ダイアリー・オブ・ザ・デッド

世界の終わり、生き残れるか

映画『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アップデートし続ける動画情報に注目。
今すぐ『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』を見るなら動画リンクをチェック。

“ゾンビ映画の父”ジョージ・A・ロメロ監督が、主観撮影法を用いて描く新たなゾンビ映画。いつでもどこでもあの存在は襲ってくる。山奥でホラー映画を撮影していた学生たちは、ラジオで“世界各地で死者が蘇り、人々を襲っている”という報道を聞く。もしそれが事実ならば、確認すのはもちろん映像におさめないわけにはいかない。彼らは真実を残すため、カメラで惨劇の記録を試みるが…。

原題:Diary of the Dead / 製作:アメリカ(2007年) / 日本公開:2008年11月15日 / 95分 / 制作: / 配給:プレシディオ

映画「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

自由に使い放題!
退屈な日常を変えたいのならばホラーやスリラーでガラリと味付けするのも楽しいものです。そんなスリル満載の作品をたっぷり鑑賞するなら、動画配信サービスを利用するのが良いです。同じようなジャンルの映画を検索して、連続してどんどん鑑賞するのも容易なので、固定のファンにであればあるほど便利に活用することができます。ネット配信ならば、スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由に視聴で観られるのもメリットです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今、いくらだせるかな」そんなことを考えなくてもいいです。トライアルで無料期間があるのでとりあえず気にせずOK。無料ダウンロードとはいきませんが、無料ホームシアター・ルックな使い方で、期間を一定の間にセッティングされて、自由に映画動画を見て、機能性などを確かめることができます。「無料であるなら悪い気はしないけど、本当ならいつまで?」と謎に思っているなら、具体的な時間も提示されています。多くは約1か月、短くとも2週間と考えてください。長さは余裕です。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」の視聴はダメです。あなたがもしそのようなウェブサイトで動画を観れたとしても、その裏では予期せぬ企みが進んでいます。モニタリングしてみるとわかりますがCPUを大量に消費するプログラムが動作していることが確認でき、当然のようにそれは機器の負荷となって故障の原因にもなります。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

使うべきはどれ?
「関心を持っている映画があちらこちらにあるので前から気になってたのよね」それならばもう気に悩むことはないです。百聞は一見に如かずなので試したいのはやまやまなのですが、しかし、その手がピタッと止まってしまう要因になるのがVODのあまりの種類の多さです。選ばないといけません。「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。明確なヒントもなく動画を探しまわるのは時間だけが意味もなく過ぎてしまいます。いい加減に疲れるのでもっとスッキリしたいものです。このページさえあれば疑問も吹き飛ばせます。映画の始まりのオープニングから最後の余韻が残るエンディングまで、フル動画をたっぷり満喫できるのがVODの素晴らしさ。あなただけの無料動画ホームシアターを家に構築してみませんか。このVODはその大いなる道の最初の記念すべき一歩になるかもしれません。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」でもあります。自宅でテレビ鑑賞するならば、そのテレビが対応機種か確認(各メーカーのサイトや取扱説明書を要チェック)。お手持ちのパソコン鑑賞なら、たいていのウェブブラウザに対応済み。EdgeやChromeなど既存のもので万事OK。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

悪いサイトを追い出すために
世界中のインターネットのダークな一面を象徴する海賊版動画の存在は、消しても消えないしつこさです。この効果的な業界の健全化の役割を担うと期待されているのがVOD。専門的な認識では、フィルタリングやサイトブロッキングなどの手段ではその場しのぎにしかならず、それよりも安価で使いやすいサービスを広める方が悪質な動画を駆逐することができると言われています。VODは見事にその効果を発揮しつつあり、これからもより多くの人に紹介していけばプラス効果となるので「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」合法視聴方法を拡散しましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」を観終わって解約するのもアリ。考えすぎかもしれませんが、解約が難しかったら…との心配を抱く人は結構います。世の中にはそういう悪質性のあるものが存在するのも確かです。でもVODはそこの件に関してはしっかりしており、全行程の作業は1分くらいで済みます。解約ページにたどりつき、「契約解除」の手続きに進んでください。クリックorタップするのみです。電話や本人認証の複雑なステップは必要ないので、退会するのに数週間かかることはなく、テキパキと完了させることができます。

表現規制を避けるなら
表現の規制はやむを得ない場合もあります。どうしても子どもには見せられない映像はありますし、それを避けるのは教育的にも必須。一方で全部が子ども向けになるのは困るので、なんとかバランスをとりたいところです。VODは基本的な制約はないので、割と暴力的な内容でもセクシャルな描写でも遠慮なく規制なしでぶっこんでくれるという、産地直送・添加物なしの提供をしてくれることが多いです。もちろんレーティングで作品は分類されていますから、しっかり事前に対応しながらの付き合いができます。「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」も規制なしでどうぞ。

『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョージ・A・ロメロ
脚本:ジョージ・A・ロメロ
撮影:アダム・スウィカ
音楽:ノーマン・オレンスタイン

★キャスト
ミシェル・モーガン、ジョシュア・クローズ、ショーン・ロバーツ、アラン・バン・スプラング、エイミー・ラロンド、スコット・ウェントワース、フィリップ・リッチョ、クリス・ヴァイオレット

★『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の評価

IMDbRTMETA
5.761%??
映画comY!FM
?????3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の感想

●FILMAGA  
老いてもなお、ゾンビ映画を中心に映画を作り続ける巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督作品。近年、ほとんどのゾンビが劇中で走り回るなか、未だにノロノロと歩く昔ながらのゾンビを描く監督ですが、撮影方法は主観撮影でした。初めはロメロも時代に乗ったかと安易に考えていましたが、観賞してみると登場人物も若い世代の人間であったりネットを活用する場面もあったりするのでこれはロメロなりにネット社会に警鐘を鳴らしているのではとも。
●シネマトゥデイ 
メッセージ性の強さは感じたものの、ロメロ監督作なので独創性たっぷりのストーリーも期待したのですが、思っていたほど面白く感じませんでした。それでもロメロの考えはちゃんと映像にもあって、良く伝わるので、今後も彼の最新作は手元に置いておこうという気持ちになります。映像の派手さを全面に押し出す昨今のベタなホラーとは違い、皮肉などを含めた説教臭いホラーはやっぱりロメロならではの独特のタッチな世界ではないかと思います。
●ユナイテッドシネマ 
ゾンビ映画の中で僕は一番好きな作品になりました。カメラアングルがとても良い。ゾンビを倒す時は本当に笑える。これからもジョージ・A・ロメロ監督にゾンビ映画を作り続けてほしい。ロメロのゾンビは昔ながらの普通のゾンビ、それがまた懐かしくもありで良い。スプラッター描写は少なくハンディーカムの映像から見せる恐怖描写に徹しているのは、やはりこの巨匠もいまだに映画自体をとりあえず予算をツッコめばいいとは思っていない証拠。
●イオンシネマ
ロメロファンとしては観賞せねばという気持ちが先走ることはあるけど、それだけでは映画にはついていけないことが多い。今作なんてとくにそうで、ロメロの名前も知らない一般人が見てしまったら、なんだこの凡作はと怒り心頭だろう。しかし、これはあのロメロなのだから、単純なホラー以上に裏側に絶対に意味を込める。それだけにそこにどれだけ迫れるかが大事だ。しかし、今ではない創造主はこの世にいない。私たちは空想するしかないのだ。