ライト/オフ Lights Out

電気を消せなくなる禁断のホラー

映画『ライト/オフ』のフル動画を無料視聴する方法を、可能な限り最新情報を反映しつつ紹介しています。
今すぐ『ライト/オフ』を見るなら動画リンクをチェック。

動画サイトで合計1億5000万回再生されたという恐怖映像を、『ソウ』『死霊館』のジェームズ・ワン製作で映画化。製作総指揮はウォルター・ハマダ、デイブ・ノイスタッター、リチャード・ブレナー。暗闇に現れるという「それ」に怯える幼い弟を守るため、久しぶりに実家へ戻ったレベッカ。その常識の通用しない恐怖の存在に対抗するには勇気だけでは不可能。たくさんのライトを準備して来たるべく夜に備えるが、次々と明かりが消え、暗闇から「それ」がレベッカたちを執拗に狙っていた。それは未知の恐怖との戦いの始まりだった。

原題:Lights Out(「ライトオフ」) / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年8月27日 / 81分 / 制作:New Line Cinema / 配給:ワーナー・ブラザース

「ライト/オフ」予告編
Go Behind the Scenes of Lights Out (2016)

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『ライト/オフ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

怖さを体感するなら!
日常を恐怖に塗り替えていく戦慄のホラー映画は新しい刺激を欲しい人にはうってつけの素材です。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が利用経験ありという統計もあり、すでにレンタル店でDVDを借りる以上に普及の勢いが増しています。ネット上のサービスなので制限もあまりなく、視聴スタイルを変更できるのも大きなメリットです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今すぐお金を工面できないし…」とモヤモヤしているなら、フリー体験で最初の導入を助けてくれるので初めは安心です。「あ~しばらくは無料になってカネなしでOKにならないかな」そんな要望にバシッとお答え。動画も無料になってしまうミラクルな期間が初めての利用者のみ提供される無料動画テクニックです。「無料であるなら悪い気はしないけど、本当ならいつまで?」と謎に思っているなら、具体的な時間も提示されています。多くは約1か月、短くとも2週間と考えてください。長さは余裕です。「ライト/オフ」も配信後すぐ。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ライト/オフ」の視聴はダメです。「動画が見れるからいいや」なんて淡い期待で手を出すつもりならそれは大きく裏切られます。再生なんてろくにスムーズにいかず、広告が映像の邪魔をしてきます。それを閉じようとしても不快な別ページに飛ばされてしまい、戻ることもできません。これだけ危ないとわかっているなら利用する方が愚かです。人生をクラッシュさせたくなければ道はひとつです。

いちはやくウォッチ!
このページを見ている時点で「見たい」というボルテージは高いと思いますが、コンテンツを眺めればその感情は倍増します。しかし、映画会社から携帯会社、TV企業、独立系企業など多様なサービス・プレゼンターがそれぞれのVODを展開していることもあり、まさに十人十色の幅広さです。「ライト/オフ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらのページはよくありがちな雑な動画リンク集ではありません。ユーザー側をたらい回しにすることなく、見られる確率の高いサービスを推奨していますので、アイコンに注目です。今日の状態の把握はさすがに反映しきれませんが(サイトが重くなるので)、可能な限りの情報更新をするので、配信を追いかけやすいです。ネットだけでなく劇場の大きなシアターでも映画を鑑賞するならば、シネコンの利用がお得になるサービスをセレクトするのが最善の近道です。

字幕・吹替、選択は自由
日本映画よりも圧倒的に海外映画を観る機会が多い人もいるでしょう。そこで話題になるのが「字幕or吹替」の選択問題。双方ともに揃っている場合はどちらが良いのか。完全な好みの判断ですが、これは譲れないという人もいるはず。また、意外な活用方法もあって、英語音声&英語字幕で語学勉強に駆使すれば、リスニング教材に早変わりします。VODの中にはこんなことも可能なものも。「ライト/オフ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「子どもに見せられない作品が表示されたら、どうしよう?」という問題です。しかし、その点は親切機能でカバーできます。ファミリーアカウントを活用すれば、R指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示しないことも可能。また、複数アカウントで同時再生できるので、ひとりはスマートフォンで、もうひとりはノートパソコンで、別のひとりは大型テレビで、同時に別作品を鑑賞もできます。喧嘩もせずに平和に楽しみを分かち合いましょう。

高画質で見られる?
高画質で見たくない人はいないでしょう。映像の細かい部分も視認できる解像度と発色の良さは要。映画館では施設設備によってはかなり色の再現力が劣ることもあったり、体験度が変わってきてしまうのは大きな問題点であります。VODはハイパフォーマンスな動画も健在。通信制限を気にしているならば事前に端末にダウンロードしておくことで外出先でもあまり気にせずに視聴できますので活用すると良いでしょう。再生機器に合わせた利用を心掛けておくと映画体験を上質なものに変えていけます。「ライト/オフ」の動画を楽しみましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ライト/オフ」の視聴をして「ああ~、満腹満腹」と自己満足に浸っているのもいいのですが、少しSNSに手を伸ばしてみませんか。というのも今はネットで評判が拡散することで話題が生まれ、視聴者もアップするという時代です。あなたのコメントでも反響が起きるかもしれませんし、意外なバズりを見せるかも。文章力や絵(イラスト)に自信があるなら頑張ってみては? 一言でもツイートするだけでも違います。

『ライト/オフ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ライト/オフ』をさらに知る

★スタッフ
監督:デビッド・F・サンドバーグ(関連作品:『アナベル 死霊人形の誕生』)
製作:ジェームズ・ワン、ローレンス・グレイ、エリック・ハイセラー
脚本:エリック・ハイセラー
撮影:マーク・スパイサー
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ

★キャスト
テリーサ・パーマー、ガブリエル・ベイトマン、ビリー・バーク、アレクサンダー・ディペルシア、マリア・ベロ、ロッタ・ロステン

★『ライト/オフ』の評価

IMDbRTMETA
6.377%??
映画comY!FM
3.4???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ライト/オフ』の感想

●映画無料夢心地
長編化のきっかけになった動画も相当コワかったが、本作はちゃんとパワーアップしてるのがスゴイ。始めにいっておくけど、ガチで怖いので苦手な人は要注意。そして副作用としてひとりで夜を過ごせなくなります。また、あなたはきっと電気代が節約できなくなることで光熱費の上昇が考えられます。お気をつけて。逆に最高の環境で楽しみたいのなら、部屋を真っ暗にして一切の邪魔を無くしてひとりで鑑賞しましょう。地獄のスタートです。
●FANDANGONOW
正直短編だけでこのアイデアは終わりだと思っていたので、なるほど!そんな見せ方があるか!と驚きの連続だった。ジェームズ・ワンがプロデュースし、新進気鋭のデヴィッド・F・サンドバーグが監督業を担うというチーム構成だが、見事。もうこのメンバーであれば怖いものなしでしょう。序盤の電気オンオフも次にどうなるかある程度予想は出来るのに、突然現れるとやっぱり驚いてしまうのは、人間が本能的に持つ暗闇への怖さですね。