ジェイソン・ボーン(2016)

「ボーン」シリーズ新たな幕開け

映画『ジェイソン・ボーン』のフル動画を無料視聴する方法を、広告に覆い隠されることなくピンポイントで紹介。
今すぐ『ジェイソン・ボーン』を見るなら動画リンクをチェック。

米作家ロバート・ラドラム氏のスパイアクション小説を原作に、記憶を失った暗殺者ボーンの孤独な戦いを描くマット・デイモン主演の人気シリーズ第5作。製作総指揮はヘンリー・モリソン、クリストファー・ラウズ、ジェニファー・トッド、ダグ・リーマン。世間から姿を消して静かに生活していたジェイソン・ボーンのもとに、CIAの元同僚のニッキーが現れる。またもや不吉な気配がするが、やはりトラブルが起こっていた。ニッキーは、CIAが世界を監視・操作するために極秘プログラムを始動させたこと、そしてボーンにまつわる、ある驚きの真実を告げる。これをきっかけにボーンは再びかつてのように身を犠牲にして動き始めることとなり、追跡を任されたCIAエージェントのリーは、強力なスキルを持つボーンを組織に取り込むことを画策するが…。

原題:Jason Bourne / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年10月7日 / 123分 / 制作:ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー / 配給:東宝東和 / 製作費:1億2000万ドル / 興行収入:4億1500万ドル

映画『ジェイソン・ボーン』インターナショナル・トレーラーA
Go Behind the Scenes of Jason Bourne (2016)

(C)Universal Pictures


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ジェイソン・ボーン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画のスーパーマーケット!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンス&アクションはそれだけで面白さ満点です。そんなエンタメ性満載の映画をお得に観るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に動画にありつけるので、非常に便利でユーザーからも強く支持されています。シリーズものにも有利で、動画自体を一挙に見ることも簡単という特性がレンタル店にはない魅力。初心者でも簡単に始められます。

「無料」は全て初心者のため!
オイシイ話はここからです。動画を見ることもできる無料お試しで、映画愛を満たす至高の空間へと誘います。モノを買えばカネを出すという資本主義&通貨システムの基本ですが、その当然性の例外となるのが初回登録時のお試しなのです。タダで試用しながら自分にマッチできるか試着する気分。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは問題外です。それで「ジェイソン・ボーン」の鑑賞はダメです。リターンさえあれば利用したくなるかもしれませんが、利益どころか骨の髄まで害を与える、マイナス100%の有害性です。あまりそれで損害を受けたという体験談を聞かないかもしれませんが、それは人には言えないためであり、実際は発生しています。注意喚起はしておくにこしたことはないですが、憤怒の感情で賠償を求めても無駄なので、オフィシャル安全動画が確実です。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。気を抜くのはストップ。「登録して覗いてみたら自分の求めている動画作品はどこにもない!」という苦情は主に確認不十分のミスです。チェックを怠るとこうなります。「ジェイソン・ボーン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。アイコンを使ってわかりやすく紹介しているのがこのページです。アイコンが存在すれば、すぐさま見られる可能性が高いです。存在しない場合は、今は配信していないかもしれません(後々で追加される場合も)。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。夢心地な使い方を探るまでもない、登録して再生すればあとはもう無料動画的な気持ちのいい湯船につかれます。好奇心を刺激されるでしょう。

あなたはどっち派?
外国映画を観る時のチェックポイントは「字幕」を選ぶか「吹き替え」を選ぶかという二択。片方しかないこともありますが、ネット配信時はどちらでも選べたりする機会が多いので悩むものです。好きなように選んでいいのですが、このこだわりは譲れない人もいます。外野の意見は気にせずに自分の趣味で構いませんので、VODならではのお手軽さで遊んでみるのも良いのではないでしょうか。「ジェイソン・ボーン」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フェアにオススメします
数多のVODを一括チェックできるサイトであるフルムビバースは、他の紹介サイトと違って、取り扱いをフェアプレイで決めています。基本は正確な情報を重視し、全部のサービスを網羅しようと心掛けているので、そのラインナップはどこよりも充実しており、作品によっては10種類上の選択肢を提示していることも。あえて一つに絞らない理由はユーザーのパーソナルな判断を尊重しているからです。単純に「ジェイソン・ボーン」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

パスワードは大事
多種多様な動画を内包するVODは何のアクションもなくそのまま使えるわけではありません。まずはアカウント作成が要るのは誰でもわかるでしょう。その際はパスワード設定が必須ですが、今から言うことは絶対に守ってください。何よりもパスは複雑に。とくに予測される単純な単語(辞書に載っているものではダメ)は使わず、他で使ったパスを流用してもいけません。その過ちをすると、いとも簡単に乗っ取られるので、最悪の事態を回避するなら厳守しましょう。安全な「ジェイソン・ボーン」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

俳優好きにも必須
俳優の姿にキャーキャーと黄色い悲鳴を上げるのも映像コンテンツの醍醐味であり、ついつい夢中になってしまうこと。あんなドキドキのセリフ、刺激的な仕草、目線の動き、大胆な熱演、メロメロな愛嬌…全てがご褒美になる嬉しい大サービスです。VODは俳優出演作の抽出ができるので、イチオシをプッシュするのもラクです。「マット・デイモン」の本気が突き刺さる迫力には参ってしまいます。この役者のファンをひとりでも多く生み出したい…そんな応援の情熱もVODならばサポート可能。ガンガンと「これがいいよ」と推薦しまくって伝染させましょう。

『ジェイソン・ボーン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ジェイソン・ボーン』をさらに知る

★スタッフ
監督:ポール・グリーングラス(関連作品:『キャプテン・フィリップス』)
脚本:ポール・グリーングラス、クリストファー・ラウズ
撮影:バリー・アクロイド
音楽:ジョン・パウエル、デビッド・バックリー

★キャスト
マット・デイモン、トミー・リー・ジョーンズ、バンサン・カッセル、ジュリア・スタイルズ、アリシア・ビカンダー、アトー・エッサンドー、ネーヴェ・ガチェブ、スティーヴン・クンケン

★インタビュー
・マット・デイモン「(主役は)まだまだ譲るつもりはないよ。もし譲らなきゃいけないなら、先週生まれたくらいの若い俳優かな(笑)」

★『ジェイソン・ボーン』の評価

IMDbRTMETA
6.657%58
映画comY!FM
3.53.723.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ジェイソン・ボーン』の感想

●FILMAGA  
マット・デイモンのファンとして観賞しました。今作も魅力が全開で満足できる出来でした。マット・デイモンのセリフがけっこう少なかったのと、手持ちカメラでの臨場感が最大限に。酔うレベルまで到達してた。何より衝撃的だったのは、トミー・リー・ジョーンズとアリシア・ヴィキャンデルの演技。まるでそこにカメラが無く、実際の会話を見ているように感じられた。ほんのちょっとの表情の変化を大切にしていた。さすが、オスカー俳優。
●TOHOシネマズ  
ラストのオチがいいですね。このしてやったりな感じが「ボーン」シリーズの持ち味であり、そこだけでこの映画を褒めたいです。肉弾戦のリアリティが相変わらず良いです。無音で身の回りのものを全部使ってどうにかして相手を倒すギリギリの感じに見入ってしまいます。今回はスノーデン事件から連なる”国家が国民を監視している”プロジェクトに纏わる話だったが、アルティメイタムでCIAを変えようと奔走したものの結局はその本質まで変わらない。
●DAILYMOTION 
これはどういう位置づけなのだろうか。前回の三部作を再スタートするには早すぎる気もするし、普通の続編扱いなのかな。それにしては割と同じことを繰り返しているのがもはやパターン化している。三部作で綺麗に完結したモノを再度掘り返すほど危険な挑戦は無い。そこにあえて挑んだ判断の結果はまかせるとして、アクションシーンのクオリティは過去作同様非常に良く、脚本力は健在で同じ様なストーリーとはいえ侮れない大傑作だった。