怒り(2016)

豪華キャスト共演。犯人はあなたなのですか?

映画『怒り』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不利益しかないサイトは紹介していません。
今すぐ『怒り』を見るなら動画リンクをチェック。

李相日監督が、再び吉田原作の小説を豪華キャストで映画化した群像ミステリードラマ。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。エグゼクティブプロデューサーは山内章弘。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それは残忍性と異常性から話題になるが、世間の注目は次第に消えていく。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という素性のわからない青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という謎めいた青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という正体不明な性格の掴めない男と遭遇するが…。

原題:怒り / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年9月17日 / 142分 / 制作:東宝映画 / 配給:東宝

映画「怒り」予告編が公開!渡辺謙、宮崎あおい、広瀬すずら豪華キャストが出演 音楽は坂本龍一

(C)2016 映画「怒り」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『怒り』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

さまざまな葛藤や苦悩を抱えて思惑が交錯していく極上のヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用すると良いです。アンケート調査によれば6人に1人が利用しているというデータもあり、今ではネット配信がスタンダード。家にパソコンやテレビがない人も増えてきましたが、DVD再生機器を持っていなくてもスマホを使えば一瞬。自由にいつでも視聴できます。

「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。節約は生活の欠かせない知恵。動画鑑賞もその範疇に入ります。できれば便利なのでお試しから入りましょう。なにか制約があるのかと思うでしょうが、これは誰でも(ビギナーのみ)体験できるものです。「どうしても心配なのだけど無料期間内で退会したら即有料になるの?」その疑念は自然と思い浮かびますが、退会後はいきなりの料金発生はないです。無料期間を過ぎていないのなら安心できるでしょう。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的なネガティブ事例を把握しておきたい人もいるでしょう。例えば、映画視聴途中にいきなり妨害するかのような広告が視界画面を覆い、それを消去しようと基本操作するも別ページに飛ばされ、個人情報が奪われる…などの悪質手段です。もはや宣言することでもないですが、公式提供のオフィシャル・サービスを選択すべきなのは揺るぎません。

ずっとDVDのレンタル開始を待っているのは昔の話。今は新作が配信されたらすぐにパッと確認できるのが普通になりました。しかしながら、厄介というか面倒な一面もあって、VODは幸か不幸か数が多く、どれが自分にとってのジャストマッチなのか判別しにくいです。配信作品だって変わってしまいます。「怒り」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。アイコンを使ってわかりやすく紹介しているのがこのページです。アイコンが存在すれば、すぐさま見られる可能性が高いです。存在しない場合は、今は配信していないかもしれません(後々で追加される場合も)。映画の始まりのオープニングから最後の余韻が残るエンディングまで、フル動画をたっぷり満喫できるのがVODの素晴らしさ。映画館鑑賞できなくともDVDがあるし、それをコピーすれば…なんていうのは今は違法です。最もライトな視聴手段はネット配信。これは動かぬ事実です。

VODをフェアに扱うサイトはあまりないです。なぜならスポンサーやパートナーシップの関係上、ある程度の優遇や推薦をすることが多いからです。しかし、フルムビバースはフェアなレコメンドを重視しており、法令遵守を最優先にしつつ、ユーザーに多くの選択肢を提示しています。勝手な押しつけはしません。サービスが肌に合うかは各自で体験判断するのが最善だとこちらも知っているからです。単純に「怒り」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、動画が途中でいきなり別画面に切り替わって大音量の鬱陶しい映像宣伝が流れ始めたり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「怒り」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

『怒り』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『怒り』をさらに知る

★スタッフ
監督:李相日(関連作品:『許されざる者』、『悪人』)
脚本:李相日
撮影:笠松則通
音楽:坂本龍一

★キャスト
渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、ピエール瀧、三浦貴大、佐久本宝、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木聡

★インタビュー
・妻夫木聡「僕は親友にゲイがいるので、ゲイの恋愛を日本映画でしっかりと描けたらいいなという気持ちがあったんです」
・森山未來「自分以外のパートがどうなっているのか知らなかったのですが、クライマックスで泣きました」

★雑学(トリビア)
・妻夫木聡と綾野剛は、役づくりのために一緒に暮らして、風呂まで一緒に入っていた。

★『怒り』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.9???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『怒り』の感想

●無料ホームシアター
なんといったって贅沢なキャストによる重厚な演技。これだけでお腹いっぱいになれます。ここまでの豪華キャストは後にも先にもないのではないですか。しかも全員、名演技を約束する実力者ばかりじゃないですか。そりゃあもう濃厚な演技合戦の連続でお腹いっぱいになりますよ。すっかり映画を5本くらい見たような気分になりました。しかし、どうやってこれをまとめるのかと思いましたが、ラストは怒涛のように人生を絶望に叩き込んできましたね。
●シネマトゥデイ 
かなり重たい話ですが、凄まじい熱演に圧倒され、あっという間の映画体験でした。観客はずっと固唾を飲んで見守ってしまいました。そのかわりかなり精神的に疲労がハンパないです。観終わった後はぐったりしてしまいましたよ。でも、これだけ熱量も多ければ、それは当然のように批評家受けもいいですよね。ちょっと反則です。「怒り」というタイトルが表すように観客さえもその怒りの対象にしてしまうという、恐ろしいドラマにつぶされました。
●BILIBILI
日本は閉鎖的な社会なんだなと痛感しました。田舎はそうだと言われがちですが、都市でも閉鎖性はあります。今作では最終的に無人島のような小さな島にその歪みが集約していくわけですよ。そこにはある人物しかいないのですが、そこにあるのは確かな怒りなのです。どうして向き合わなかったのか、信じないのか、裏切ったのか、それが全ての怒りになってあの島に集まっていく。だとしたらこの作品には被害者なんていらないのかもしれません。