親愛なるきみへ / Dear John

その2週間は永遠になった

映画『親愛なるきみへ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『親愛なるきみへ』を見るなら動画リンクをチェック。

『きみに読む物語』で知られるニコラス・スパークス原作のベストセラー「きみを想う夜空に」を、名匠ラッセ・ハルストレムが映画化したラブストーリー。製作総指揮はジェレマイア・サミュエルズ、トビー・エメリッヒ、ミシェル・ワイス、タッカー・トゥーリー。ドイツ駐在の特殊部隊兵士ジョンは、アメリカ帰郷中に女子学生サバナと出会う。心がときめく愛をを全身で感じて2人はあっという間に恋に落ちるが、ジョンの仕事のために離ればなれにならざるをえなくなる。それでも愛を失うことはない。文通によって遠距離恋愛で関係を保ち続け、ジョンの除隊後に結婚を約束する2人だったが、アメリカを震撼せせる9・11の同時多発テロ事件が発生してしまう…。

原題:Dear John / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開:2011年9月23日 / 108分 / 制作:Relativity Media / 配給:プレシディオ

映画『親愛なるきみへ』予告編

(C)2010 DEAR JOHN, LLC. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『親愛なるきみへ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら前に進んで関係を深めていく二人を描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなロマンチックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを用いましょう。レンタル店でDVDを借りたりするのがいつもだという人にも耳寄りな情報です。ネット配信は想像以上に簡単で今すぐに始められる手法。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更できます。

「お金が消える…」とドヨヨーンと沈んでいるなら、気持ちを再起動しましょう。トライアルは無料ですのでその間は見るのもタダなのです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「全部が見れない見れない詐欺じゃないか」そんな疑心暗鬼もわからないでもないです。でもフル動画を保障できるので、不確かな情報を鵜呑みにせずに、整備された公式動画サービスだけを信じていましょう。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。ある専門家はこうも言っています。「違法サイトは動画をタダで見せてくれる親切なところではない。それを釣り餌にして相手の油断を誘う偽善者だ」と。出回っている所在不明な動画コンテンツは必ず何かの危険をともなうので関わらないようにしましょう。どんなにセキュアなブラウザを利用していたとしても、あなたが動画を再生したアクションによって招く危機は弾けません。

さあ、配信リストをサムネイルで眺めてみるのです。まるであなたの目前にレンタルショップが開店したような感じです。一方のデメリットほどではないにせよ、無料動画と浮かれることはできないのが、配信サービスの特定をしないとそもそも動画にはたどり着けないという問題であり、これは不可避です。「親愛なるきみへ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩んでいる時はこのページ内の中央部にある動画リンクをチェックしてください。余計なランキングサイトなどの無関係ページへのリンクが紛れ込んでいることはありませんのでご安心を。紹介している文章がどの作品もみな同じということはなく、個々の映画に合わせてのフィッティングによって質と適正を適度に維持しています。躊躇しているくらいなら試してみる方が利益があるでしょう。なにせ無料で試せるのですから、合わないならそのときはすっぱりやめればいいだけ。

海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。「日本語字幕の方がいい!いや、吹き替えこそ面白い!」そんな言い争いは置いといて、好きなように楽しめばいい話です。どちらもあるのかについては作品によって異なりますが、VODは用意済みであれば字幕&吹替双方を選択できるようになります。こだわりのある人もこれでひと安心。「親愛なるきみへ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。「こんな映画も配信されてるのか!」と予想外な発見もあるので“一覧を眺めるだけ”という楽しみ方も一興です。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「ラッセ・ハルストレム」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『親愛なるきみへ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『親愛なるきみへ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ラッセ・ハルストレム(関連作品:『HACHI 約束の犬』)
脚本:ジェイミー・リンデン
撮影:テリー・ステイシー
音楽:デボラ・ルーリー

★キャスト(キャラクター)
チャニング・テイタム(ジョン・タイリー)、アマンダ・セイフライド(サヴァンナ・リン・カーティス)、ヘンリー・トーマス(ティム・ウェドン)、スコット・ポーター(ランディ・ウェルチ)、ブリーデン・リード(アラン)

★『親愛なるきみへ』の評価

IMDbRTMETA
6.329%??
映画comY!FM
3.5???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『親愛なるきみへ』の感想

●FILMAGA
この映画でチャニング・テイタムもアマンダ・セイフライドも好きになったという人も多いのではないでしょうか。それくらい魅力的に輝いていました。チャニング・テイタムのここまで純粋なロマンス的主役キャラは最近では珍しくなりつつありますが、やはりそういう人物も似合いますね。ラブロマンス映画の代表作となるような作品でここまでの名演はさすがです。何年もたっても思い続ける愛、ベタかもしれませんが、やっぱり欠かせないですよ。
●映画無料夢心地 
恋愛映画ではありますが、テロ事件もカギとなっており、いわゆる普通のロマンスとはまた違ったエッセンスが楽しめる。兵士が休暇中だけはぐくむ愛。確かにちょっと非現実的かもしれないが、当時のアメリカの悲壮感の裏返しとして、こういう作品を求める声があったのだろうなということは容易に想像がつく。あっという間に過ぎていく2週間の恋と、会えなくなる失望感。恋愛に限らず、きっと多くのアメリカ人が抱えていた気持ちなのでしょう。
●イオンシネマ
煮え切らないけど、悪い終わり方ではないだろうという複雑な気分。メールもSNSもある時代に、手紙を送り合うという古典的なスタイルは今では懐かしいを通り越して若い人には新鮮かもしれない。アマンダの圧倒的な可愛さと、チャニングテイタムの整った顔で、かなり支えられているところもあるかな。しかし、王道なロマンスを期待していると、度肝を抜くような意表がつかれてちょっと困惑。チャラチャラした軽めの恋愛では全くないので覚悟して。