ロスト・エモーション / Equals|無料動画をフル視聴するなら【安定再生】

感情のないユートピアで恋をしてしまった二人

映画『ロスト・エモーション』のフル動画を無料視聴する方法を、選択肢をズラリと表示して任意でチョイスできるように整理しています。
今すぐ『ロスト・エモーション』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Equals(「イコールズ」) / アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年3月4日 / 102分 / 制作:Route One Films / 配給:ツイン

映画「ロスト・エモーション」予告編

(C)2016 Five Sprocket Productions, LLC

動画
▼『ロスト・エモーション』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る日本語訳

VOD2 Huluで動画を見るマルチ対応

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
Amazon ▼Amazonビデオ
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ロスト・エモーション』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

映像はそこにある!
特殊な設定の中で繰り広げられる人間模様を描いた作品はそれだけで面白さがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを効果的に使いましょう。レンタル店でDVDを借りるのは一般的ですが、デメリットも多いものです。店にわざわざ行くことや、貸し借りの作業、作品を探す手間など、大変なことばかりです。ネット配信なら、それらの欠点を克服することができ、とても便利な映画体験をおくれます。

「無料」を見逃すな!
「どちらにせよ有料だし…」と考えるなら、でもまずはお試し選択を得ることで最初は無料なんだとも解釈できるでしょう。「ロスト・エモーション」でもそれはチャンスに飛び込めます。1か月まで無料体験できたら最高だと思いませんか。期間は各サービスによって違うので要相談ならぬ要確認ですが、多くのサブスクでも何かと実装されている嬉しい特典であります。「どうしても心配なのだけど無料期間内で退会したら即有料になるの?」「やはり無料のままで終わらせることはできない仕様になっているのかな」その疑念は自然と思い浮かびますが、退会後はいきなりの料金発生はないです。無料期間を過ぎていないのなら安心できるでしょう。ドレイク・ドレマス監督の「ロスト・エモーション」もアリ。

ダメ映画サイトに警戒を!
なお、巷に溢れる大きな課題を溜めこんでいるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでニコラス・ホルト出演の「ロスト・エモーション」の鑑賞はダメです。「動画が見られるならばそれでいいや」と考えているなら地獄を見ます。何気なく動画を再生しようとすれば、まずは広告が表示されます。それは消せると思ったら大間違いです。次にその広告から思わぬかたちで個人情報の入力を求められます。情報を差し出さなくても、視聴機器に負荷をかけてきます。そのダメージは想像を超えています。カメラをハッキングされて自分が動画を見ている姿の動画を逆に撮影されてしまえば一生の恥になるのは想像できるでしょう。「ロスト・エモーション」は安全に。

いちはやくウォッチ!
今はDVDやブルーレイなどのディスクよりもデジタル・レンタルやセル販売の方がいち早く見られたりします。ところが「無料ホームシアターサービス感覚で観たい作品を視聴だ!」という熱意を興ざめにしてしまいかねない難点があり、それがどれで配信しているかの判断問題です。ガイ・ピアース出演の「ロスト・エモーション」フル動画を視聴できるVODはどれか。お困りの方に声をかけているのがこの作品動画ページ。ナビゲーションに特化した、配信VODの一覧化が掲載中なので、無数のサイトをいつまでも確認してめぐり歩く必要性を緩和して負担軽減します。取り扱っているVODの数は非常に多く、あの大手携帯会社のモノから、話題性の高いグローバルなモノまで、オール対応済み。「ロスト・エモーション」のセレクトは選り取り見取り。レコメンドはあくまで推薦なので、絶対にこれを使ってくださいという闇雲な強制的紹介でもなく押しつけではないので、ぜひとも各自の判断のもと自分で使って試行してみてください。

配信はいつ終わる?
無料で試せる期間はいつ終わるのかというのは「ロスト・エモーション」でも把握しておくべきです。いつの間にか有料に更新されている可能性も起こりえます。そういう事態は避けないといけません。幸いなことにメールなどで事前にアナウンスされるので、お知らせを見逃さないように、登録アドレスのチェックは入念にしておきましょう。すっかり忘れて大事な期間を無駄に過ごしてしまうと、気づいても努力はあと一歩届かずで「クリステン・スチュワート」の影を見る隙もないのでは意味なし。期間終了後に自動的に契約更新になるか、手動で契約実行処置をするか、どちらかはサービスごとに異なってくるので、送られてくる通知メールに注意です。「ロスト・エモーション」でも忘れずに。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は焦る気持ちを抑えつつ再生機器の条件を満たす必要が「ロスト・エモーション」でもあります。その条件に関しては各VODの公式サイトにて詳細が掲載されているので気になるならば熟読しておくと良いでしょう。基本的には多くのユーザーが保有している機器がそのまま使えるはずです。それは致命的な問題になるわけではないですが、10年前の端末だとか、よほどの古いものではない限りは平気です。主要なブラウザにも対応していますし、スマホならアプリでラクラク。できるのであれば、高画質の方が良いのは当然ですので、「ロスト・エモーション」においても選択肢の優先順位を決めるのに役に立つでしょう。

パスワードは大事
VOD利用のためのアカウント作成時は「ロスト・エモーション」を見るにしてもパスワードを設定しないといけません。それを安易にすると乗っ取り被害に遭うのは知っているでしょう。では何文字のパスがいいのでしょうか。研究によれば7文字だとわずか0.29ミリ秒で破られてしまいますが、12文字になると200年近くかかり、24文字になると1800万年以上かかる計算になるのだとか。要するに長い方がいいのです。なるべく1文字でも多く可能な範囲で設定しておくのが理想的なのはよく覚えておきましょう。安全なケイト・リン・シャイル出演の「ロスト・エモーション」動画体験をするにはそれ自体が動画視聴に響くわけでないにせよ大事な基礎ルールです。

その動画サイトは使える?
ベル・パウリー出演の狂気のサイエンスフィクション「ロスト・エモーション」を無料で見れないかともがく毎日。そんなあなたに押し付けられるのはもしかしてこんなサイトですか?「Pandora」「Miomio」「dailymotion」などのいつもの動画サイト群、「cloudvideo」「openload」「mixdrop」「vidia」「clipwatching」「vidoo」のようなアップロード型のサイト集。しかし、いずれもオススメはしません。理由は明快。コンテンツの合法性に確証がとれないからです。とくに後者のサービス勢は酷いもので、ほぼ100%が何かしらの違法性あり。そういうものの紹介はあてにするだけ損害です。「ロスト・エモーション」も正しく。

『ロスト・エモーション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月17日時点での『ロスト・エモーション』の動画配信
  • 「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『ロスト・エモーション』をさらに知る

感情も愛もない種族へと進化した人類が暮らす未来を舞台に、2人の若い男女の危険な恋の行く末を描くSFロマンス。『ロスト・エモーション』の製作はマイケル・シェイファー、アン・ロアク、ジェイ・スターン、チップ・ディギンス。未来社会で暮らす新しい種族、イコールズ。イコールズは冷静温厚、礼儀正しい種族で、彼らが暮らす街は一見穏やかで完璧に見える。だがそこは、生きるうえでの豊かなエモーションを表現することもない、感情も愛も存在しない世界だった。ある時、その世界をSOS(スイッチ・オン・シンドローム)という病気が襲う。ひとたび感染すると、遠い昔に失われたはずの感受性や恐怖、絶望感や愛といった感情が再び呼び起こされ、正常でいられなくなった感染者は感染拡大防止のために社会から隔離されてしまう。それはこの世界の根幹を揺るがす大きな事態であった。SOSに感染し感情を持ってしまったサイラスと、彼の唯一の理解者であるニア。ニアには実は感情があり、しかしそれを隠して暮らすことができる特殊な能力があった。愛や感情が存在しないことで疑似的なコントロール下にある平和を過ごしていた世界で、認知できなかった愛という感情を持ってひかれ合う2人だが…。

★『ロスト・エモーション』のスタッフ


監督:ドレイク・ドレマス(関連作品:『あなたとのキスまでの距離』)
製作総指揮:リドリー・スコット、ラッセル・レビン、イ・ジェウ
脚本:ネイサン・パーカー
撮影:ジョン・ガレセリアン
音楽:サッシャ・リング、ダスティン・オハローラン

★『ロスト・エモーション』のキャスト


クリステン・スチュワート、ニコラス・ホルト、ガイ・ピアース、ケイト・リン・シャイル、ベル・パウリー、キム・スヒョン、トビー・ハス、スコット・ローレンス

★『ロスト・エモーション』の評価

IMDbRTMETA
6.135%43
映画comY!FM
3.2???3.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ロスト・エモーション』の感想

●『ロスト・エモーション』シネマトゥデイ  
「感情を持つのはNG」という近未来の世界を描いたなかなか面白いSFで、感情コントロール系はよくある方ですが、ここまで純愛に焦点を絞ったものは珍しいかも。限定空間ディストピアでの、気になるひとを見る、触れるといったプリミティブな単純さ、どストレートで繊細な愛の発露など、ピュアな描写も多く、独特なフューチャーデザインと合わさると不思議な感覚。それこそまるで別世界の寓話を見ているような映画になっていました。
●『ロスト・エモーション』FANDANGONOW  
製作総指揮として関わるリドリー・スコットはどこまで関与したかは知らないが、突き詰めた未来が円を描いて人類のはじまりの種明かしになるというお得意の設定を引き延ばして純化したような映画に思えた。自分に感情が現れ始めたあたりからカメラワークが不安定になったりと、映像的な情報でこの目に見えない心を映しだそうとするあたり製作チームの挑戦しようという心意気を感じ取れる。かなりのマニアックなSFなので一般には難しいかもだが。