アンストッパブル(2010)

無人貨物列車が暴走!

映画『アンストッパブル』のフル動画を無料視聴する方法を、過剰な広告を排してシンプルに提示しています。
今すぐ『アンストッパブル』を見るなら動画リンクをチェック。

いくつもの作品でタッグを組んできたトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンが、実際の列車暴走事故をもとに映画化したアクション大作。製作総指揮はクリス・シアッファ、リック・ヨーン、ジェフ・クワティネッツ。米北東部のペンシルバニアで、大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した最新式貨物列車が、整備ミスにより暴走してしまう。それはどんどん加速し、最悪の事態も目前に迫る。ベテラン機関士のフランクは、初めてコンビを組むウィルとともにこの大混乱を招きかねない暴走列車を止めようと奔走する。

原題:Unstoppable / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開:2011年1月7日 / 99分 / 制作:Dune Entertainment / 配給:20世紀フォックス

映画『アンストッパブル』予告編

(C)2010 TWENTIETH CENTURY FOX


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『アンストッパブル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

急展開に釘付け!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスを手に汗握って観てしまうのは面白さの特徴です。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に観るなら、人気も増えている動画配信サービスを用いましょう。ネット配信はメリットも多く、レンタル店でDVDを借りるよりも非常にラクチン。外出先で見るならスマホ、ながら作業で見るならパソコン、大画面で見るならテレビ、持ち運びするならタブレット、自由自在に楽しめます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今すぐお金を工面できないし…」とモヤモヤしているなら、フリー体験で最初の導入を助けてくれるので初めは安心です。登録という記念すべきファースト・デイがあると思いますが、それを起点に特定の期間まで、あらゆる機能を含めて基本は制限もなくそのサービスも体験できるもので、欠点もなし。「別の動画サイトだと冒頭5分だけの試鑑賞になっていたけど…」そんな自体は一般的なVODにはありません。動画の図書館みたいなものなのでフル動画がライブラリーとしてズラッと整理されており、本編を見れます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アンストッパブル」の視聴はダメです。これらの問題サイトは運営しているサーバーなどが貧弱で、無駄に広告も過剰表示されているため、とにかくパソコンやスマホに極端な負荷をかけます。CPUを食いつぶし、オーバーヒートさせ、機器の寿命を下げることになり、故障の原因にもなります。千載一遇のチャンスを見逃すなかれ。公式プレゼンツなサービスこそが何の心配もいらない選択肢です。

いちはやくウォッチ!
「こんなの見せられたら真顔で登録画面に向かっちゃうよ」と思ったのならば、その動画への本能を止めてはいけません。数に勝るものはないと言いますが、贅沢な悩みというのはわかっていても、このVODの多さだけはちょっと嬉しい悲鳴です。選択肢が多すぎて目移りしてしまうこと必須です。「アンストッパブル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。1分1秒を無駄にしたくないという現代人にはタイム節約になるサポートページが役に立ちます。こちらでは該当作品を配信中のVODを探す作業を簡略化する頼もしいスーパーヘルパーになれます。よくありがちなVODを紹介するサイトでは、基本的に一部のサービスを案内するだけで終わってしまうので情報が古いです。まだまだVOD体験が白紙ならば今こそ最初の足跡を残すべきです。初めての人ほどに有利な一面が積み重なるので、スーパーダッシュを決められます。

あなたはどっち派?
さあ、いつでも突発的に発生する「字幕がいいのか、吹替がいいのか」という不毛なバトルがやってきました。字幕派は俳優の声が聴きたいんだ、それこそが映画本来の原書を読んでいるようなものじゃないかと豪語。一方の吹替派は映像が文字で汚れるなんてそれこそ映画への冒涜だと非難。この戦いは終わりそうにない。きっと未来永劫続くのでしょう。でもVODならそんな喧嘩は起きません。「アンストッパブル」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。映画はどうしても短いものでも1時間半、長いと3時間超えのものまで、1日の貴重な時間を浪費するのがネック。スケジュールは個人で異なるので、見られるベストタイミングも違います。とりあえずお目当ての作品のページを見つけたら「Favorite」ボタンでメモしておくと、忘れるのを防ぐことができます。「アンストッパブル」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。「アンストッパブル」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
劇場であろうと自宅鑑賞であろうと映画を観るなら俳優で判断する人は多いです。好きな部分というのは個人で違ってきます。「あの人の声がいい。いや、横顔がたまらない。迫真の演技に惚れてしまう…」そんなフラストレーションを作品視聴で解放するのはこのうえない究極のカタルシスです。VODは出演作もバッチリ検索可能。「デンゼル・ワシントン」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

『アンストッパブル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アンストッパブル』をさらに知る

★スタッフ
監督:トニー・スコット(関連作品:『サブウェイ123 激突』)
脚本:マーク・ボンバック
撮影:ベン・セレシン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

★キャスト(キャラクター)
デンゼル・ワシントン(フランク・バーンズ)、クリス・パイン(ウィル・コルソン)、ロザリオ・ドーソン(コニー・フーバー)、イーサン・サプリー(デューイ)、ケビン・ダン(ガルビン)、ケビン・コリガン(ワーナー)、ケビン・チャップマン(バニー)、リュー・テンプル(ネッド)、T・J・ミラー(ギリース)、ジェシー・シュラム、デビッド・ウォーショフスキー

★『アンストッパブル』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.5???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アンストッパブル』の感想

●FILMAGA  
無人の暴走列車を止めるという映画創成期からあるような伝統的プロットを全く古いものに感じさせないトニー・スコットの確かな演出力。「サブウェイ123」ではあまり動かなかった列車が主役で、スクリーン狭しと盛大に思う存分大暴れ。政治的な主導権争いなどドラマは最低限の描写に留め、現場でのアクションに徹する振り切った姿勢が美しい。どんな国の人間でも老若男女問わず誰でもハラハラする映画が作れるなんて意外と難しいのじゃないだろうか。
●TOHOシネマズ 
些細なことでミスは起こるというフラグの立て方がよくわかる映画です。猛スピードで走る無人貨物列車という舞台でのまさにジェットコースター・ムービー。クリス・パインとデンゼル・ワシントンのコンビも素晴らしかったなと思います。途中まで足手まといだったクリス・パインが覚悟を決め、そこからデンゼル・ワシントンと入れ替わり立ち替わり活躍するところなど、テンション上がるポイントも多い! 気楽に見られる娯楽作ですね。
●ユナイテッドシネマ  
いつだって危機を救うのはプロフェッショナルと呼ばれる人たち。本作で言えば、デンゼル・ワシントン演じる機関士。映画は実際に起きた「CSX8888号暴走事故」を題材にしているとのこと。事故が起きた経緯を考えると、アメリカのルーズなシステムに底知れぬ怖さを感じます。本当に映画どおりではないのでしょうけど。しかし、日本だって暴走事故はないものの、悲惨で凄惨な脱線事故はありますからね。それを思うと全く他人事ではありません。