ニーナ・シモン 魂の歌

伝説の黒人女性歌手ニーナ・シモンのドキュメンタリー

映画『ニーナ・シモン 魂の歌』のフル動画を無料視聴する方法を正式オンリーでレコメンドしています! 混乱しないようにリンクはシンプルです。
今すぐ『ニーナ・シモン 魂の歌』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:What Happened, Miss Simone? / アメリカ(2015年) / 日本公開:2015年(Netflix配信) / 102分 / 制作: / 配給:

ニーナ・シモン〜魂の歌 – Netflix [HD]
動画
▼『ニーナ・シモン 魂の歌』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3【×】

VOD4【×】

VOD5【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
Netflix ▼Netflix

▼『ニーナ・シモン 魂の歌』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

他にはないものもある!
知られざる人物の裏側にある苦悩や生き様に光を当てて浮かび上がらせたドキュメンタリーはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックなドキュメンタリー作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。有名作や大作ばかりがメインではありません。中には幅広いドキュメンタリー系も完備しています。あなたの興味を持つ分野が必ず見つかると言っていいほど、充実した作品数なので、一度確認してみるといいです。

「無料」を嫌う人はいない!
動画サービスは初めてだというピカピカの1年生であれば、無料のトライアルで拍手と一緒にお祝いをしてあげましょう。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「知らない大人に話しかけられてもついていってはダメだと教わったし…」「動画は見られるという売り文句は安易に信用していいのかな」そんなお利口さんも今回は安心してください。これは公式のサービス特典。無料で気軽に自分にフィットするか試すだけ。リズ・ガルバス監督の「ニーナ・シモン 魂の歌」もアリ。

それは再生しても良いもの?
なお、巷に溢れる苦しいだけの不愉快イリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでミュージックアーティストの人生に迫る「ニーナ・シモン 魂の歌」の鑑賞はダメです。コンピュータを守るためのウイルスセキュリティ対策は完璧…そう考えていてもそれが意味を成さないことも。どうしても意味はないかもしれないです。逆にそのプログラムのせいで余計に負荷がかかってしまい、ダブルで大ダメージを与えるシチュエーションもあり、何のプラスにもならないこともあります。これらアンダーグラウンドなサイトが安全になることはあり得ないので、素直に使用をストップするのが吉です。

配信しているのはコレ!
今やDVDなどのディスク提供はすでに旧時代のモノになりつつあり、デジタルコンテンツこそがメジャーとなっています。しかし、配信中のVODの存在は五里霧中というか、とにかくわかりにくいです。サイト内で確認はできますが、数が多すぎるので追い付かないという現実的な壁にぶちあたります。音楽の魂が見えてくるような圧倒的「ニーナ・シモン 魂の歌」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの動画リンク下部にアイコン表示があるならばそれこそ配信アクセス可能なお知らせです。数が多ければ多いほど選択肢は増えます。気分でも選んでいいですし、できれば動画の有無だけでない要素も検討材料に。YouTubeは無料動画ですが、品質の低いものが雑多に混じっています。フルムビバースは不純物なしの優良動画のみをセレクトしています。「え~、なんか今は登録とかする気分じゃない」それでもOK。現時点での配信チェックをして目途をつけておくだけでも良いですし、また登録時に再確認すればいいです。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はその日のうちにページ上での取り扱いを最終確認しなくてはいけません。社会で厳しく抑圧を受けてきた人生にヒットする「ニーナ・シモン 魂の歌」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに自分のスケジュールチェックをしながら視聴するのが一番思い残すこともないセーフティな安全策です。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。この新作は以前から関心があったので忘れたくない…。配信を開始したら絶対に見よう…。そんな状況での「自分だけの見たい映画のリスト」が作れます。これでもうメモ帳にノートをとる必要はないです。「Favorite」ボタンを使って簡単に記録。登録から消すならもう一度クリックorタップするだけです。感動の声も多数な「ニーナ・シモン 魂の歌」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもまずは自分のメモリーをシステムで拡充するような方法でこの機能をフル活用してみましょう。

無料動画サイトとの違い
一般的な動画サイトの存在はいまさら言及するまでもないです。映画でも予告動画等はYouTubeにアップされるのが普通であり、とくに意識もなく使っている人もいるでしょう。登録の必要がないので気軽に再生できます。しかし、問題点も多く、例えば興味のない動画が大量にサジェストされてうざかったり、頻繁に広告が挿入されてしつこい…といったことでイライラゲージを蓄積したことはないでしょうか。VODはそのような不愉快さは完全にゼロだと自信を持って断言できます。「ニーナ・シモン 魂の歌」に最適の優良動画のみの、しかも他にもマネジメントが行き届いていてジャストなサービスなのです。

その動画サイトは使える?
評価も絶大なドキュメンタリー「ニーナ・シモン 魂の歌」を血眼になって無料で見る!と思考するのも止めません。でも良いのでしょうか。「vidoo」「vidia」「mixdrop」「cloudvideo」「clipwatching」「openload」「dailymotion」「Miomio」「Pandora」といったサイトに手を出してしまって…。無論なのですが「知らなかった」とは言わせないために明記しておきますが、そういう自由なアップロードできてしまうタイプは違法コンテンツだらけです。仮にそれらをリンクを貼って促すページがあったとしてもただちにバックしてください。動画を見たいならマシなものがあります。

『ニーナ・シモン 魂の歌』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月24日時点での『ニーナ・シモン 魂の歌』の動画配信
  • 「Netflix」です。

▼『ニーナ・シモン 魂の歌』をさらに知る

人権活動家でもあった伝説の黒人女性歌手ニーナ・シモンにスポットを当てた、Netflix製作によるドキュメンタリー。その歌は自分を変えるだけでなく、世界を変えようとした。ジャズの枠にとらわれずポップス、クラシック、ソウルなど多様なジャンルの要素を取り入れた独自の音楽で1960年代に人気を集めたシモンは、それだけで終わりにはなりたくなかった。その一方で黒人公民権運動に参加し、変革を歌うメッセージ性の高い楽曲を次々と発表する。演奏シーンやインタビューなどのアーカイブ映像、貴重な未発表音源などを散りばめながら、その激動の人生で何が起こってきたのかを振り返る。

★『ニーナ・シモン 魂の歌』のスタッフ


監督:リズ・ガルバス
撮影:イゴール・マルティノビッチ

★『ニーナ・シモン 魂の歌』のキャスト


ニーナ・シモン

★『ニーナ・シモン 魂の歌』の評価

IMDbRTMETA
7.689%??
映画comY!FM
3.8???3.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ニーナ・シモン 魂の歌』の感想

●『ニーナ・シモン 魂の歌』FILMAGA
ワンフレーズ聴いた時、心臓を掴まれたかと思った。ニーナ・シモンとの出会いはそんな感じ。深みのある声で語りかけるように弾き語る独特の彼女の世界観にどっぷりハマった。後から映像を見たとき、その堂々たる佇まいに驚いた。決して演じるでもない、媚びるでもない、生様をそのまま音楽にする揺るぎない表現者だった。鋭い視線。一瞬微笑む、そんなクールさは秘めた力強さがあった。そんな彼女のバックグラウンドを追ったドキュメンタリー。
●『ニーナ・シモン 魂の歌』シネマトゥデイ
長く愛聴しているけれど、どんな人なのか全く知らないという人は多いのではないか。だからこそ必見だ。素晴らしい。醸し出すオーラは何者も寄せ付けない。その裏には綺麗事では語れない痛い人生がある。それを理解した時、歌の本当の意味が分かる。私は音楽を表面でしか見ていなかった。そういうことか。こんな苦難が。葛藤が。自分の無知が恥ずかしい。ドキュメンタリーで明かされるのは美しい現実ではないが、でも見ないわけにはいかない。
●『ニーナ・シモン 魂の歌』ユナイテッドシネマ 
ニーナシモンの曲が大好きで前々から見たかった映画。彼女の音楽ももちろんだが、人生に重点が置かれていて、当時の差別や公民権運動が書かれていたり、彼女の苦闘がよく分かる内容だった。ニーナシモンは、自由のために歌った、誰よりも奴隷のような人生を歩んだ人。夫の、公民権運動の、そして音楽の奴隷。もし彼女がクラシックピア二ストとして生きていれば、平穏に暮らせていたと思うが、苦難と戦い続けた彼女の苦痛に満ちた人生に意味が。
●『ニーナ・シモン 魂の歌』DAILYMOTION
今でも人々の心を揺さぶる素晴らしい曲を作ったのは皮肉のように思える。たぶんそんな単純ではないのだろうけど。公民権運動に没頭していくにつれ、その鋭利な音から「楽」という要素が消えていく。それは「音楽」と呼べるのか。作中での「ain’t got no」は今まで聴いたなかで最高に心に響いたので、彼女を真の意味で向き合いたいのであれば、逃げずにこれを観るべき。きっと困惑するけど、何かを近づけた気がしてくるだろうから。