セントラル・インテリジェンス

ドウェイン・ジョンソン、超劇的ビフォーアフター!

映画『セントラル・インテリジェンス』のフル動画を無料視聴する有用な方法を、可能な限り最新情報を反映しつつ紹介しています。
今すぐ『セントラル・インテリジェンス』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Central Intelligence(「セントラルインテリジェンス」) / アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年11月3日 / 107分 / 制作:New Line Cinema / 配給:インターフィルム、REGENTS

セントラル・インテリジェンス PV

(C)2016 Universal Pictures, Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC


▼『セントラル・インテリジェンス』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】機能充実
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『セントラル・インテリジェンス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

重大な鑑賞手段です!
ドタバタ劇で次から次へと問題が連発するコミカル・アクションはそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを用いましょう。アンケート調査によれば6人に1人が利用経験あるというデータもあり、ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも一般化している側面もあります。少なくとも初心者でも簡単にスタートできるので、ハードルはそこまで高くありません。

「無料」を見逃すな!
「出費はこりごりです…」そんな鬱憤もこれで爽快。無料のフリートライアルでタダ動画を一定期間楽しめるので親切設計です。「なんか自分の観たい作品が少ないな…」「私の環境だと上手く再生できない」「少し使いづらさを感じる」そういう使って初めてわかるフィット具合を判断する時間的余裕がお試しの利点です。「無料で見られるのは旧作に限定されるの?」「新作映画を揃えることはあり得ないのですか?」との懸念は確かにありそうです。でも実際は登録時のポイントでの準新作もバッチリ視聴可能なので、配信されたばかりの話題作もカバーできます。ローソン・マーシャル・サーバー監督の「セントラル・インテリジェンス」もアリ。

アホな油断で一生の恥!
なお、巷に溢れるかなりの問題をたくさん抱えているイリーガルな動画サイトとは縁を切りましょう。ドウェイン・ジョンソン主演の「セントラル・インテリジェンス」もダメ。フィルタリングでもシャットアウトできない数多のブラックサイトは大小はあれど悪影響がいたるところに潜んでいます。その問題は語ることが少なすぎるくらいです。広告クリックを誘発させるために、動画再生画面に邪魔な画像を表示させ、閉じようとさせて別ページへ強制移動させるのは常套手段の罠です。同じ無料ならばしっかりとした健全性の整ったサービスが断然良いのは単純な話です。深く考えるまでもありません。

配信しているのはコレ!
そういえばあの話題作はどうなったのかなどと思っているうちにDVDよりも早くネット配信されている場合もあります。これであとは一直線にアクセル全開で突き進むだけなら良いのですが、思わぬカーブがあるという注意標識が。それはVODの選択問題。道は何十通りにも分岐しているのです。ケビン・ハート出演の「セントラル・インテリジェンス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの今あなたが注視しているページには配信中の各VODがリストアップしています。その掲載情報は記事更新時点のものなので必ずしも今の状況を示しているわけではありません。しかし参考にはなるでしょう。皆さんがどこかで目にしているかもしれない動画リンク集サイトでは、無関係なランキングページに誘導するものもあるでしょうが、こちらではそんな行為は一切していません。表示されているアイコンの中から、利用経験のないものをセレクトしましょう。その選択が次にはエンタメへとコネクトされていきます。無料体験はいつでも手招きして待っているので後は扉を開けるだけです。

あなたはどっち派?
日本映画よりも圧倒的に海外映画を観る機会が多い人もいるでしょう。そこで話題になるのが「字幕or吹替」の選択問題。双方ともに揃っている場合はどちらが良いのか。あなたはどれを選ぶことが定番になっているでしょうか。完全な好みの判断ですが、これは譲れないという人もいるはず。また、意外な活用方法もあって、英語音声&英語字幕で語学勉強に駆使すれば、リスニング教材に早変わりします。VODの中にはこんなことも可能なものも。エイミー・ライアン出演の人気俳優揃い踏みの「セントラル・インテリジェンス」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、いきなり全然関係のない不快極まりないアダルト広告を表示してくるものもあり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、アーロン・ポール出演のユーモアたっぷりなバディが楽しめる「セントラル・インテリジェンス」視聴を妨げません。問題視されて業界事業者が「良くない」として排除している広告というものがあります。どれもユーザーエクスペリエンスを減退し、満足度を損傷させるものばかりであり、本サイトでもそんな広告とは関わりを断っています。

10回でも100回でも
気になる映画を何回も観たいとずっと思ったことはありませんか? ダニエル・ニコレット出演の笑って爽快にリフレッシュできる「セントラル・インテリジェンス」を何度も見るのは愚かではありません。それで得られた発見の数々は糧になります。新発見というトリビアありきではありません。あなたの経験や年齢変化、自分を取り巻く状況の変動は映画鑑賞の感性を思っている以上に激変させます。つまらないと思っていた映画が傑作に見えてきたり、予期せぬシーンで感動できるようになったり。そういうことは普通に起こるものです。余分な追加出費なしで何度も視聴できるのはVODというライトな手段の取り柄です。

その動画サイトは使える?
ミーガン・パーク出演のドタバタ王道コメディ「セントラル・インテリジェンス」を無料で見れますと紹介するページはネット上にたくさんあるかもしれません。しかしその中で以下のような動画サイトサービスをレコメンドしているのなら要注意です。「miomio」「mixdrop」「vidia」「clipwatching」「vidoo」「openload」…これらは一例です。なぜこのサイトたちが問題なのかと言えば不法コンテンツの溜まり場だからです。利用規約風な文章を乗っけて自己責任を明示しているものもありますが、その違法性はそのようなテキストでは回避できません。動画のあるなしに関わらず立ち去った方が無難です。

『セントラル・インテリジェンス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月1日時点での『セントラル・インテリジェンス』の動画配信
  • 「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『セントラル・インテリジェンス』をさらに知る

人気アクションスターのドウェイン・ジョンソンがコメディ俳優ケビン・ハートとタッグを組み、CIAのスパイと会計士という元同級生コンビが繰り広げるドタバタ・アクションコメディ。製作総指揮にはトビー・エメリッヒ、リチャード・ブレナー、サミュエル・J・ブラウン、マイケル・ディスコなどが名を連ねる。高校時代は学園のスーパースターで注目の的だったが、現在はパッとしない地味な人生を歩んでいる中年会計士カルビン。そんな彼のもとに、当時ぽっちゃり体型でいじめられっ子だったボブから、20年ぶりに会いたいと連絡が入る。断る理由もないので仕方なく会いに行ったカルビンの前に現われたボブは、全くの別人のような姿。なんと筋骨隆々なCIA捜査官へと変貌を遂げていた。しかも、何か問題を抱えているらしい。濡れ衣を着せられ組織から追われているというボブに助けを求められ、わけもわからずに一緒に逃げるハメになるカルビンだったが…。

★『セントラル・インテリジェンス』のスタッフ
監督:ローソン・マーシャル・サーバー
脚本:アイク・バリンホルツ、デビッド・スタッセン、ローソン・マーシャル・サーバー
撮影:バリー・ピーターソン
音楽:セオドア・シャピロ、ルドウィグ・ゴランソン

★キャスト
ドウェイン・ジョンソン、ケビン・ハート、エイミー・ライアン、アーロン・ポール、ダニエル・ニコレット、ミーガン・パーク、ライアン・ハンセン、スパローホーク、ティム・グリフィン、ボビー・ブラウン

★『セントラル・インテリジェンス』の評価

IMDbRTMETA
6.370%??
映画comY!FM
3.6???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『セントラル・インテリジェンス』の感想

●映画無料夢心地 
困ったら筋トレ、そう筋肉は裏切らない。ドウェイン・ジョンソンがそれを証明してるのだから、説得力があるだろう。そう言わんばかりの筋肉バカ映画がまた生まれてしまった。もうこのジャンル映画はすっかり山積みだが、いくらあっても足りないのでこの調子で量産してほしい。それにしても、再会したいじめられっ子がドウェイン・ジョンソンになってたら絶対土下座して謝るよなぁ。ブロマンスもあるし、本当に良いライトな気持ちのいい作品です。
●DAILYMOTION 
冒頭のデブ版ロックの気持ち悪さが凄い異様。CGだと思うけど、今ではこんなこともできるのかと技術に恐れました。もっと高校時代のボブ・ストーンを見ていたかったけど、お金がかかるから無理だったのかな。個人的には、これぞアメリカ映画!って感じのストレートさが好き。好きな要素が満載で最初から最後まで楽しめた。内容も笑えて、スピード感ある漫才を見ている感じ。最後はNG集でほっこり。NG集があればだいたい許せるのは気のせいかな。
●イオンシネマ 
ケヴィン・ハートのリアクション演技に終始笑いっぱなし。顔芸で受けをとるのは弱いのでやめてくれ…腹筋が死ぬ。裸自撮りをしたときに、男性のシンボルが大きく写る「ペニスタグラム」を副業で開発してるダメな同僚が、無駄にダメすぎて何も言えない。「イジメ、良くない」のテーマはいいけど、それを打ち消すほど、しょうもないギャグの連続なので、真面目なメッセージが水の泡。でも楽しいからいいかな。笑いが絶えない映画ではありますね。