コロニア(2015)

エマ・ワトソン主演、脱出サスペンス

映画『コロニア』のフル動画を無料視聴する方法を、可能な限り最新情報を反映しつつ紹介しています。
今すぐ『コロニア』を見るなら動画リンクをチェック。

元ナチス党員のパウル・シェーファーが牧師を名乗り、実際にチリに作り上げた農業集落コロニア・ディグニダを舞台にしたサスペンス。『Quiero Ser』で第73回アカデミー賞短編実写賞に輝いたことでも知られるドイツ人監督フロリアン・ガレンベルガーがメガホンをとる。製作はベンジャミン・ハーマン、共同製作はニコラ・ステイユ、クリスチャン・ベッカー、ジェームズ・スプリング。これは歴史の闇に埋もれてはいけない真実の出来事。コロニア・ディグニダでは、絶対的な権力を握るシェーファーの下、悪魔祓いと称した過剰な暴力や児童性的虐待が日常的に行われていた。しかし、それは隠蔽されており、完全に誰にも止めることはできない。ルフトハンザドイツ航空のレナは、フライトの途中、サンティアゴで恋人のダニエルと再会して幸せな時間を過ごすも、いきなり不穏な空気に包まれる。サルバドール・アジェンデ大統領が倒され情勢が一気に不安定になり、周囲はパニック状態に変貌。ピノチェトの軍事政権が実権を取ったため、アジェンデを支持して活動していたダニエルは捕えられ、悪名高い拷問施設の顔も持つコロニアへ送られてしまい…。

原題:Colonia / 製作:ドイツ・ルクセンブルク・フランス(2015年) / 日本公開:2016年9月17日 / 110分 / 制作:Majestic Filmproduktion、Iris Productions / 配給:REGENTS、日活 / 製作費:1400万ドル / 興行収入:250万ドル

エマ・ワトソン主演 映画 『コロニア』 予告編

(C)2015 MAJESTIC FILMPRODUKTION GMBH/IRIS PRODUCTIONS S.A./RAT PACK FILMPRODUKTION GMBH/REZO PRODUCTIONS S.A.R.L./FRED FILMS COLONIA LTD.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『コロニア』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも魅力が拡散中!
歴史の重みを感じさせる重厚でドラマチックな作品はそれだけで観客に大きな実感を与えてくれます。そんな濃厚な人間ドラマを観れる映画をお得に鑑賞するなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。とくにメリットも多いのですが、知られていない機能がダウンロードです。事前にダウンロードすることで外出先などWifiのない環境でも通信制限を気にすることなく視聴できるという嬉しい利便性はぜひ活用して試してください。

「無料」を嫌う人はいない!
あなたは初めての利用者でしょうか? だとしたらそれは最大の利点になります。初回無料のトライアルが健在です。これは登録をしたその日を起点にして、あらかじめ決められた一定期間、そのサービス内での動画視聴というメインコンテンツを含む利用が無料で遊べるというものです。無料動画的になります。「無料であるなら悪い気はしないけど、本当ならいつまで?」と謎に思っているなら、具体的な時間も提示されています。多くは約1か月、短くとも2週間と考えてください。長さは余裕です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「コロニア」の鑑賞はダメです。最悪なパターンはいくつもありますが、最初は非常に気軽な動作から始まります。何気なく興味を惹くテキストリンクをクリックすると、瞬時に別のタブで無関係なページが開き、いつのまにか裏で怪しい動作を起こし、機能を妨げるものもあります。同じ無料ならばしっかりとした健全性の整ったサービスが断然良いのは単純な話です。深く考えるまでもありません。

迷ったときは?
スクリーンデビューした映画もデジタル配信でのカムバックは意外に早いので、自分の頭にメモして狙い撃ちをしましょう。しかし、映画会社から携帯会社、TV企業、独立系企業など多様なサービス・プレゼンターがそれぞれのVODを展開していることもあり、まさに十人十色の幅広さです。「コロニア」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。Google検索時にすぐ上部に示されるVODは一部に過ぎずYouTubeばかりを優遇するので意味はあまりありません。このページなら確認作業短縮ができるわかりやすいアイコン表示で全VODをリストアップ中。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。慣れてなくても大丈夫で、インターフェースがしっかりしているので混乱しないで済みます。見たい映画を選んで再生するだけの簡単な作業です。

あなたはどっち派?
海外映画ウォッチャーにとっての譲れない論点。それが「字幕」と「吹き替え」をめぐるプライド。それぞれの言い分があるのは百も承知。今はどちらがいいのかを競っている場合ではありません。大事なのは双方を尊重して互いに満足する視聴スタイルを提供してくれるメディアを探すこと。VODはまさにどちらの需要にも答えられるスーパーヘルパー。どんどん頼りましょう。「コロニア」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて無反応で思っていたとおりにならない! このようなエラー状態になっていませんか? それはサイトに表示される広告をブロックするツールのトラブルかもしれません。ネット閲覧で邪魔になる大量の広告画像を消すために、広告非表示を求めるユーザーの間で支持されていますが、思わぬ障害の原因になることも。「コロニア」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「コロニア」は? サブスクリプションというのは所定の金額を支払うと一括でサービスを満喫できるというもので、レンタル店とは全く違います。見放題と一般に呼ばれるタイプであれば、話は簡単で、配信している全作品をお試し期間中は無料で見れます。コンテンツをポイントで交換するようにして視聴するタイプはやや特殊で、登録時に貰えるポイントの範囲内であれば、その制限の中では作品を無料感覚で好きに視聴できます。この違いはしっかり誤解しないように。

表現規制を避けるなら
映画という映像媒体コンテンツなら避けられない表現規制の問題。劇場上映やテレビ放送ではレーティングという独自の業界規則で諸々の制約が生じ、人知れず内容が精査されています。このままでは提供不可と判断されると、シーンカットやモザイク処理などがあったり、倫理的なトラブルで自粛という事態も起こります。これではクリエイティブな自由度は鎖につながれるだけ。しかし、独立性の高いVODならば、そうした枠とは外れて展開していることがあるので、映画を純粋に視聴できます。

『コロニア』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『コロニア』をさらに知る

★スタッフ
監督:フロリアン・ガレンベルガー(関連作品:『ジョン・ラーベ ~南京のシンドラー~』)
脚本:フロリアン・ガレンベルガー
撮影:コーリャ・ブラント

★キャスト
エマ・ワトソン、ダニエル・ブリュール、ミカエル・ニクビスト

★雑学(トリビア)
・フローリアン・ガレンベルガー監督が、9歳のときに学校で「コロニア・ディグニダ」のことを習ったのが映画製作のきっかけだという。

★『コロニア』の評価

IMDbRTMETA
7.126%??
映画comY!FM
??3.553.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『コロニア』の感想

●無料ホームシアター 
直接的な残酷シーンは意外と少なく、逆にエマ・ワトソンのセクシーなシーンが印象に残った。エマ・ワトソンのファンは観るべき一作です。冒頭からとても可愛い姿を見せてくれます。本筋は社会派な作品で、非道なことをしていた施設から脱出するムービーでありながら、実際の史実をなぞるという構成にもなっていて、なかなか勉強にもなります。美男美女のサスペンスが見たいなら迷わず選ぶべき作品ではないでしょうか。
●FILMAGA 
序盤は恋愛映画かというくらい、熱烈なイチャイチャが見られます。全体的に愛の映画という感じでした。序盤はラブラブでそこから引き裂かれた二人がいかにして再開してまた愛し合うか、それが全ての映画です。ダニエル・ブリュールが酷い目に遭っていくのですが、その姿も痛々しく、助けてあげたくなります。最終的には「どうなるんだ」というサスペンスが待っていて、画面から目が離せなくなる隠れた名作だと思います。