新じゃないと情報には利益もない」というご要望に可能な限り答えるべく、手動でできる範囲の更新を丹念に心掛けています。無料体験はその性質上、一生で何度も繰り返し味わえるものではないので、これを契機にして自分の映画愛を燃え上がらせる燃料にしてみましょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ふきげんな過去」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。自分は無料お試しを使いたいだけという人も、最初の登録段階で支払い関連の入力は必須です。その理由は、同一のユーザーが複数アカウントを作るのを防止することや、ちゃんと支払い可能なユーザーであると証明することなどの事情があります。必須項目としてクレカ情報を入力したとしても、初回利用者ならすぐに請求になるわけではないので変に不安にならなくても大丈夫です。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。映画の数は無限大でどうしても目移りしてくるものです。あれも観たい。これも観たい。それもいいな。そんな魅惑の作品のオンパレードに心を奪われて忘れてしまう前に、とりあえずリストアップしましょう。「Favorite」をチェックすれば、後々またページにたどり着きたいときに検索しないで済みます。「ふきげんな過去」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ふきげんな過去」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

その動画サイトは使える?
「ふきげんな過去」を無我夢中で無料で見るべくネットサーフィンすると動画サイトが嫌でもたくさん顔を出します。動画量の多さで群を抜いている「dailymotion」「Pandora」、アジア系のビデオサイトでは最大クラスの賑やかさな「Miomio」「BiliBili」、重たい動画も再生しやすいようになっている「openload」。この各所を控えめにスッと提示している人もいますが、その手には乗らないように。なぜならそこは不正行為に関わっている疑いの強い場所だからです。自分で責任を承知ならばなんでもありということには絶対なりません。

『ふきげんな過去』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月3日時点での『ふきげんな過去』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」です。

▼『ふきげんな過去』をさらに知る

18年前に死んだといわれていた母親が、高校生の娘の前に突然現れたことから始まるひと夏の物語を描くドラマ。プロデューサーは森山敦と西ヶ谷寿一。北品川の食堂で暮らす女子高生・果子の前に、18年前に死んだはずの伯母・未来子が突然やって来た。なぜこんなことが起こったのか。ある事件を起こし、前科持ちとなってしまった未来子の登場に、慌てふためく家族。それは動揺するのもしょうがない出来事。そして、果子は自分の部屋に図々しく居候する未来子にいら立ちを隠せなかった。退屈に思われた果子の夏が、自分が本当の母親だという未来子の出現によって、特別な夏へと変わっていく。

★スタッフ
監督:前田司郎
脚本:前田司郎
撮影:佐々木靖之
音楽:岡田徹

★キャスト
小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、山田望叶、兵藤公美、山田裕貴、大竹まこと、きたろう、斉木しげる、黒川芽以、梅沢昌代

★『ふきげんな過去』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ふきげんな過去』の感想

●FILMAGA  
平凡につまらない毎日を送っていた果子。一見すると日常を静かに描いた映画なのかと思わせるが、そうではない。SFやメルヘンなど様々な突飛な出来事が起こってくる。結局あのおばはなんだったのか、高良くんの存在はなんだったのか、最後までよくわからない。しかし見ているうちに、こうかな?やっぱりこっちかな?色々と考えながら見ることができてとても楽しい。最後の二階堂ふみさんの表情が素敵。はっと何かに気づいて、映画は終わる。
●無料ホームシアター 
もうとにかく前田司郎さんの世界観のファンなので、新作を映画館で見る事ができて本当に最高です。五反田団という前田さん主宰の劇団さんの公演も一度観たことがあり、この方が作り上げる、どこか懐かしいような雰囲気とほっこりする雰囲気を持っている映像がやっぱり良い。そして、この映画はファンタジーで青春映画のような要素があって、ワクワクできるし、ドラマ性も深く、そして、エキセントリックな演出、とにかく最高でした。
●TOHOシネマズ
予想外に普通ではない作品で、びっくりした。思春期の破壊的衝動の象徴として爆弾やワニがあるんじゃなくて、「ないと決めつけて未来を閉ざす生き方はつまんないよ」と、ややエキセントリックなやり方で教えてくれてるんじゃないか。そんなふうに思えた映画でした。感情に深く立ち入る遠慮のない映画ではないが、一見タブーな問題にさらりと触れていて、サッパリとした気分になるのがこの作品の救いになっているのではないか。
●ユナイテッドシネマ
全員まともじゃないから、それがまともに見えてくるというヘンテコな気分のスパイラル。終始ふきげんな二階堂ふみが可愛かったので、それだけ見ているのもいい。ストーリーはかなり非常識。今まで自分の生きてきた経験に縛られて、未来を過去でしか捉えることができないという残念な性格がそのまま飛び出ているというね。それをここまでフィクション込みで描くのはかなり挑戦だっただろうに、頑張っているなという印象。