SCOOP!(2016)

人の全てを激写する。それが俺の仕事

映画『SCOOP!』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不利益しかないサイトは紹介していません。
今すぐ『SCOOP!』を見るなら動画リンクをチェック。

1985年に製作された原田眞人監督・脚本の映画「盗写 1/250秒」を原作に、芸能スキャンダルから社会事件まで様々なネタを追いかける写真週刊誌カメラマンや記者たちの姿を描く。エグゼクティブプロデューサーは林雄一郎と原田知明。数々の伝説的スクープをモノにしてきたカメラマンの都城静は、輝かしい業績も過去のものとなり、今は芸能スキャンダル専門の中年パパラッチとして、横暴な性格そのままに借金や酒にまみれた自堕落な生活を送っていた。ひたすら女にセクハラまがいの言葉を投げかけ、決して良識ある人間ではない。そんなある時、ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」の新人記者・行川野火とコンビを組むことになり、いつものマイペースで振り回す。やがて思わぬようなかたちで日本中が注目する大事件に巻き込まれていく。それはただのスクープ以上に都城静の人生を大きく揺るがす、とんでもない激写につながっていくのだった。

原題:SCOOP! / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年10月1日 / 119分 / 制作:オフィスクレッシェンド / 配給:東宝

映画『SCOOP!』特報映像

(C)2016「SCOOP!」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『SCOOP!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

このスリルに目が離せない!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけで見ごたえがあります。そんなスリルとエンタメを両立した映画をお得に観るなら、動画配信サービスを積極的に活用しましょう。これらのサービスは2種類のタイプがあり、使い勝手がいいので注意が必要です。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは対象作品が見放題になるものです。どちらもそれぞれのメリットがあるので、視聴の際は活かしていきましょう。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。アカウント登録を初めてする際に、無料お試しの適用を受けることができます。この際は自分が初回ユーザーであることを確認させることが必要です(クレジットカードなどで判断)。「知らない大人に話しかけられてもついていってはダメだと教わったし…」そんなお利口さんも今回は安心してください。これは公式のサービス特典。無料で気軽に自分にフィットするか試すだけ。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「SCOOP!」の再生はダメです。不必要なプログラム程度であればブラウザの設定で動作しないようにもできますが、それは動画と連動しているために簡単には接続を切れない仕様です。悪戦苦闘しているうちに相手側はどんどん無駄にタブを開かせて、さらなる身勝手な混乱を招きます。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

あなたの選択は自由!
オンラインのデジタル配信は意外にDVDよりも1か月早く先行してリリースされることもあり、最速で動画が見れたりします。でも、うっかりミスを避けないとダメです。「登録の勢いのままに勇んで始めてみたけど視聴したい映画がない」という虚しい残念事態は回避しないと、何の意味もありません。「SCOOP!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。助けをネットに求めているならばこの今まさにあなたが見ているページこそ最適のヘルプ素材となります。「視聴できるかも」という可能性の高いものをスクエア・アイコンで表示して簡易的な道案内になっています。情報は更新してこそ意味があります。ずっと掲載内容が変わらない、一発屋な雑サイトからは卒業して、コチラに入学を。無料ホームシアター級のエンターテインメント体験を家にいながら、もしくはスマホの中で、ネット上でエキサイトできるチャンスです。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、安易にサービスが悪いと怒る前に、まずは自分の用いている通信機器や設定を確認です。「SCOOP!」の肝心な動画が連発で停止する、頻繁な遅延を起こしてしまう、画質が荒いものに切り替わる…そういうシチュエーションに遭遇したら家のネット設定環境などを再検討しましょう。無線LANはかなり障害物に弱いので1階にルーターがあると2階には届かないこともあります。また他の隣家などにある無線電波と競合してしまっていることも。こうなると大幅な見直しが必要かもしれません。

配信はいつ終わる?
VODで扱われている無数の作品のそれぞれの配信が終了する月日をアナウンスしてくれるとかなり嬉しいですが、公式内でも目立たないことが多く、明記された月日どおりにならないことも。これはストリーミング権やコンテンツ権の問題なため、複雑な事情を抱えていますが、結局はサイトで当日に目視するのが妥当な手段になります。明日のことはわかりませんので、確実に見るなら今です。「SCOOP!」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

見たい動画をメモしよう
映画は無限大に存在するのであれこれと見ているので何を見るべきか迷うことがあります。しかもその間に以前気になっていた映画を忘却してしまうこともあり、エンドレスで困り果ててしまいます。そこでVODの視聴メモにも使えるのがフルムビバースのウォッチリスト機能。各ページで作品をお気に入り登録できるのでチェックマーク感覚で使えます(この機能はブラウザに頼っているので他ブラウザで共有使用はできません)。「SCOOP!」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

邪魔な広告は無し!
スマホはとくに顕著ですがしつこい広告に悩まされる人も多いでしょう。わざとタップを誘ったりするアクシデント狙いの広告バナーはうざいだけ。フルムビバースはそのような追尾したり、うっかり誤爆をさせるアドは一切導入はしていません。ユーザー第一で嫌な思いをさせたくないのでテキストなどを読ませやすくしています。「SCOOP!」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

『SCOOP!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『SCOOP!』をさらに知る

★スタッフ
監督:大根仁(関連作品:『バクマン。』)
脚本:大根仁
撮影:小林元
音楽:川辺ヒロシ

★キャスト
福山雅治、二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキー、斎藤工、塚本晋也、中村育二、山地まり、澤口奨弥、石川恋、阿部亮平、護あさな、鈴之助、宮嶋茂樹

★『SCOOP!』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.53.443.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『SCOOP!』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画無料夢心地 
福山雅治のクズっぷりが最高です。ダメな男な感じが良くでてました。というか全編を通してずっとダメな奴を通しているのが凄いです。それ以上に強烈なのがリリー・フランキーですけど。チャラ源はドラッグをやっているんだけど、リリーさんの演技がリアルすぎて監督&スタッフから「本当にやってるんじゃないか?」って心配された話が、とんでもないじゃないですか。当人は凄く良い人なんでしょうけど。演技が憑依型だから見入ってしまいます。
●シネマトゥデイ 
これは見事なクソ野郎。罵詈雑言で態度もデカイ。平気で人を見下し、金にも汚い。おまけに女への容赦ないセクハラの嵐。それでも仕事はこなすから評価される。そんなギリギリアウトな男が、世間の同じくギリギリアウトな奴らのスキャンダラスなスクープで飯を食っているというカオス。残念なことにこれは現実。そこにあるのは本当にリアルで行われている下衆な行為。自分は平凡な市民で本当に良かったと心の底から思いました。
●MOVIX
福山雅治がゲスの極みだった…そんな感じ? 週刊誌のカメラマンの方がよっぽどゲスなことしているのですよね…。これが真実かどうかは知りませんが、実際に裏では相当な過激なこともしてそうです。結局は隠し撮りしているだけですからね。出版業界の闇、カメラマンとしての在り方、そうしたテーマとはまるで関係の無い屑とカメラマンの話でしかないという最終的には仕事論、人生論につながり、それでも生きていく。このノリは嫌いではないです。