ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説

古代から仕組まれた人類の滅亡

映画『ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期的にアップデートされます。
今すぐ『ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説』を見るなら動画リンクをチェック。

マーク・チャオが主演を務め、人類の存続をかけて巨大モンスターと激闘を繰り広げる様を描いたアクションアドベンジャー。人類が誰も知らなかった秘密を知った時、あなたはどうするのか。発掘調査隊のフー・バーイーらは、1万年前に地球を支配しようとした異星人が封印された宮殿「妖魔塔」を発見する。それは恐怖の禁忌の存在だった。しかし、そこで火炎コウモリの群れに襲撃された調査隊は、フー・バーイーを残して全員がどこへ行ったのかもわからない消息不明となってしまう。その恐ろしい悲劇から数年後、異星人が妖魔塔の封印を解き、再び地球支配を目論んでいるという事実を知ったフー・バーイーは、放置することもできず、人類滅亡を阻止するため立ち上がる。

原題:九層妖塔 Chronicles of the Ghostly Tribe / 製作:中国(2015年) / 日本公開:2016年8月6日 / 117分 / 制作: / 配給:

『ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説』映画オリジナル予告編

(C)2016 CHINA FILM CO., LTD. DREAM AUTHOR PICTURES (BEIJING) CO., LTD. LE VISION PICTURES (BEIJING) CO. LTD. All rights reserved


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

自由に使い放題!
映画といえばドラマチックでファンタスティックな映像大作を見たい人も多いはず。そんな需要にこたえるのが動画配信サービスです。これはネット配信なので、さまざまなメリットが山盛り。とくに嬉しいのが、ダウンロード機能。あまり知られていないのですが、この機能があるサービスでは、事前にダウンロードすることで、外出先でも通信制限を気にすることなく、Wifiのない場所でも自由に鑑賞ができ、とても便利です。

「無料」はやっぱり魅力的!
元気が出るのはこの情報を知ってから。あなたは初めての方ですか? ならば1度限りの無料トライアルをお試しあれ。無料ダウンロードとはいきませんが、無料ホームシアター・ルックな使い方で、期間を一定の間にセッティングされて、自由に映画動画を見て、機能性などを確かめることができます。「映画を観終わったら無料期間でも退会できるのかな」これは最も寄せられる質問ですが、その答えは「大丈夫なので安心してください」です。解約は登録したその日にでもできてしまうので、自由です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説」の鑑賞はダメです。インターネットの怖さを味わっていないなら、それはありがたいことです。なにせ一度被害に遭ってもそう簡単には保証もなく、警察が動くわけでもありません。つまり、自己責任になってしまいます。そうなると自力での解決は極めて困難です。あとは何も言うことはありません。ショッピングモール並みのオフィシャルな映画動画サイトは徒歩ゼロ秒です。

あなたの選択は自由!
オンラインのデジタル配信は意外にDVDよりも1か月早く先行してリリースされることもあり、最速で動画が見れたりします。しかしながら、厄介というか面倒な一面もあって、VODは幸か不幸か数が多く、どれが自分にとってのジャストマッチなのか判別しにくいです。配信作品だって変わってしまいます。「ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は早急に解決してしまいましょう。「すぐさま配信しているVODの名前が判断できるといいな」という願望を叶えるページがここです。むやみにリンクを踏みまくる必要はありません。類似サイトとの比較をするなら、このページではフェアレコメンドを最重視。特定のVODオンリーで勧誘することはせず、あくまで情報提示のみです。慣れてなくても大丈夫で、インターフェースがしっかりしているので混乱しないで済みます。見たい映画を選んで再生するだけの簡単な作業です。

配信はいつ終わる?
残念なことにこんなことは言いたくありませんが、あなたが今見ている作品もVODで常に配信されているとは限らないのです。「よし明日にしよう!」と思って後回しにすると「え、ない…」という最悪パターンを経験するかもしれません。終了という大事な切れ目はわかりにくいので、かなり把握は困難ですが、このフルムビバースでは専用ページで一覧化しており、ざっくり確認を支援しています。「ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

情報の充実度はピカイチ
数ある同類のサイトの中でもフルムビバースはその名のとおりユニバースするだけの情報量なので使い方も千差万別。ラジオ批評のリンクをまとめているので「あの人」の聴き応えのあるレビュートークもバッチリ確保。映画関連コンテンツは随時補充しており、さらなるボリュームアップも続けてしているのでまだまだ進化している真っ最中。予告PV動画を鑑賞してから映画の雰囲気をざっくりおさえておくのも良し。「ルー・チューアン」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

悪いサイトを追い出すために
各所で報道されている海賊版動画ウェブサイト。それらからのダウンロードは完全に犯罪なのですが、個人視聴は規制しづらくなかなか終息しません。「フィルタリングならブロックできるはず」というのも過信にすぎず、実際は抜け穴がたくさんあります。そんな穴を効果的に埋めるためにはVODの普及が鍵を握っているかもしれません。専門家の意見では安価で便利なサービスの浸透はユーザーの目をこちらの合法的な動画に向ける効果があり、検閲の問題を発生させることもありません。「ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説」合法視聴方法を拡散しましょう。

ホームシアターのススメ
スマホでもお手軽なので良いですが、大画面で観る方が映画は映えます。最高クラスの極上体験を追求するならホームシアター環境の実現が理想。これを経験してしまうとパソコンなどには二度と戻れなくなるかも。VODと組み合わせることで、劇場のような空間を無料で自宅に構築できるので「ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説」も最高級に。こうなってくるといかにしてそのリッチシアターを組み上げるか。無料ホームシアターとはいきませんし、コストは低いわけでもありません。でも価値はあります。大型家電店に行って実際の機器を見てイメージを膨らますのもいいでしょう。

『ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説』をさらに知る

★スタッフ
監督:ルー・チューアン
脚本:ルー・チューアン、ボビー・ロス、ニック・ロス

★キャスト(キャラクター)
マーク・チャオ(フー・バーイー)、ヤオ・チェン(ヤン・ピン)、リディアン・ボーン

★『ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
??2.962.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説』の感想

●無料ホームシアター
最後まで退屈する事なくお金の掛かった映像が楽しめます。こんなリッチな映画を作れるのは今では他に世界を見渡してもハリウッドかインド以外はもうありません。日本では資金的に困難でこういう映画は到底作れません。それから宣伝でSF風の惹起文句が踊っていますが、巻頭で異星人がやってきて妖魔塔を建てた所くらいがSF調で全体を通してみるとSFテーストは希薄です。それから出てくる怪物は「ドラゴン」ではなく「モンスター」です。
●シネマトゥデイ 
中国映画だから「ドラゴン」としたのでしょうが、なんでもドラゴンとつけるのは智恵がないですね。中国のダークファンタジーは珍しいのでぜひ見てほしい。中国らしい、とにかく派手で行こうという精神は映画に合っているし、そのぶん雑になっているものも多いが、そこも含めてこの作品世界の味になっているのだから良しです。基本はゲームみたいな幻想的フィクションありの映像作なので気軽に暇つぶし感覚で見るのが吉です。
●BILIBILI
「ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説」は、なかなかインパクトに残る映画だった。豪華な映像で綴る伝奇冒険大作としては偽りなしの映像だったと思う。中国映画のCGや特撮が本当に素晴らしかった。中国の発掘調査隊が魔界に入り込み、ほとんどの隊員が殺されてしまう。生還したのは主人公一人だったが、その後、調査隊をリードした教授とその娘らしき女性が現われる。どうも昔から魔族が人類の中に潜んでいたようだ。