ハードコア / Hardcore Henry

画面酔いに耐え抜くエンターテイメント

映画『ハードコア』のフル動画を無料視聴する方法を、サイトをたらい回しにさせずに紹介しています。
今すぐ『ハードコア』を見るなら動画リンクをチェック。

まるでFPS(ファーストパーソン・シューティング)ゲームやアクションスターになったかのような臨場感が楽しめる、全編一人称視点という斬新な演出が冴え渡るアメリカとロシア合作によるSFノンストップ・ハード・ガンアクション。製作総指揮にはシャルト・コプリー、ウィル・スチュワート、カリーナ・シネンコ、マリヤ・ザトゥロフスカヤなどが名を連ねる。ロシア・モスクワを舞台に、瀕死の状態からサイボーグとして蘇った男と超能力を操る悪との闘いを軸に、リアルなガンアクションや格闘戦が展開する。近未来のモスクワ。ある時、身体が致命的に破壊されたヘンリーは、科学者であり妻のエステルによってサイボーグとして蘇える。それは第2の人生の始まり。しかし、エステルは超能力を持つ暴君アカンに誘拐され、ヘンリーは妻を救うため相棒ジミーとともにアカンのアジトに乗り込むが…。

原題:Hardcore Henry(「ハードコア・ヘンリー」) / 製作:ロシア・アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年4月1日 / 96分 / 制作:Huayi Brothers Pictures / 配給: / 製作費:300万ドル / 興行収入:1430万ドル

完全FPSのアクション映画『ハードコア』予告編

©2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ハードコア』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
痛快なアクション映画でスッキリした気分でリフレッシュしたい。そんな解放感を求めている人は、今すぐ動画配信サービスをチェックしましょう。あなたの見たい作品はもちろん、関連作や類似のアクション映画がいっぱい揃っています。ネット配信ですので、あなたの気になる、もしくはお気に入りのアクションシーンだけを再生することも可能。さらに無料お試しキャンペーンを活用して、映画動画を無料でお試し鑑賞もできます。もちろん、見たい作品を期間中に見尽くしたら、退会しても構いません。すぐに解約できるので安心してください。そこでどの動画配信サービスで自分の見たい作品が視聴できるのかという疑問が出てきますが、このページでは視聴可能なVODを一覧風にリストしています。配信状況は日々変化するのですが、フルムビバースでは更新を適宜行うことで、確認作業の労力を削減することができます。もし紹介しているVODの中に自分の使ったことがないものがあれば、真っ先に試してみましょう。無料映画視聴のチャンスです。

「無料」はやっぱり魅力的!
先着ではない全員サービスの特典、それが耳寄りな無料お試しトライアルという嬉しいことだらけの満腹セットです。余分なコスト浪費は少なくしたい、ガッカリな気分になりたくない。そんなユーザーにフィッティング。おカネを前にまずは無料期間でコンテンツ内部のあれこれを試しにいじってみましょう。「料金もなしに無料で動画を見るって合法的なの?」という当然の問いかけもあるでしょうが、これは公式提供なので自信をもって推奨することができます。動画は手招きしてあなたを呼んでいます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ハードコア」の鑑賞はダメです。もしそんな不正確で危険オンリーなサイトを利用している人がいるなら、ただの騙しやすい相手として利用されていることを自覚しないといけません。完全な都合のいいカモとして悪用され放題です。悪人側はほくそ笑んであなたを馬鹿にしています。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

配信しているのはコレ!
「あ~、映画館であの作品を見逃がしちゃったからな~」そう思っている時の助け舟。新作だっていつかはちゃんと配信されます。でも、警告しておきましょう。「張り切って登録したのに、映画が配信にない!」というクレームは、確認不足が原因です。登録直前の最終確認は本来は絶対に欠かせません。「ハードコア」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サポート向けに作られたこのページでは視聴可能性の高いVODをピックアップ。掲載情報がゴチャゴチャしていることはなく、アイコンですぐにわかるようになっているので、無駄な時間を浪費しません。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。なかなか新しい未知のコンテンツに手を出すのは勇気がいるかもしれませんが、利用を助けてくれる情報はネットに溢れているので怖がらなくて大丈夫です。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「ハードコア」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。理由もわからずイライラしてしまいがちですが、落ち着いて消去法でひとつひとつ対処です。まずは、無線LANから有線LANに接続して速度が改善するか確認。それで良くなったら無線環境が悪い証拠です。それでも良くならないならルーター自体が古いか、設定の問題かもしれません。

パスワードは大事
すでに諸々の注意として耳にしている人もいるかもしれませんが、アカウント乗っ取りはどんなサービスでも起きえます。VODも同じで、それ自体のセキュリティ対策は万全でも、他でパスワードが流出してそれを使われたらなすすべがありません。そこで絶対にパスの使い回しは厳禁です。たとえ安直な記号の羅列にしていなくともそのパス全部が他者に不正入手されては意味がありません。面倒かもしれませんが、個別に異なるパスを考えて厳重に活用してください。安全な「ハードコア」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

高画質で見られる?
高画質で見たくない人はいないでしょう。映像の細かい部分も視認できる解像度と発色の良さは要。映画館では施設設備によってはかなり色の再現力が劣ることもあったり、体験度が変わってきてしまうのは大きな問題点であります。VODはハイパフォーマンスな動画も健在。通信制限を気にしているならば事前に端末にダウンロードしておくことで外出先でもあまり気にせずに視聴できますので活用すると良いでしょう。再生機器に合わせた利用を心掛けておくと映画体験を上質なものに変えていけます。「ハードコア」の動画を楽しみましょう。

表現規制を避けるなら
映画ならば避けられない表現規制の映像制限。パブリックな劇場やテレビ放映ではレーティングによって表現の自由と対象への配慮の妥協点を見いだしてはいますが、それでもせっかくの作品に手が加えられ、見苦しい感じになるのは不快だという人もいます。なるべく製作陣の作りたかった、見せたかったものを味わいたいのがファンの素直な気持ち。そこで、独立系のVODであれば、かなり自由に映画を配信しているので、そんな自主規制もなんのそので、映像をノーカット・ノー編集で味わい尽くせます。

『ハードコア』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ハードコア』をさらに知る

★スタッフ
監督:イリヤ・ナイシュラー
脚本:イリヤ・ナイシュラー

★キャスト
シャールト・コプリー、ティム・ロス、ヘイリー・ベネット、ダニーラ・コズロフスキー、ウィル・スチュワート、アレクサンドル・ヤツェンコ、マーティン・クック

★『ハードコア』の評価

IMDbRTMETA
6.750%51
映画comY!FM
3.33.253.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ハードコア』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
苦手な人はものすごく酔うので人を選ぶけど、大丈夫な人は間違いなく観た方がいい。それくらいトンデモナイ映画です。映画館だと画面からは逃げられないですが、パソコンなどで視聴するときは比較的安全に見れるのでそっちのほうがいいかもしれません。酔ったら休憩すればいいので。そんな健康と五感を試された後に待っているのは、なんて無茶苦茶な映画だったんだという爽快感。最後のオチでちゃんと溜飲が下がる、いいバカ映画でした。
●シネマトゥデイ
この映画を作った人は頭オカシイ。バカ映画でしょう?と舐めている人は騙されたと思って観て欲しい。確かにこれでよく長編を作ったなという、ありえない企画設定。全編ずっと一人称。ゲームでよくみる光景を実写でやってしまったノリ。しかし、すごく良くできていて映画の全てに観客を飽きずに楽しませようという気合を感じる。単に銃をバンバン撃っているだけでなく、起承転結と緩急を意識した映像テリングの手腕が素晴らしい一作でした。
●TOHOシネマズ
これぞエンタメの究極。銃の着弾や、人の身体の破壊表現、そして第9地区で主人公ヴィカスを演じた、シャールトコプリーの見事な演技と七変化っぷりと、あらゆる楽しさが詰まっている。ハードコアな映像体験を送り届けてくれる極上の一体感。主人公目線で物語が進み、まるでゲーム、いやそれ以上。スピード感が半端なく、あっという間に90分が終わり、あまりのスピード感に観客まではぁはぁと息切れしている不思議な体験を味わえます。