トイ・ストーリー2(2作目)

おもちゃの価値は何?

映画『トイ・ストーリー2』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期更新しているので確認に便利。
今すぐ『トイ・ストーリー2』を見るなら動画リンクをチェック。

おもちゃたちの大活躍を描くピクサーの人気シリーズ第2弾。製作はヘレナ・プロトキン、カレン・ロバート・ジャクソン。アンディの部屋のおもちゃであるカウボーイ人形のウッディとスペースレンジャーのバズは、今日も仲間と楽しい時間を過ごしていた。ところがある日、バザーに売りに出されたペンギン人形のウィージーを助けに行ったウッディが、通りすがりの男に盗まれてしまう。それはとんでもない一大事で、おもちゃたちは大パニック。ウッディ略奪犯、それはおもちゃ屋のアルという男だった。バズたち仲間は親友の救出を計画、アルのおもちゃ屋に向かう。そこはとてもたくさんの売り物のおもちゃがずらりと並ぶ世界。一方アルのマンションに連れてこられたウッディは、自分がプレミア人形であることを知る。

原題:Toy Story 2 / 製作:アメリカ(1999年) / 日本公開:2000年3月11日 / 92分 / 制作:Pixar Animation Studios / 配給:ブエナ・ビスタ / 製作費:9000万ドル / 興行収入:4億9700万ドル / 前作:『トイ・ストーリー』 / 次作:『トイ・ストーリー3

トイ・ストーリー2 (吹き替え) – 予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『トイ・ストーリー2』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

夢中になるのは子どもだけでなく大人までもを童心に帰らせるように魅了していく。そんなファンタスティックなアニメーション映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。ディズニー&ピクサー作品はなかなか見放題になることはないですが、単体作品ごとにレンタルしていくタイプであればデジタル媒体でも鑑賞可能。DVDと遜色のないハイクオリティな映像を自由に好きな再生機器でエンジョイできるので便利。

心の好奇心をウキウキさせるようなことはこればかりではなく、無料トライアルで動画視聴もお試しできて充実感を得られます。登録という記念すべきファースト・デイがあると思いますが、それを起点に特定の期間まで、あらゆる機能を含めて基本は制限もなくそのサービスも体験できるもので、欠点もなし。「登録自体の難しさに不安が残る…」そんな心配も払しょくできます。やってみればすぐにわかりますが、肝心の登録内容は実にシンプルで、子どもでも入力できるような基礎ばかりです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトとは縁を切りましょう。騙し的なリンクを設置しているサイトもあります。「動画」というテキストのリンクをクリックすると、ランキングサイトに移動し、勝手にユーザーの時間と労力を無駄使いさせるものも。そのようなサイトはまず間違いなくアウトと考えましょう。注意喚起はしておくにこしたことはないですが、憤怒の感情で賠償を求めても無駄なので、オフィシャル安全動画が確実です。

最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。その便利さをあっさり享受できない壁になっているのが、どれを使えばいいのかという複雑さ。選ぶ基準もわからないとひたすら情報の暴力にさらされて疲れてくるばかりです。「トイ・ストーリー2」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。ググってみても表示されるのは一部のVODのみ(YouTubeばかりが推薦されます)。このページならもっと広域にわたって配信可能性の高めなサービスをフェア精神でフリーレコメンドしており、有用性抜群です。YouTubeは無料動画ですが、品質の低いものが雑多に混じっています。フルムビバースは不純物なしの優良動画のみをセレクトしています。新作はできれば映画館での鑑賞で爆音上映とか4DXとか最高体験をしたい…そういう要望ならばVODはサポート可能なものもあるので要注目です。

公開前から議論になりがちな翻訳と吹替問題。一歩間違えれば作品の完成度さえも台無しになりかねないので、ピリピリするのは当然です。だからこそ観客は字幕と吹替の選択はこだわります。VODは両方に対応していることが多く、幅広いユーザーの好みにマッチ。中には英語字幕を選択できるものもあり、リスニング練習に使っている人もいます。そういう狙いでサービスを判断するのも良いでしょう。できれば両方を比較してみてください。意外な一面から「トイ・ストーリー2」の面白さの発見につながるかもしれません。

サブスクリプション系のビデオオンデマンドは家族向けとしてフィットするような機能も充実。同じ家庭でもお父さん・お母さん・兄・姉・弟・妹・祖父母…それぞれの利用の好みは違うので同一アカウントで住み分けするのは大変かもしれません。でも大丈夫。個別で切り替えできるのでプライバシーを確保したまま動画を見れます(この機能は全てのVODに搭載されているわけではありません)。また同時利用もサポートしているものもあり、これで同じ家の中である人はテレビ、ある人はスマホでと違う動画を観ていてもOK。

『トイ・ストーリー2』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『トイ・ストーリー2』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョン・ラセター
脚本:アンドリュー・スタントン、リタ・シャオ、ダグ・チャンバーリン、クリス・ウェッブ
撮影:シャロン・キャラハン
音楽:ランディ・ニューマン

★キャスト(キャラクター)
トム・ハンクス(ウッディ)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)、ウォーレン・ショーン(レックス)、ケルシー・グラマー(プロスペクター)、ドン・リックルズ(ミスター・ポテトヘッド)、ジム・ヴァーニー(スリンキー・ドッグ)、ジョン・ラッツェンバーガー(ハム)、アニー・ポッツ(ボー・ピープ)、ジョン・モリス(アンディ)、ウェイン・ナイト(アル)

★『トイ・ストーリー2』の評価

IMDbRTMETA
7.9100%??
映画comY!FM
3.8???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『トイ・ストーリー2』の感想

●無料ホームシアター 
2作目は冒険に溢れ連れ去られたウッディをバズたちが救出しに行く展開が楽しい。ちゃんとエンタメとして進化している。前作では最先端のおもちゃであるバズに嫉妬していたウッディに、まさかのレアグッズとしての価値があると気づく今作。子供はそんなことなど関係なしに楽しくおもちゃで遊ぶのだが、その生活にもいつか終わりが来るのだとはっとさせられるほろ苦さも含まれている。一方で、おもちゃの意味も問いかける深いテーマも潜む。
●FILMAGA  
ブルズアイに乗ったウッディと並ぶように最高のスピード感で駆け抜けていく見事な脚本。このテンポの完璧さは恐るべきとしか言えない。バズに「君はオモチャだ!」と、ウッディに「無限の彼方まで」と言わせる流れの秀逸さは今尚どのピクサー作品も全く敵わない。博物館へ行くか、アンディの所へ戻るか。永遠の名誉を捨て、アンディの成長を見守る為に家へ帰るウッディ。この選択をおもちゃで見せて感動させるのがどれだけ凄い事か。
●CRUNCHYROLL 
老若男女、国を越えて全ての人にオススメしたい作品。1作目が相当面白いとだいたい後は下り坂一方だが、4年の歳月を経て絵のクオリティのみならずストーリーの完成度もアップさせるとは、さすがピクサー。いつかは必ず来るお別れの瞬間を意識させられる、寂しい余韻がちょっとだけ残る映画。よくわかるパロディも随所に配置され笑えるし、それでいてぐっと成長したウッディのポジティブな決断には思わずホロリと涙する。

ピクサー制作アニメ映画 を総復習!

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

アニメ(海外)ファミリー
フルで無料動画:フルムビバース