オールド・ボーイ(2003)

監禁された理由を求めて暴力は暴走する

映画『オールド・ボーイ』のフル動画を無料視聴するやり方を初見な人にも懇切丁寧に、広告の表示なしで優しくご案内中です。
今すぐ『オールド・ボーイ』を見るなら動画リンクをチェック。

パク・チャヌク監督が日本製同名コミックを原作に映画化。タランティーノが審査委員長を務めた本年のカンヌ映画祭でグランプリを受賞、米ユニバーサルがリメイク権を取得した話題作。製作はキム・ドンジュ。理由も分からないまま15年間も監禁されていた男オ・デス。その監禁状態が突然終わりを告げる。解放された彼だったが、一安心することもできない。彼の前に謎の男ウジンが出現、5日間で彼が監禁された理由を解き明かせと迫る。

原題:Old Boy / 製作:韓国(2003年) / 日本公開:2004年11月6日 / 120分 / 制作: / 配給:東芝エンタテインメント

Oldboy – Trailer [HD]

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『オールド・ボーイ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
あまりにも衝撃的な内容とバイオレンス描写に観客も批評家をショックを受けた問題作はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、たまには近年の主流になってきているネット配信を試すのもいいです。まだ使っていないのならばさらにラッキーだと思ってください。なぜなら初心者でも簡単にスタートできます。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、VODに関しては若輩者なあなたでも初回無料トライアルがあるので挫けることは全くなしです。「なんか自分の観たい作品が少ないな…」「私の環境だと上手く再生できない」「少し使いづらさを感じる」そういう使って初めてわかるフィット具合を判断する時間的余裕がお試しの利点です。「どうせ初心者には登録すらも大変なのでは?」と厳しい目線を送るかもしれませんが、問題はないです。入力自体は小学生でも可能なものばかり(もちろん子どもは大人に判断を仰ぎましょう)。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「オールド・ボーイ」の鑑賞はダメです。便利なサイトも無数にあるネットの世界には、残念ながらその真逆で人に害を与える危険サイトも存在します。そのデンジャラスなサイトを判定するのに欠かせないセキュリティ対策サービスやブラウザ機能もありますが、万能ではないので検出できないことも。あなたに最適のスペシャルな選択肢は、100%安心のオフィシャル太鼓判の動画配信サービスをセレクトすること。

これに決めた!
「こんな魅力的な動画の山を眺めればジッとなんてしていられない!」それだけの魔力があります。ただし、この難点は避けられない面もあって、それはユーザーの望む作品を扱うサービスの特定作業。どうしてもこれは外せないものになっています。「オールド・ボーイ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらのVODアイコンの情報内容の示す時期は記事更新日です(もしくは過去配信ログで明記されたもの)。さすがに今日時点のリアルタイムを反映はできませんが、参考素材としては機能します。他サイトでは特定のサービスを勧めるだけで、配信状況をリアルタイムで更新しません。でもフルムビバースはそこも対応。まずは少しだけ配信作品の現状が知りたいなという人もいるはずですが、それであれば公式サイト内のタイトル検索でわかります。

古い作品ならもしかして…
「映画を合法的に無料で見られます!」なんてセールス言葉みたいなものは典型的なオイシイ話であり、いかにも裏がありそうです。実際に違法性のあるものを除き、そのとおりのことが実現できるのはVODの無料お試しが主。しかし、それ以上の別の方法があります。それはパブリックドメインという特殊な事例。これは古い映画に見られることですが、著作権が消滅しているためにネットに法律上の問題なくアップされているのです。アーカイブサイトで確認できるので50~70年前の作品は要チェックです。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「オールド・ボーイ」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。ネックになりがちなのは無線LANで、どうしてもパソコンとルーターの間に壁や天井など障害物があるとすぐに電波の届きやすさに影響を発生させてしまいます。いっそのこと、中継機の活用の補助手段を検討するのも良いでしょう。無線チャンネルを変更して改善することもあります。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。定番どころだと子どもでも知っているあのサイトやこのサイトをすぐに思い浮かべることができるでしょう。ただ、これらの動画サイトは非常に身近なわりには頭の痛い問題を多数抱えています。例えば、無限大の量産されている動画の質の低さは言わずもがな、コンテンツの中にはダミーのような騙し動画もいまだにあります。さらには違法性の高いものと、欠点が山積です。VODはそれらの心配が一切ない、「オールド・ボーイ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

表現規制を避けるなら
映画の一番インパクトのあるシーンで規制が入ると嫌なものです。モザイクなどの処理はレーティング上でやむを得ないというのは理解できますが、どうせなら素直に全部を鑑賞したいもの。それが物語上の重要なシーンだとしたら困るし、実際に意味が伝わらなくなるパターンもあり得ます。VODならばTV業界とも映画業界とも異なる規制基準で動いていることもあって、その心配が少ないです。表現規制にはうんざりだという人ほど、思う存分にクリエイターの表現したかったものを満喫できます。

『オールド・ボーイ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『オールド・ボーイ』をさらに知る

★スタッフ
監督:パク・チャヌク
脚本:ワン・ジョユン、イム・ジュンヒュン、パク・チャヌク
撮影:チョン・ジョンフン
音楽:イ・ジス、チェ・スンヨン、シム・ヒョンジュン

★キャスト
チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、キム・ビョンオク、オ・ダルス、イ・スンシン、チ・デハン、ユン・ジンソ、オ・テギョン、ユ・ヨンソク

★『オールド・ボーイ』の評価

IMDbRTMETA
8.4??%??
映画comY!FM
3.7???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『オールド・ボーイ』の感想

●無料ホームシアター
カンヌ国際映画祭にてグランプリ受賞。後味悪いですし、かなり残酷な物語展開なのは確かですが、演出や編集がもう奇抜で一秒たりとも最後まで目が離せませんでした! 私怨絡みで15年間も監禁され続けた主人公オ・デスを全身体当たりで熱演したチェ・ミンシクは、まさに韓国が誇る世界的スターですね! “韓国のアカデミー賞”こと大鐘賞を本作含め3度も輝くなんて、並大抵の才能では届かないと思います! これは日本には敵わない。
●FILMAGA
一番印象的なシーンは、横スクロールでのッ主人公vs沢山の敵がぶつかる格闘場面ですね! 長回し過ぎる! ミンシクのカッコ良さに興奮しました! こういう風にスタイリッシュだけど、決してカッコつけているわけではないシーンとか、どうやればいいんだろう。こんなに後味の悪い復讐劇はないのに、なぜか見入ってしまっている自分がいるのですから。これはどんなマジックなんだと。グロテスクでもエネルギッシュでもある活劇です。
●BILIBILI
なぜ男は15年も監禁されなければならなかったのか?この映画はその理由で全てが収束します。監禁の理由を探る謎解きと恋愛的な事も交えまして、リアルな映像と大胆なカメラワーク。オ・デスとミド役の二人の演技、魅力もあり、傑作に仕上がってます。ラストシーンの表情なんか最高ですね。催眠術で記憶を消しミドと生きることを決めるオ・デス。解釈は観客の手に委ねられます。こういう見る人によって違うとらえ方ができるラストはいいですね。
●DAILYMOTION
結構視聴者に委ねるオチですね。自分は記憶を消すことができなかったと解釈しました。自分の犯した罪も忘れたい過去も、決して消えることはないんです。「知らぬが仏」とよく言うけれど、本当にその通り。知ることは罪なのか。やはり憎しみや恨みのパワーよりも、守りたい誰かのためのパワーの方が強いということが映像でハッキリ示されたのでは? それにしてもあのガンガンシーンとか、どうやって思いついたのか、発想力が謎すぎる。