愛と誠(2012)

梶原一騎原作のコミックを新たに映画化

映画『愛と誠』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 特定サイトのみを紹介する誘導はないです。
今すぐ『愛と誠』を見るなら動画リンクをチェック。

1970年代に人気を博し、西城秀樹主演で映画化もされた梶原一騎原作の同名コミックを、三池崇史監督のメガホンで新たに映画化。エグゼクティブプロデューサーは井上伸一郎と椎名保、製作には池田宏之、藤岡修、遠藤茂行、平城隆司などが名を連ねる。1972年の新宿。良家の令嬢・早乙女愛は、幼い頃に危機を助けられた少年・太賀誠と運命的な再会を果たす。それは大きな物語の幕開けを意味していた。愛と誠、異なる二人は出会ったことで互いに影響し合う。札付きの不良となっていた誠を更正させようと献身的に尽くす愛は、誠の後を追って不良の掃き溜めといわれる汚れた世界の花園実業に転入。誠が心を通わせていく由紀や、愛を追いかけて花園にやってきた優等生の岩清水、スケバングループのガムコら、複雑な経歴を持つ人間たちのそれぞれの思いが交錯し、やがて学校全体を巻き込んだ大乱闘へと予測できない発展をしていく。

原題:愛と誠 / 製作:日本(2012年) / 日本公開:2012年6月16日 / 134分 / 制作: / 配給:角川映画、東映

映画『愛と誠』予告編

(C)2012「愛と誠」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『愛と誠』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

有名俳優の演技がドラマ内でぶつかる作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信というのはウェブサイトにアクセスして動画を見るということを基本としているので、簡単に使える利便性があります。再生だけでなく、検索や評価もシンプルにできるので、難しい操作を気にする必要はありません。スマホ、パソコン、テレビと自由にお楽しみいただけます。

「今、いくらだせるかな」そんなことを考えなくてもいいです。トライアルで無料期間があるのでとりあえず気にせずOK。この無料試用の機能は基本はリミテッドな企画ではなく、常時解放されているものがほとんどで、とりあえずサービスにそのお試しが実施されているかはトップページに行けばわかります。「フル動画でないと話にならない」それは当たり前ですが、お試しと言っても何かを制限されることはないので、観たかった映画を余計な編集も無しで、フルムービーで自由気ままに鑑賞できるのが大きな売りです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。「こんな初歩的な不正サイトのトラップにかかるやつはいない。もしくはバカだ」そう思っていると、案外とあなたもすでに首根っこを掴まれているかもしれません。なにせ向こうも意地ですからあの手この手で利益をあげるために密かな暗躍を裏で実行しています。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。「これはいいじゃないか!」と紹介された瞬間は記憶に刻まれますが、喉元過ぎれば熱さを忘れるというように、いつのまにか忘却してしまい、どれで配信中かもあやふやになりがち。「愛と誠」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩み過ぎて発狂する前にこのページです。お節介なことはしません。ただ黙って情報をわかりやすく提示するだけです。配信しているVODがあるなら四角いアイコンを並べているので誰でも評価できます。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。表示されているアイコンの中から、利用経験のないものをセレクトしましょう。無料体験はいつでも手招きして待っているので後は扉を開けるだけです。

フルムビバースでは便利な「ウォッチリスト」機能によるサポートがあるので、マイアルバムやお気に入りリストのような感覚で、気になる映画をリスト化できます。今は無理だけど後で見ておきたい…。そういう作品もたくさんあるはず。一期一会で終わるのはもったいないので、しっかり記録しておきましょう。ブラウザやメモアプリよりも楽です。Cookieを有効にしないと利用できないのでその点は留意してください。「愛と誠」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

アプリを使う時もアカウント作成すると思いますが、VODも同じです。その際はパスワードに注意です。「そんなのはテキトーにパパっと決めちゃえばいいのでは?」その一瞬の油断で大変な目に遭っている人はかなり多いのを知っていますか? アカウント乗っ取りの原因はそういう安易なパスを使い回しているからです。辞書に載っている単語を組み合わせただけでは1秒もかからずに突破されます。これを徹底して守らないと動画を見るどころの騒ぎではなくなります。盤石な「愛と誠」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『愛と誠』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『愛と誠』をさらに知る

★スタッフ
監督:三池崇史
脚本:宅間孝行
撮影:北信康
音楽:小林武史

★キャスト
妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親

★『愛と誠』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.0???3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『愛と誠』の感想

●シネマトゥデイ  
梶原一騎がど真面目に描き上げた昭和の劇画世界をこれでもかと脱構築していく、監督のスクラップ&ビルドの才能は相変わらず非常に高い。この人物が職人監督として活躍していくのも頷ける、的確な手さばきである。序盤、昭和歌謡曲による下手ミュージカルの勢いに圧倒されるが、市村・一青のシーンだけ突如オリジナル曲に変貌、中盤になるとミュージカルシーンがぱったりと減少だとか、テイストが徹底されていないユルさも現代的でオカシイ。
●ユナイテッドシネマ  
実年齢を無視したキャスティングが思いっきりがあって感じがよく、いつも熱演気味の妻夫木聡がここでは軽やかに見えるし、武井咲もぴったりの役どころでフィットしている。いつでも全力の斎藤工もこの映画でコメディに開眼したのではないかと思わせるほどのニュースタイルを見せている。天然お嬢様やガリベン眼鏡、ツンデレスケ番に純愛番長と、昔の大真面目をノリノリにやるこのテンションを今の若い人は受け付けないかもしれない。
●イオンシネマ 
終盤はイマイチだし、ラストの一青窈で一気に盛り下がるが、それでもやっぱり超最高のセンスが香ばしい。日本もこんな映画を作れるのかと感心しきり。武井咲のミュージカルシーンは斎藤工の合いの手も相まって最高だし、大野いとや安藤サクラのミュージカルシーンには一つ筋の通ったミュージカル映画として昇華してやろうという気概がビンビンに伝わってきて、思わずそのシークエンスだけ何度もリピートしてみたのは、私の率直な気持ちである。