ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート

老舗デパートの秘密に迫るドキュメンタリー

映画『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトやランキングサイトなどの悪質広告は皆無です。
今すぐ『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』を見るなら動画リンクをチェック。

米ニューヨークの老舗デパート「バーグドルフ・グッドマン」の裏側にカメラを向け、創業者の思いや伝統を支える人々のドラマに迫ったドキュメンタリー。1901年にオープンした創業112年の格式高いデパートとして知られ、ブランドショップが多く立ち並ぶマンハッタン5番街に建つバーグドルフ・グッドマン。新人デザイナーの発掘や、芸術的なウィンドウディスプレイなど、常に斬新なアイデアで世間の注目を浴びてファッション業界をリードしてきた。カール・ラガーフェルドやクリスチャン・ルブタン、マーク・ジェイコブスら一流のファッションデザイナーたちが、伝統と革新さを兼ね備えた装飾健美な至高の世界を構築するバーグドルフ・グッドマンについて語りながら、一流デザイナーへの登竜門でもあり、モデルやセレブたちを魅了する世界一のデパートの裏側に迫る。

原題:Scatter My Ashes at Bergdorf’s / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2013年10月26日 / 94分 / 制作: / 配給:ショウゲート

ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート

(C)2012 BG PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ビギナーズ・ラックです!
世の中のいろいろな問題を表に描いたドキュメンタリーはそれだけで興味関心を惹きつけられます。そんなユニークで面白い作品をお得に観るなら、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信といえば大作ばかりがどうしても目立ってしまいますが、実はドキュメンタリーもかなり充実しています。必ず自分の関心のある作品が見つかるので、ちょっと時間のあいたすきに見るのもいいですし、いつでもタイミングを合わせることもできます。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、VODに関しては若輩者なあなたでも初回無料トライアルがあるので挫けることは全くなしです。この耳よりな情報は噛み砕いて言えば「本来は有料のサービスを一定期間は無料にします」というタダより嬉しいものはないメリットだらけのものです。「映画はフルでないと話にならないのだけど」そんな要望にも難なくお答え。お試しだからと何かの視聴制限がかけられることはないので、本来のフルクオリティで欠落もなく、映画全編を完璧に楽しめます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート」の鑑賞はダメです。「どんな危険があるの? たいしたことはないでしょ?」そういう油断は命取り。個人情報が盗まれたり、スマホがのっとられたり、そうなってしまえば人生に大きなダメージをもたらします。たかが違法動画サイトでも底なしに恐ろしいのです。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

あなたの選択は自由!
作品がネットサービス上での配信が始まると、VODでも取り扱いが連動して始まるものです(まれに先行する場合も)。でも、ここで油断はしてはいけません。「登録してみたものの、見たい映画がないのだけど!」というトラブルは困りもの。それはなんとしても防ぎたいです。「ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページの出番です。あなたの視聴した作品が配信されているものをリストアップ。ただの情報の羅列だけではなく、アイコンでの視覚的な紹介もプラスしています。他サイトでは特定のサービスを勧めるだけで、配信状況をリアルタイムで更新しません。でもフルムビバースはそこも対応。最もグッドタイミングなのはレコメンド中のサービスの中に自分が触ったことのないものがある状況。そうであれば無料視聴もあと一歩です。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート」を見たい気持ちをまずは抑え、ペイメント方法を選択しないといけません。原則はクレジットカードであり、これが個人証明にもなっています(ユーザーの重複登録を防止するのに機能しています)。VODによってはユーザー利用のキャリア決済をセレクトできるものもあるので要検討です。クレジットカードを1枚も保持していない人でも諦めることはなく、代替手段も用意されています。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、これが意外に難しいもので、網羅的にスケジュール化されたものがオープンになっているわけではありません。たいていの場合は「あれ、いつのまに配信が終わっている…」という喪失感に浸る事態になることも。明確に判断しづらいですが、当サイトでは公表されている日時を一覧にまとめたページを用意しています。「ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

邪魔な広告は無し!
巷に溢れる非公式なサイトでは、大量の広告バナーをあちこちに並べているものがいっぱいありますが、運営上の収益として必要というのはわかるとしても、なるべく画面は綺麗にスッキリしてある方が良いに決まっています。フルムビバースはそうしたユーザーの需要に応えるために身を削りながら、見やすさを保証し、「ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート」視聴を妨げません。公に発表されている業界団体が定めた決まりに準拠しないウェブサーフィングを妨害するユーザーフレンドリーではない広告は一切利用を停止しています。そのため圧倒的に広告量も少なめです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート」は? そこまで極端に難解ではないですが、全く慣れていない人間にとってはわかりにくさもあります。基本の考えは、お試し期間中は「月額料金」が発生しないということ。見放題系のサービスならオール無料でこれ以上迷いませんが、個別で購入可能なサービスならば登録時に貰えるポイントをオーバーして作品を視聴するとその分が有料となります。この部分を正確に把握しておかないと、無料と有料の差が判別できなくなるので、お忘れなく。

『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』もしくは関連作の無料動画を見つけるには上記のリンクへ

▼『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』をさらに知る

★スタッフ
監督:マシュー・ミーレー
脚本:マシュー・ミーレー
撮影:ジャスティン・ベア
音楽:アンソニー・ローマン、ライラ・ウィルソン

★キャスト
カール・ラガーフェルド、クリスチャン・ルブタン、マーク・ジェイコブス、トム・フォード、トリ・バーチ、ジョルジオ・アルマーニ

★『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』の評価

IMDbRTMETA
6.2??%??
映画comY!FM
?????3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』の感想

●映画無料夢心地 
デパートのドキュメンタリーというのにも驚愕だが、その中身も驚き。カールラガーフェルドや、ジェイソンウーなど数々の著名なデザイナーによっていかにバーグドルフグッドマンが、デザイナーにとって憧れの存在かがアツく語られる。それだけでなく、建築としての価値や働く人々のポリシー、そして販売員の年収まで飛び出す、赤裸々トーク。やや美化されすぎな広告的な匂いはあるが、商業施設なのでそこはしょうがない部分もあるだろう。
●ユナイテッドシネマ  
ショッピングの時やショーウィンドウを眺める時の高揚感は誰もが味わったことがあると思いますが、こんな裏側があるのか。この作品はニューヨークのあるデパートの話ですが、きっと日本の数多くのデパートも同じようなドラマもあるのではないでしょうか。移民であったバーグドルフが店を開いた経緯からも、アメリカの文化は移民が作り上げたのだなと痛感。ちなみにこのデパートは1972年に売却され経営者が変わったようです。時代の鏡ですね。
●DAILYMOTION 
様々なバーグドルフ関係者のインタビューが、ショーウィンドウのように綺麗に陳列されたフィルム。ストーリーの流れらしきものは基本はないですが、ホリデーウィークのウィンドウシーンだけでも一見の価値あり。「高級デパートは人々に夢を与え、もっと上に行きたいと思わせるために必要な存在。アメリカン・ドリームの象徴。夢を叶えたい人は行くべき」この言葉のとおり、日本のデパートもそういう側面が確かにあったよなと思い出すのでした。