ゼロ・デイズ / Zero Days

サイバー戦争は因果応報から始まった

映画『Zero Days』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画の有無を確認するのに有用です。
今すぐ『Zero Days』を見るなら動画リンクをチェック。

『「闇」へ』(2007)で第80回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞に輝き、ドキュメンタリー作家として名高いアレックス・ギブニー監督が、2010年に見つかったコンピューターウイルス「スタックスネット」を題材にしたドキュメンタリー。サイバー世界での戦いは自業自得から始まったのか。イランの核施設を攻撃するためアメリカとイスラエル政府が作ったとされるウイルスだが、コントロールがきかなくなり、本来の意図とは異なるかたちで暴走して拡散。結果的にサイバー戦争のパンドラの箱を開けてしまうことになる。

原題:Zero Days / 製作:アメリカ(2016年) / 日本未公開: / 116分 / 制作:Jigsaw Productions / 配給:

Zero Days Official Trailer 1 (2016) – Stuxnet Virus Documentary HD

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『Zero Days』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ユーザーも増加中!
世界の裏に潜む知られざる問題にスポットをあてたドキュメンタリーはそれだけで見ごたえがあります。そんな知識を深める価値がある作品をお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でもいいのですが、ドキュメンタリーが充実しているのはネット配信といえるほど、優れている部分があります。場合によってはここにしか配信していないものもあるので、気になる方は要チェックです。必ず面白いテーマの作品が見つかるでしょう。

「無料」を見逃すな!
「財布と相談しよう」そんな一歩待つ姿勢は必要ないかもしれません。無料お試しがあるので後々で支払いは先送りできます。利用した後に好みに合わないことが発覚しても嫌なものですが、多数のサービスを無料範囲内でお試しすることで「これはOK。これはまあまあ」と採点しながら自分なりの比較もできます。「無料といっても期間が短時間なら意味はない」と心をソワソワしなくても大丈夫。動画を見るうえでも必要である時間以上に、それこそ何作も見られるほどの日にちの余裕があるので吟味可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「Zero Days」の鑑賞はダメです。第3者機関によって精度の高い上質セキュリティソフトと認定されているサービスで検査するとその怖さはよくわかります。ブラウザへの不要なアクセス、カメラ機能への侵入、CPUの異常な負荷…その問題点を挙げだせば無限大であり、不使用が最善です。赤信号みんなで渡れば…ただの大量犠牲者が出るだけなのです。わかっていても飛び込むのならばそれは自殺行為です。

使うべきはどれ?
「あの人に推薦されていた気になる映画も、VODなら今から見れるかも」そんな感覚になったならその調子です。「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」そんな諺にあるように試さないと始まらないですが、配信確認という事前準備を怠ると盛大にズッコケてしまうので、恥ずかしい失態はしないように。「Zero Days」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。明確なヒントもなく動画を探しまわるのは時間だけが意味もなく過ぎてしまいます。いい加減に疲れるのでもっとスッキリしたいものです。このページさえあれば疑問も吹き飛ばせます。同類な動画紹介サイトは他にもありますが、ファクト重視のフルムビバースは勝手にVOD紹介を制限せず、全部を等しく掲載。なお、最終的な配信状態は当日しかわからないものなので、登録前にラストとして公式サイトで目視しておくのを忘れずに。

古い作品ならもしかして…
言うまでもなく公正な動画サービスを使うべきですが、中にはそれ以外で合法性をともなって動画を無料で視聴可能な事例があります。これは制限されるもので、その対象は昔の作品のいくつかです。具体的にはその映画がパブリックドメインという扱いになっている必要があります。これは法的な知的財産権が存在せず、今は誰の管理下にもない作品であり、ゆえに著作権切れとして扱われます。なので格安DVDが販売されていたりしますが、ネット上でも法律を守るかたちでそのままアップされているものがあるのです。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「Zero Days」でもあります。ホームテレビを利用するなら、対応しているものである必要があるのでテレビの機種をネット検索して使えるか確認しましょう。PCの場合は、SafariやChromeなどのどのブラウザでもだいたいは使用可能なので心配することもないでしょう。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、話題作が放映されるとSNSでも大盛り上がりをする民放TVでの映画ですが、実は結構シーンがカットされてしまっており、本来のフルの内容を満喫はできていません。番組時間帯の都合なのですが、本音はフルバージョンを楽しみたいものです。そこでVODならば自由気ままにフル動画を鑑賞可能。仲間と一緒にフル体験で映画をじっくりシェアもできます。「Zero Days」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「Zero Days」を観て「あぁー良かった」と自己完結するだけではもったいない。家族や友人など本当にすぐそばにいるだけの人に気持ちを語るのもいいですが、インターネットという最高の武器を使えば、簡単にあなたの熱量で全国に言葉を届けることができます。コミュニケーション促進によって映画好き仲間が無料で生まれるチャンスです。恐れず素直に語り合いましょう。

『Zero Days』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『Zero Days』をさらに知る

★スタッフ
監督:アレックス・ギブニー

★キャスト

★『Zero Days』の評価

IMDbRTMETA
7.891%77
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『Zero Days』の感想

●FILMAGA
サイバー戦争という戦争史を語るうえでこの事件は欠かせないだろう。特定の標的を狙う巧妙なワーム「スタクスネット」がイランの核開発を妨害するために使用され、実際に被害も発生した。インターネットに接続していない産業用制御システムがUSBメモリーを介して感染・発症。この攻撃がきっかけで国家間サイバー戦争が幕を開けた。こうした事件について全く知らない、専門的な知識もない、そんな人でもおおよその問題性が理解できるはずだ。
●シネマトゥデイ
極悪ワーム「スタックスネット」がアメリカの国家安全保障局(NSA)とイスラエルの諜報機関・ユニット8200によって共同で作られたものであるということは、2012年にニューヨーク・タイムスが報じました。翌2013年には、ドイツのニュース週刊誌・シュピーゲルの取材を受けた元NSA職員のエドワード・スノーデン氏も、この事実を認めています。まさにサイバー同士の国家争いはSFじゃなく事実。それを決定づける事件。これがブーメランなのか。
●BILIBILI
皮肉なことにサイバー戦争を始めたのは世界の自由を守ると語っていたアメリカなのだ。そんなことを知らずに、正義を語っている国があるとは思わなかった。なんだよ、この国。映像としてここまでハッキリ見せつけられると怒りを湧くよりも呆れと失望ですよ。やっぱりインターネットの世界のルールでは、絶対に余計なことをすべきではない。それは火に油どころか、核兵器みたいなものだから。一度作ると増えていく。終わりがないものだ。
●DAILYMOTION
ドキュメンタリーとしてはとても面白い。でもこれを知った時の、私たちの「なんだよそれ」という感情の行き場のなさは半端ではない。マッチポンプ。まさにこれ。私たちは最悪の敵を必ず倒します。それを生み出しのは私たちあんんですけどね。その構図。テロも同じ。どうして事態を悪くすることしかしないのか。結局困るのは社会に暮らす弱者である我々。この横暴を止めるには、誰かあいつらのスイッチをオフにするプログラムを作ってくれ。