デスノート Light up the NEW world

今度のデスノートは6冊

映画『デスノート Light up the NEW world』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不利益しかないサイトは紹介していません。
今すぐ『デスノート Light up the NEW world』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:デスノート Light up the NEW world / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年10月29日 / 135分 / 制作:日活、ジャンゴフィルム / 配給:ワーナー・ブラザース

映画『デスノート Light up the NEW world』特報

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】ポイント動画
VOD2【Hulu】良質環境
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『デスノート Light up the NEW world』の無料動画を見る方法

根強いファンに支えられている人気作の映画化はそれだけで注目を集めやすいものです。そんな話題のサスペンスを満喫するなら、動画配信サービスを利用するのが良いでしょう。ネット配信ならレンタル店でDVDを借りる以上に簡単に、シリーズものを追いかけることもできます。家にパソコンやテレビがない人も安心です。スマホで視聴できるので、お手持ちのAndroidやiPhoneを使って、ちょっとした時間のあいた隙に視聴するのもOKです。

「ずっと月額を払えるかな」と少し憂慮しているのならば、まずがお試しの無料体験で当面の危惧はなくすことができます。利用した後に好みに合わないことが発覚しても嫌なものですが、多数のサービスを無料範囲内でお試しすることで「これはOK。これはまあまあ」と採点しながら自分なりの比較もできます。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。「デスノート Light up the NEW world」もアリ。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「デスノート Light up the NEW world」の再生はダメです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あとあとで引き返せない自滅をしてしまう前に、最初の時点から正規サービスを選択しておけば何も問題なし。

「友達にこれがいいとプッシュされていた作品をいい加減に見てようか」そんなタイミングにピッタリとフィット。ただし、すんなり登録して動画鑑賞で大満足!というシンプルな着地をさせてくれないVOD。その前の準備運動ならぬ配信動画の特定作業が必要です。「デスノート Light up the NEW world」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも足踏みしていても意味がないです。このページを使って新しい扉を開きましょう。アイコン表示サービスがこの作品を配信するVODです。情報は今の時点ではないですが、役に立つのは確か。類似した映画関連ウェブサイトは諸々ありますが、フルムビバースは更新頻度と対応情報の充実さで一歩前を進んでいます。新作はできれば映画館での鑑賞で爆音上映とか4DXとか最高体験をしたい…そういう要望ならばVODはサポート可能なものもあるので要注目です。

最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「デスノート Light up the NEW world」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。クレカ以外の方法はないのかと知りたい人もいるはずです。Vプリカなどのプリペイド型は、ほとんどのサービスで使用不可の扱いを受けています(個人確認ができないため)。最も有効な代替手段はキャリア決済の活用。月々のスマホ料金等の支払いと一緒に済ませられます。なお、一度すでに登録済みのカードでは初回限定の無料お試しは受けられないので事前にしっかり確認しましょう。

『デスノート Light up the NEW world』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『デスノート Light up the NEW world』をさらに知る

人気コミックを実写映画化した大ヒット作「デスノート」シリーズの続編。エグゼクティブプロデューサーは門屋大輔、プロデューサーは田中正、飯塚信弘、佐藤譲。名前を書かれた人間は必ず死亡する「デスノート」によって凶悪犯や関係者たちを次々と死に追いやった「キラ」こと夜神月と、世界的名探偵「L」の壮絶な頭脳戦から10年。あれから一応は独裁的な死の制裁は消えたが、危険は消えたわけではない。そして、案の定、死神が人間界に再びデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥った。かつて夜神総一郎が立ち上げたデスノート対策本部では、キラ事件に精通した三島をはじめとする特別チームの捜査官たちが、再び起こった恐怖の殺戮の真相を解明するべく奔走していた。このままでは死者が闇雲に増えていくばかり。やがて「Lの正統な後継者」である私立探偵・竜崎が捜査に参加し、人間界に6冊のデスノートが存在していることを突きとめる。

★スタッフ
監督:佐藤信介(関連作品:『アイアムアヒーロー』)
脚本:真野勝成
音楽:やまだ豊
主題歌:安室奈美恵

★キャスト
東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈、戸田恵梨香、藤井美菜、中村獅童、船越英一郎、沢城みゆき、松山ケンイチ、藤原竜也

★インタビュー
・東出昌大「撮影時にはオチが2パターンあった」

★雑学(トリビア)
・動画配信サービス「Hulu」にてオリジナルのスピンオフドラマ『デスノート NEW GENERATION』が2016年9月より配信された。

★『デスノート Light up the NEW world』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.72.682.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『デスノート Light up the NEW world』の感想

●無料ホームシアター 
デスノートの数が一気に増えてどういう展開になるのか何が何だかわからない感じがハラハラしました。始まりがクライマックスで一気に世界が混乱に包まれていく不穏感はシリーズ一番の出来栄え。とくに今回は世界規模になっている。本当はもう少しスケールを大きくしてほしいけど、それは無理だったのもわかる。これが邦画の限界。それでも凄いものを見せたいという気合が伝わってきた。地獄のように死んでいく人の姿はテロのようで恐ろしい。
●FILMAGA 
計画通り。頭脳戦とはこういうことを言うのだ。誰でもこの映画がデスノートを保有した者同士のかつてない乱戦が見られると思ったはずだ。ニューワールドと言うからには全く新しい展開だって期待する。しかし、それがすでに罠なのだ。これは過去作の清算だ。全てがテンプレを10回以上なぞることを目的にしている。なので、観客はこのトリックに気づいたときにはもう席を立てない。もうここまで見た限り、中断することはできないのが宿命だ。
●BILIBILI  
ミサミサのラストは映画版の世界戦ではこれで決着がついたのだろうか。なんだかあっさり終わったけど、もっと隠してもいい秘密の要素もあってもいいのに。池松壮亮と菅田将暉の演技は迫力あっていいし、人気作の映画化の久しぶりの続編としては上出来。しかし、びっくりしたが、これを初の実写映画化作品だと勘違いしている若い人もいた。あの過去作は忘れ去られたようだ。せめてテレビで盛んに事前に放映しておけばもっと良かったのに。