インシディアス(1作目)

絶叫、かつてないほどの恐怖が襲う

映画『インシディアス』のフル動画を無料視聴する方法を、ランキングサイトなど騙しリンク無しでストレートに紹介中。
今すぐ『インシディアス』を見るなら動画リンクをチェック。

「ソウ」シリーズのジェームズ・ワンが監督、リー・ワネルが脚本を手がけ、オーレン・ペリが製作を担当したホラー。製作はジェイソン・ブラム、スティーブン・シュナイダー、オーレン・ペリ。ルネとジョシュの夫婦は、とある古い一軒家に引越す。しかし、なにやら得体の知れない不審な出来事が相次ぎ、息子のダルトンがハシゴから転落して昏睡状態に陥ってしまう。それは明らかに偶然とは思えない。不気味さを感じ、不吉に思ったルネとジョシュはすぐに新しい家に引越すが、一家にはすでに見えない何かがとりついていた…。

原題:Insidious / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開:2011年8月27日 / 103分 / 制作:Blumhouse Productions / 配給:ショウゲート / 次作:『インシディアス 第2章』

映画『インシディアス』:予告編

(C)2010 ALLIANCE FILMS (UK) LIMITED, ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『インシディアス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ゾクゾクする体験を!
日常の平穏を一瞬にして戦慄の恐怖に塗り替えるゾッとするホラー映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを利用しましょう。どうしても大画面で観るのは怖すぎて無理という人も、スマホなど身近なツールを使えば、ほどよい怖さで平気になるかもしれません。もう少し怖さをプラスしたいのであれば、暗い環境でイヤホンやヘッドホンでの鑑賞がオススメです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「支払いを猶予することはできませんよね?」それは不可能ですが、お金を支払うことのない期間を手に入れることができます。「なんか自分の観たい作品が少ないな…」「私の環境だと上手く再生できない」「少し使いづらさを感じる」そういう使って初めてわかるフィット具合を判断する時間的余裕がお試しの利点です。「退会した瞬間に無料ではなくなるとか?」という疑念は大丈夫です。解約することは無料期間中でもできますが、その時点でお金が発生したりはしません。解約料はないのでお気兼ねなくどうぞ。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「インシディアス」の視聴はダメです。「被害なんて実際に起こっているの?」と信じない人もいるかもしれません。もちろん統計的な数値として浮かび上がるほどの具体性はないでしょうが、問題は着実にネット社会からリアルを蝕んでいます。被害報告すら上げづらいことも。動画共有サイトは誰でもアップロードできるぶん、とにかく無法地帯になっているので、そんな地雷原からはただちに立ち去りましょう。

いちはやくウォッチ!
まるでそれはバイキング形式のようで「あれもこれも」と摘まんでいけばあっという間に1日が終わってしまうほどです。しかし、配信の作品バラエティは1日ごとにチェンジしていき(全部が丸ごと変わることは稀で、少しずつ変化していくのが基本)、現状を気づきにくいです。「インシディアス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩んでいる時はこのページ内の中央部にある動画リンクをチェックしてください。余計なランキングサイトなどの無関係ページへのリンクが紛れ込んでいることはありませんのでご安心を。その名のとおり、フルムビバースでは映画(ムービー)がたっぷり(フル)と共存空間(ユニバース)を構築しています。ビギナーズラックという言葉があるように、VODも未体験時ほどラッキータイミング。無料動画は目と鼻の先にあるので手を伸ばしましょう。

あなたはどっち派?
映画の字幕にあなたはどんな印象を持っているでしょうか。俳優の声がそのまま聴けるからオリジナル映画を尊重できて最高であるという声もあります。でも画面下部が覆われるし、目を映像と文字で行ったり来たりさせるのでそれは面倒だという不満もあります。一方で吹替も賛否両論です。スムーズに映像に専念して満喫できるものの、残念ながらクオリティの低いグダグダ吹き替えのリスクも…。「インシディアス」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「インシディアス」の動画再生シークエンスが頻繁に停止しまくる、字幕や音声が大幅にずれる、シーンがカクついて部分飛びする…こんなときはサイトが重いせいもありますが、通信状態を確認すべきかもしれないのです。無線LANは便利ですがその範囲は障害物に弱く、2階建てなどの建築物は行き渡らないでしょう。そうなると増設・中継・設定変更という試行錯誤を繰り返すと改善する場合もあります。

悪いサイトを追い出すために
インターネットの動画は金鉱山のように魅惑と危険に満ちていますが、その中にある海賊版動画は爆弾のようなもので周囲を巻き込んで甚大な被害を与えます。それを一掃するにはどうすればいいのでしょか。先行研究の進んでいる専門家の指摘によれば、ブロッキングやフィルタリングは必ずしも完璧な効果を与える特効薬にはならないことがわかっています。そこでVODの役割は大事です。不正なユーザーを公正なサイトへの誘導して状態を健全化する、ネット自由度に影響も与えない、前向きな対策。「インシディアス」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「インシディアス」は? ネットに不慣れな人ほど難しく考えますが、実際はシンプル明快。商品のお試しセットが届けられるようなものです。具体的には一定期間は無料です。ではどれが見られるのか。それがサービスごとに異なります。ここは重要です。確認をしないといけません。見放題であれば全部見れますが、そうでないタイプのサービスならば登録時に入手できるポイントの範囲内で視聴作品を決めないとダメです。「これなら2作品見れるな…」と自分のお目当てを狙い撃ちです。

『インシディアス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年10月8日時点での『インシディアス』の動画配信
  • 「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」です。

▼『インシディアス』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジェームズ・ワン
脚本:リー・ワネル
撮影:ジョン・R・レオネッティ、デビッド・M・ブルーワー
音楽:ジョセフ・ビシャラ

★キャスト
パトリック・ウィルソン、ローズ・バーン、リン・シェイ、リー・ワネル、バーバラ・ハーシー、タイ・シンプキンス、アンガス・サンプソン

★『インシディアス』の評価

IMDbRTMETA
6.966%??
映画comY!FM
3.3???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『インシディアス』の感想

●FILMAGA
ジェームズワンはやはり信用できる監督でした。最初は普通のホラーかなと思っていて見ていたら、そうくるかの連続。いろんな要素をふちこんだお化け屋敷みたいなボリュームアップを後半で見せて、最後はあれもこれもと大盤振る舞い。ジャパニーズ・ホラーと違って、最終的に心霊的存在とどう戦うかという展開になるのは、お国柄なのでしょうかね。B級感がある雰囲気ですが、そう思っているなら、それは違うと断言しておきます。
●無料ホームシアター
まず公開1作目。今作はいろいろ伏線っぽいものがいっぱい。クオリティはじゅうぶんの傑作ですよ。苦手じゃないなら絶対に見てほしい。ジェームズワンは凄いな。このいきなり最初にヒットさせてくれるセンス、本当凄いなと。ホラーが苦手な私には丁度いい感じに恐怖心和らげてくれる構成なので案外苦手な人でも大丈夫な気がする。怖いときは怖いですけどもね。絶叫するほどではないので安心してください。とりあえず押さえておきたいシリーズです。
●ユナイテッドシネマ 
オープニングから不気味度MAX。音でガンガン驚かせてくれるので、アトラクション気分を味わえます。これはみんなでワイワイ見て楽しむタイプです。しかも途中からSFファンタジー化するのでもう違う意味で賑やかになります。悪霊、悪魔、なんでもこいな状態。これはホラーのお祭り映画です。過剰なグロ無し、気持ち悪いのも無しで、純粋に恐怖で攻めるのも偉いなと。何やらハイテク機械で交信を行い死者の魂の元へ行くという設定は攻めていたけど。
●VUDU 
幽体離脱後の世界など現実では見ることのできない景色を映像にしてくれるのもうれしい。ちょっとサイレントヒルっぽいですね。かなりとんでもない方向に発展していくので、リアリティは気にしないでください。今回は恐怖との真っ向勝負的な要素が強いので、「死霊館」とは別物として楽しめる。振り返ってみると既視感ありありのベタベタ演出のオンパレードですけど、それを素直にストレートに良質に描ける人はなかなかいない。