今、僕は(2007)

現代の若者の苦悩を徹底的に描く

映画『今、僕は』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトやランキングサイトなどの雑多なリンク、邪魔な広告は無いです。
今すぐ『今、僕は』を見るなら動画リンクをチェック。

引きこもりの若者の閉ざされた心理を、いっさいの音楽を排除してリアリティーを追及し、現代の若者の脱落・再生を描いた衝撃のドラマ。母親と2人で暮らす20歳の悟は、仕事にも学校にも行かないニート状態。部屋に引きこもり、ゲームや漫画、ジャンクフード以外を拒否して意味もなく日々を時間つぶしするように暮らしていたが、ある朝、母親の友人・藤澤が現れ、半ば強引に悟を仕事場へ連れて行く。藤澤は悟の社会復帰のためにあの手この手で努力するが、予期せぬ悲劇が悟を狂気へと押しやっていく…。

原題:今、僕は / 製作:日本(2007年) / 日本公開:2009年2月14日 / 87分 / 制作: / 配給:

「今、僕は」予告編

(C)Chiyuw All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『今、僕は』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱えつつも懸命にもがく人にスポットをあてた映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用できないか検討してみましょう。どうしてもレンタル店でDVDを借りることを考えてしまう人も、まずはネット配信をチェックする価値はあります。もし見つかれば、動画サイトと同じような気軽さで優れた再生環境でどんな映画も楽しむことが可能です。

「無料」はやっぱり魅力的!
先着ではない全員サービスの特典、それが耳寄りな無料お試しトライアルという嬉しいことだらけの満腹セットです。「ねえねえ、映画を無料で観られる方法って知っている?」「そんなのあるわけないじゃん」「実はね…」こんな秘密の裏技でもない、正々堂々の方法が無料お試しという選択肢です。「解約できないというトラブルが怖い…」そんな気持ちもよくわかりますが、そのような厄介な事態にはなりません。なぜなら解約ステップは単純で、思いついた時にすぐにアカウント削除が可能。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「今、僕は」の再生はダメです。詳細な危険事例を説明すると、大小さまざまな問題が山積しているので挙げきれないのですが、あなたの使用機器を破壊するリスクから、アカウントや口座の不正使用まで、それはもう人生が滅茶苦茶になる可能性があります。絶望的な目に遭うのは不可避です。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

あなたの選択は自由!
作品のデジタルビデオ供給は今や一般化しており、ディスクよりもVODで見ている人の方が多数派になる勢い。「動画を観るぞ!」と意気込んでいると思わぬぬかるみに足がハマるかもしれないです。お目当ての作品配信が終了していたり…なんていう失望絶望は経験しない方が良いのは当然です。「今、僕は」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「う~ん、どれなんだろう」とオロオロとするくらいならこのページのリンクを視認してみてください。その前にアイコンをチェックです。配信開始の確認が取れたVODを画像で表示して一目瞭然。普通の映画データベースサイトは数あれど、フルムビバースは数多のVODから個人感想ブログまで網羅しているのが特色です。なお、どんなに配信状態を正確にリアルタイムで反映していたとしても、今日の中身は今日、自分でラスト確認するのを推奨します。

古い作品ならもしかして…
「映画を合法的に無料で視聴可能!」なんてセールストークみたいなものは典型的な都合のいい話であり、いかにも怪しい裏がありそうです。実際に違法性のあるものを除き、そのとおりの体験が実現できるのはVODの無料お試しが主。しかし、それ以上の別の手段がないわけではなく。それはパブリックドメインという特殊な事例。これは古い映画に当てはまることですが、著作権が消滅したゆえにネットに法律上の問題なくアップされているのです。アーカイブサイトで発見できるので50~70年前の旧作は要チェックです。

配信はいつ終わる?
いつか終わるが来るというのは避けられない運命なのかもしれないですが、VODは作品配信の終了日をアナウンスしているものもあります。しかし、目立たないので気づいていない人も多いです。フルムビバースでは専用のページで各大手の配信終了状況をスケジュール的に整理しています。この日にはこの映画が配信から消えるということがひとめでわかるので、参考程度に活用するのも良いでしょう。「今、僕は」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときにすかさずウォッチするのが一番思い残すこともない安全策です。

情報の充実度はピカイチ
情報満載のフルムビバースは単純に動画調べに使う以上の利便性を網羅的に提供しています。例えば、インタビュー記事の引用もあって、作品の深掘りができたり。また、トリビア的な雑学を知って、意外な面白さに気づいたり。トレイラー動画を視聴するのも定番なので外せません。こちらではメイキング動画をピックアップしていることもあるので、「この映画はこうやってクリエイトされたのか~」と感心するも良し。「竹馬靖具」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「今、僕は」は? ベーシックな基礎は、初回の月または一定期間の支払いが生じないということです。この期間はサービスによって異なり、2週間のものもあれば、1か月のものもあって、さらに登録時から月末までというものも。この月末のパターンでは登録日に注意です。そして他にもポイント制サービス特有の事情として、一定量ポイントが初回時に入手でき、それで作品を無料感覚で鑑賞できるのが定番です。このあたりはしっかり学んでおきましょう。

『今、僕は』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『今、僕は』をさらに知る

★スタッフ
監督:竹馬靖具(関連作品:『蜃気楼の舟』)
脚本:竹馬靖具
撮影:宗田英立大

★キャスト
竹馬靖具、藤沢よしはる、弁、志賀正人

★『今、僕は』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『今、僕は』の感想

●映画無料夢心地 
若き竹馬靖具監督の才能が光る名作。この後「NINIFUNI」の脚本を手掛けることを考えるとさすがだなという感じ。その原点がここに込められていると思う。独自の感性、そして映像への体現…こういう才能を日本の映画界は大切にしていってほしい。そう思える作品であり、観てない人は観るべきです。そんな風に言ってしまうとすごく偉そうになってしまうのですが、でもどうしてもこの映画は人の心をガンガン押していくパワーがある作品なのです。
●シネマトゥデイ 
猥雑な社会に取り残される現代的な若者の姿を見事に切り取った一作。こうしたリアルな視点で映画を撮れるのは、やはり若手ならでは。年配の日本映画の名監督には絶対に無理な話でしょう。若いとテーマ自体もとても短いものになるし、それは予算がないからこそなのですが、それ自体で生まれるクリエイティブな魂もあるんですよね。もっとこういう作品をどんどん増やしていってほしいものだと思うのですが、インディペンデント映画の現状は…。
●BILIBILI 
若者はいつの時代も悩んでいる。それは特定の時代でしか存在しない悩みではない。普遍的なものばかりであり、つまりコミュニケーション、世代間の食い違い、社会圧、さまざまな苦しさがある。これを経験したことがない人はいないだろう。しかし、なぜか大人になると若者への共感を失って、逆に若者を苦しめる側に回ってしまう。それはなぜなのかはわからないが、そういう雰囲気を漂わすのが、この映画であり、アンニュイな世界がキリキリする。
●MOVIX  
最近だと定番のように必須だとされているスキル。それがコミュニケーションですが、それって本当に良いものなのでしょうか。人が人と理解し合うといえば聞こえはいいけど、実際は力関係で、強い奴が弱い奴を圧倒していることが大半であり、言い換えればこれは言論による圧力に他ならない。それ自体の問いかけになっているのがこの「今、僕は」であるのですが、こうした視点を遠慮なくぶち込めるのも、若手の才能ならではの切り込みだと思う。