メカニック ワールドミッション

シリーズ第2弾。殺し屋ビショップ、次は世界で大暴れ

映画『メカニック ワールドミッション』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! すぐに動画サイトが特定できます。
今すぐ『メカニック ワールドミッション』を見るなら動画リンクをチェック。

ジェイソン・ステイサム主演で、1972年公開のチャールズ・ブロンソン主演の同名アクションスリラーをリメイクした『メカニック』の続編。鍛え上げられた肉体と頭脳を駆使し、精密機械のように暗殺任務を遂行することから「メカニック」と呼ばれる殺し屋ビショップをステイサムが再び演じた。製作総指揮にはアビ・ラーナー、ブライアン・プレスリー、トレバー・ショート、マーク・ギルなどが名を連ねる。殺し屋稼業から足を洗い、平穏に暮らしていたビショップ。しかし、そんなことは長続きするわけもなかった。平穏に暮らそうとする彼の前に、幼い頃に共に暗殺者として育て上げられ、ビショップを裏切っていった兄弟子クレインが現れ、世界を裏で操るフィクサーでもある武器商人の暗殺を依頼してくる。その代償は大きく、とんでもない事態になるのは避けられない。最初はその危険でリスクが高すぎる依頼を断ったビショップだったが、クレインに人質を取られ、無視できない状況になり、やむなく再び暗殺を遂行することになるが…。

原題:Mechanic: Resurrection(「メカニック2」) / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年9月24日 / 98分 / 制作:Davis Films、Chartoff-Winkler / 配給:ショウゲート / 製作費:4000万ドル / 興行収入:9000万ドル / 前作:『メカニック

映画『メカニック:ワールドミッション』特報

(C)ME2 Productions, Inc. 2016


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『メカニック ワールドミッション』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
単純明快な楽しみ方のできるエンターテインメントはそれだけで見ごたえがあります。そんなアクション満載の映画をお得に観るなら、動画配信サービスを上手く用いるのが良いです。シリーズものを追いかけやすいですし、出演している俳優の関連作を調べて連続して視聴することもできます。画質も心配なし。DVDと遜色のないハイクオリティな映像を思う存分に楽しめ、かつスマホも利用できるので、人によってはそちらで視聴するのもOKです。

「無料」を嫌う人はいない!
動画サービスは初めてだというピカピカの1年生であれば、無料のトライアルで拍手と一緒にお祝いをしてあげましょう。初心者というターゲットに限定されていますが、基本はみんなに舞い込んでくるチャンスなので、これを知らずにスルーしてしまうのはあまりにもお得な機会を損しているだけです。「一度登録すると解約できない状況に陥るのでは?」と訝しむ人も落ち着いて。解約は登録よりも少ない作業で済みます。それこそ思いついたときに実行可能で、解約を忘れてもすぐできます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは問題外です。それで「メカニック ワールドミッション」の鑑賞はダメです。危険をもたらす手口は巧妙。メールアドレスを入手し、ランサムウェアで乗っ取り要求したり、リモートデスクトッププロトコルで機器自体を支配下に置いたり、ソフトウェアの脆弱性を巧みに突いたり、ただの動画視聴が引き金になることもあり得ます。カメラをハッキングされて自分が動画を見ている姿の動画を逆に撮影されてしまえば一生の恥になるのは想像できるでしょう。

配信しているのはコレ!
「あ~、映画館であの作品を見逃がしちゃったからな~」そう思っている時の助け舟。新作だっていつかはちゃんと配信されます。しかし、配信をリアルタイムで把握するのは極めて膨大な労力を必要とします。毎日アクセスするたびにラインナップが変わるのは嬉しいことではあるのですが…。「メカニック ワールドミッション」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらのページはよくありがちな雑な動画リンク集ではありません。ユーザー側をたらい回しにすることなく、見られる確率の高いサービスを推奨していますので、アイコンに注目です。いかにもクリックすれば動画がすぐに見れるかのように誘って偽り、取るに足らないランキングページへと誘導する無価値な内容はここにはないと保証します。躊躇しているくらいなら試してみる方が利益があるでしょう。なにせ無料で試せるのですから、合わないならそのときはすっぱりやめればいいだけ。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。映画館だと必ず発生する「字幕派or吹替派」問題ですが、VODは基本的には用意されているなら、両方とも利用できることが多いです。意外な活用方法が英語字幕の利用であり、これを用いて外国語レッスンの教科書代わりに使っている人も。流し聴きしているだけで英語に耳が慣れます。「メカニック ワールドミッション」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、数多に存在する各サービスの選別をするという名目で単にステルスマーケティングするようなことはしていません。類似サイトでは特定VODをオンリーで紹介したりもしていますが、本サイトは対等に配信サービスを扱い、フラットに情報を提示中。ユーザーによってマッチするものは違うのが普通であり、判断は各自に委ねるべきです。単純に「メカニック ワールドミッション」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高画質で見られる?
どうせなら可能なかぎり高画質で動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「メカニック ワールドミッション」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
家に映画館のスクリーンサイズを用意するのは豪邸の城に住んでいる人だけができることですが、ホームシアターなら実現は不可能ではありません。スマホやPCなんてちっぽけな存在に思えてくる最高水準の環境。劇場に無料で通えるようなものなので、毎日が上映会。世界が一瞬で変わります。「メカニック ワールドミッション」も最高級に。どうやってそんな贅沢ルームを構築するのか、それが肝心。それなりの備品が要ります。映像を映すスクリーンとプロジェクター。それに音響にこだわるならオーディオシステムも必要になるでしょう。お値段を投資してもほしいか要相談です。

『メカニック ワールドミッション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『メカニック ワールドミッション』をさらに知る

★スタッフ
監督:デニス・ガンゼル(関連作品:『ブラッディ・パーティ』)
製作:ジョン・トンプソン、ロバート・アール、デビッド・ウィンクラー、ウィリアム・チャートフ
脚本:フィリップ・シェルビー、トニー・モジャー
撮影:ダニエル・ゴットシャルク
音楽:マーク・アイシャム

★キャスト
ジェイソン・ステイサム、ジェシカ・アルバ、トミー・リー・ジョーンズ、ミシェル・ヨー、サム・ヘイゼルダイン

★『メカニック ワールドミッション』の評価

IMDbRTMETA
5.733%38
映画comY!FM
?????3.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『メカニック ワールドミッション』の感想

●シネマトゥデイ 
世界各地の観光と、ジェイソンステイサムのやっぱりスゴイ奴なんですという印象がまず頭にこびりつく。もう最強以外の何者でもないので、敵なし。手際よくテクニカルな暗殺をテンポよく繰り返してくれたり、元飛び込みの選手であるステイサムならではの綺麗すぎる飛び込みが見れたり、贅沢なつくり。前作はあるけど、1作目のいわゆるオチの流れが今作にはなく、ある意味、単純なアクション映画になってしまった感じはある。それでもよければ。
●イオンシネマ  
まさにワールドミッション。アジア、ヨーロッパ、オーストラリアと舞台を転々とするのですが、2作目でこんな世界ツアームービーにしてしまっていいのか。ストーリーはあって無いようなもので、たぶんメインはワクワクさんスキル全開の「暗殺道具作成コーナー」が見所じゃないかな。毎度のクールでスマートな仕事ぶりを堪能できる映画なんて「トランスポーター」とかいろいろあるのだけど、今作はその中でも平均的なノーマル作です。