ジョン・ラーベ 南京のシンドラー

南京を救うために立ち上がった

映画『ジョン・ラーベ 南京のシンドラー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アップデートし続ける動画情報に注目。
今すぐ『ジョン・ラーベ 南京のシンドラー』を見るなら動画リンクをチェック。

シーメンス中国支社長・ナチス党員で、1937年の日本軍による南京事件にあたって現地民の保護に尽力したとされるジョン・ラーベの日記を元に映画化。製作はベンヤミン・ヘルマン、ミシャ・ホフマン、ヤン・モイト。誰も知らなかった歴史の闇に埋もれた人間の功績がここにある。

原題:John Rabe / 製作:ドイツ・フランス・中国(2009年) / 日本公開:2014年5月17日 / 134分 / 制作: / 配給:

【予告編】映画「ジョン・ラーベ ~南京のシンドラー~」7.20大上映会

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『ジョン・ラーベ 南京のシンドラー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

様々な葛藤や苦悩を抱えて激動の時代の中で自分の意志を貫いた人物にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるよりもネット配信の方が早いのはひとつの事実。なのでパッケージディスクを手にする前に事前にしっかり下調べしておいて、ウェブサイトにアクセスするのを先決にしましょう。

動画サービスは初めてだというピカピカの1年生であれば、無料のトライアルで拍手と一緒にお祝いをしてあげましょう。たいして難しい計算ではないですが、劇場の映画代は1700円~1800円、高いとそれ以上します。でもVODはその1回分の料金で映画を無数に見られるのです。最高ではないでしょうか。「知らない大人に話しかけられてもついていってはダメだと教わったし…」そんなお利口さんも今回は安心してください。これは公式のサービス特典。無料で気軽に自分にフィットするか試すだけ。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。ウェブページは動画系であれば必ずそこが信用可能かの判断が必須です。無法サイトを紹介するものはすべからく危ないと断言できます。

「え、あの作品もこの作品も配信されているの? だったらやるしかない!」知れば知るほど迷いは消えていきます。しかし、少し一考を。月に叢雲、花に風。予想外の邪魔な落とし穴があるかも。それが今の配信状況のチェックです。これをスルーすると登録の意味すらもない事態に。「ジョン・ラーベ 南京のシンドラー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの動画リンク下部にアイコン表示があるならばそれこそ配信アクセス可能なお知らせです。数が多ければ多いほど選択肢は増えます。気分でも選んでいいですし、できれば動画の有無だけでない要素も検討材料に。適宜更新を取り柄とするフルムビバースは情報がアップデートされていくので、配信の変化に追いつきやすく、見逃しを抑えられます。なお、最終的な配信状態は当日しかわからないものなので、登録前にラストとして公式サイトで目視しておくのを忘れずに。

絶対に記憶必須なのが無料お試し期間がどれくらいなのかというタイムスケール。例として、登録した日から1か月という場合と、登録した日の月の月末という場合があり、これは似て非なる全く別のものです。後者であれば上手く登録日を考えないと最悪2~3日ということになりかねないので、大事な無料体験期間が無意味に大幅に減って「ウルリッヒ・トゥクール」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一般的に認知されているフィルタリングという手法がありますが、これであれば特定のリストアップされたサイトをブロックできます。しかし、防げるのはほんの一部に過ぎないので抜け穴だらけです。最も大事なのは適切なサービスをクローズアップして、何よりも目立つ存在にさせること。正規のものにスポットライトをあてることで困っている動画業界を支援もできるので「ジョン・ラーベ 南京のシンドラー」合法視聴方法を拡散しましょう。

『ジョン・ラーベ 南京のシンドラー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ジョン・ラーベ 南京のシンドラー』をさらに知る

★スタッフ
監督:フロリアン・ガレンベルガー
脚本:フロリアン・ガレンベルガー
撮影:ユルゲン・ユルゲス
音楽:アネッテ・フォックス

★キャスト
ウルリッヒ・トゥクール、ダニエル・ブリュール、スティーブ・ブシェーミ、アンヌ・コンシニ、ダグマー・マンツェル、チャン・チンチュー、ショーン・ロートン、杉本哲太、柄本明

★『ジョン・ラーベ 南京のシンドラー』の評価

IMDbRTMETA
7.276%??
映画comY!FM
?????3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ジョン・ラーベ 南京のシンドラー』の感想

●映画無料夢心地
タイトルのとおり南京大虐殺を描いた映画。ジョン・ラーベという人物は巨大複合企業シーメンス社の南京支社長を務めた人物で、ナチ党員だった。この映画はまだニュートラルな視点から日本軍の行ったことを抑え目に描いているというけれど、見終わった後は言葉を失うくらいの衝撃だった。でもとっつきにくい歴史映画というよりは、ジョン・ラーベを中心とするの人々の人間関係や心の葛藤も丁寧に描いていて感情移入しやすいと思う。
●シネマトゥデイ  
とにかく見てよかった。あまりに多くの人々が殺されていくシーンの連続に、いたたまれない。同時になんとも嫌な気分にもなる。加害側の同国人として目をそらしたい自分がいる。これ自体が議論を呼ぶのわかるし、それは当然だ。だからこそこの作品はしっかり認められるべきだし、ましてや否定されていいものではない。自由に映画が語ることが許されることが本当に言論の自由だし、それについて好きなようにコメントするのも自由なのだから。
●BILIBILI 
こんなにも気持ちがざわつく映画だったとは。劇中では特にナチの旗が南京の市民を救ったシーンが象徴的だった。香川照之や柄本明、杉本哲太など豪華な日本人キャストたちの覚悟も感じられる映画だった 映画だけに限ったことではないけど、改めて史実を伝えるものが現代にとっていかに重要かがわかったし、観て知らなければいけないと思いました。史実とは身もふたもなく、時に残酷だ。ジョン・ラーベの人生は最後まで戦争に翻弄される。
●FANDANGONOW 
日本人が見るべき戦争映画は本作なのだろう。日本軍を悪く描いているとしても、それで目をそらす理由にはならないし、そんなので見向きもしないのは世界から逃げているように見える。正々堂々と議論することがどれだけ大事なのか、あなたは知るべきだ。監督は「勘違いしないでください。私は日本が大好きです。今日のような上映の機会を設けていただき嬉しく思います」と言っていた。これぞ大人であり、映画クリエーターとして礼儀のある才だ。