ランナウェイズ / The Runaways

実在ガールズ・ロックバンドの青春を描く

映画『ランナウェイズ』のフル動画を無料視聴する方法を、安全性を確認できないサイトは除外して紹介しています。
今すぐ『ランナウェイズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Runaways / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開:2011年3月12日 / 107分 / 制作: / 配給:クロックワークス

映画『ランナウェイズ』予告編

(C)2010 Runaways Productions, LLC. All Rights Reserves.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ランナウェイズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

熱狂する動画をネットで!
自分のクリエイティブを貫いてもがいているアーティストなどの人物にスポットを当てた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのは従来のスタンダードでしたが、今はネット配信という主流が勢いを増しています。ネット上のウェブサイトにアクセスして動画を見るということで、別に難しい作業やシステムはありません。

「無料」ですよ!タダ!
「利用は料金が発生するし…」と考えても冷静に思案してみてください。これ以上のお得さは無いです。なぜなら無料お試しがあるのです。初めてのウェルカム・デイである登録日はぜひ覚えてほしいところであり、ここから設定された一定期間の範囲に限り、無料お試しを全身で体験できる最高エンタメタイムが待ち受けています。「YouTubeとは何か違うのですか?」「私の知っている動画サイトとの相違点はあるの?」」そんな初歩的な質問にお答えすると、これはそういう一般的な動画サイトと違って、質を重視したものと考えてください。全ての動画が高水準なものばかり。「ランナウェイズ」もアリ。

ネット上の罠を探知!
なお、巷に溢れる毒性があるイリーガルな動画コンテンツの利用はただちに停止すべきです。それで「ランナウェイズ」の鑑賞はダメです。怪しいサイトは単なる不正以上の問題を招きます。例えば、有名な企業のログインページを装って情報を入力させようと企む詐欺サイトに誘導される可能性があります。そうしたサイトの報告例は急増しており、今ではSMSを悪用してくる場合もあるので油断なりません。口を酸っぱくして忠告してもなかなか届かないものですが、被害を受けた時にはご愁傷様ですとしか言えません。

あなたの選択は自由!
インターネット時代の全盛期ですからデジタルでの動画提供は主流。VODの取り扱いもいち早く始まるのは珍しくないです。ところが、話題性抜群という需要の高さが困ったことにもなり、大小多くの企業がサービス展開し始めた結果、配信状況の正確な理解がとてつもなく大変になりました。「ランナウェイズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その懸念事項はスカッと解決させておきましょう。配信中のVODを作品単位でわかりやすくリスト化してアイコン表示。これであちこちサイトを閉じたり開いたり繰り返すことなく、視聴に移れます。全く初期状態から更新もないような鈍感不動の紹介サイトとは違います。こちらの掲載内容は変化するので鮮度は一定のほどよさ。早起きは三文の徳と言いますが、そのことわざに当てはめるならばVODの場合が早チェックは三倍の得です。無料になる、見逃さない、関連作も観れる…メリット多数なのです。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ランナウェイズ」でもあります。ご家庭のテレビで見たい人もいるでしょうが、まずは対応可能かを確認すべきです。新しく購入される際は詳しい人に聞いておくとよいでしょう。パソコンならば、迷いはありません。ブラウザではたいてい対応済みですので、ネットにつながってさえいればOK。スマホはiPhoneやAndroidのどの機種でもほとんど視聴可能(よほど古くなければ)。アプリさえインストールしてしまえば、あとは流れに沿ってアカウントを作り、すぐに動画鑑賞に移れます。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。映画はどうしても短いものでも1時間半、長いと3時間超えのものまで、1日の貴重な時間を浪費するのがネック。スケジュールは個人で異なるので、見られるベストタイミングも違います。とりあえずお目当ての作品のページを見つけたら「Favorite」ボタンでメモしておくと、忘れるのを防ぐことができます。「ランナウェイズ」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。「ランナウェイズ」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもビデオオンデマンドとしてのVODの方が優れているのは明らかです。

その動画サイトは使える?
「ランナウェイズ」を無料視聴できないか検索行動をとっていると、有象無象の動画サイトが散らばります。動画といえば「dailymotion」、別代表ならば「Pandora」、中国由来なら「Miomio」「BiliBili」、ファイルシェアが可能なため爆発的に拡大している「openload」「onlystream」。しかし、こういうサイトをさりげなく紹介するページは一切参考にしてはいけません。なぜなら違法行為に該当するためです。あなたがそれに加担してしまえば同罪の共犯者になってしまうので速やかに手を引きましょう。それが無縁の精神です。

『ランナウェイズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月25日時点での『ランナウェイズ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『ランナウェイズ』をさらに知る

1970年代に人気を博した平均年齢16歳のガールズ・ロックバンド「ザ・ランナウェイズ」の軌跡を描いた音楽映画。ボーカリストであるシェリー・カーリーの自伝をもとに、男ばかりのロック界で差別を受けながらも自分たちのスタイルを貫こうとした少女たちの青春を痛々しいリアルとともに描く。製作総指揮はジョーン・ジェット、ケニー・ラグーナ、ブライアン・ヤング。1975年、ロサンゼルスで暮らす15歳のジョーンの夢はロックスターになること。ロックは男のものと相場が決まっていた時代、常識にとらわれずに自由を求める彼女は周りから変人扱いされていた。

★スタッフ
監督:フローリア・シジスモンディ
撮影:ブノワ・デビエ
音楽:リリアン・バーリン

★キャスト
クリステン・スチュワート、ダコタ・ファニング、マイケル・シャノン、スカウト・テイラー=コンプトン

★『ランナウェイズ』の評価

IMDbRTMETA
6.669%??
映画comY!FM
3.2???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ランナウェイズ』の感想

●FILMAGA
こういうロックバンドだけじゃなく栄光と挫折を描く的な映画ってもう手垢が付いてるというか、正直観客の興味をどうやって惹くかってのに作り手は腐心すると思うんですけども題材が既に「十代、ガールズ、70年代」で易々とそこはクリア。ダコタ・ファニングはもう天才子役じゃなく天才女優へと変貌を始めました。クリステン・スチュワートにも全く負けていません。これは今後のさらなるイカした躍進に釘付けですよ。色々と応援したくなる作品です。
●シネマトゥデイ 
1970年代に人気を博した平均年齢16歳のガールズバンド”THE RUNAWAYS”の奇跡を追った作品。驚くべきことに、このバンドは本国アメリカではまったく人気がなく、なぜか日本で大ブレイクしていた奇妙な支持を持つのである。活動期間はわずか1年。なのでアメリカ人と日本人が見るのでは感想は全く違ってくる映画でしょう。でも大人になったダコタ・ファニングの下着・ガーター衣裳で股を広げる姿、クリステン・スチュワートのギターを弾く姿に夢中。
●BILIBILI 
記録資料としても興味深い、音楽史を彩るひとつのグループの物語。その過激なスタイルは時代を先取りしすぎたのか、世間では理解されず、なぜか日本でヒットしたというのも、なんとなく理解できてしまう。日本人の考えるロックでフリーダムな白人のイメージにぴったりなのだろう。そんな実際の日本でのファンによる苛烈な熱狂ぶりも描かれて、彼女たちの激動のミュージックライフが垣間見える。これを機にこのグループを知るのも良い、入門編だ。
●VUDU
Gyaoで無料視聴できたので鑑賞。かなり拾い物な名作だった。無垢そうに見える世間知らずの女の子がいかにしてガーターファッションで人前で歌うようになったかを描いている。その理由は見てもらうとしても、一種の過激さはもう後戻りはできないというがけっぷちにも比例しているのかもしれない。音楽に身を捧げ、ときに商業主義の駒になり、それでも自己表現をやめない。その先に崩壊が待っていても、止まることはしないのだった。