ミュージアム(2016)

凄惨な殺人事件。その奥に隠された意外なカエルの正体とは?

映画『ミュージアム』のフル動画を無料視聴する方法を全部レコメンドしています! 無駄なリンク集の寄せ集めは無いです。
今すぐ『ミュージアム』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:ミュージアム / 日本(2016年) / 日本公開:2016年11月12日 / 132分 / 制作: / 配給:ワーナー・ブラザース

映画『ミュージアム』特報【HD】2016年11月12日(土)公開

(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】安定再生
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ミュージアム』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ネットは動画の頼もしい味方!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスは面白さ満点です。そんなスリルいっぱいのエンターテインメントを満喫するなら、動画配信サービスを用いましょう。ネット配信と言えば、今では利用者も増えているサービスですが、知られていないメリットもまだあります。例えば、ダウンロード機能があるので、外出先で通信制限を気にすることなく動画を視聴できるという利点を受けられます。非常にユーザーに優しいポイントです。

「無料」で感謝!
映画動画を視聴してスマイルになるなら、もっと満面の笑みになるかも。なにせ無料お試しというスペシャルデザートがあるのです。この無料試用の機能は基本はリミテッドな企画ではなく、常時解放されているものがほとんどで、この日にしかないものであると焦ることもありません。とりあえずサービスにそのお試しが実施されているかはトップページに行けばわかります。たいていは存在しているでしょう。「退会は決められた時期にしかできないの?」「加入をやめることはすぐにできますか?」という問いについて、問題ないですと回答できます。あなたを縛り上げる制約はありません。好きな時期時間に自分の意思ですぐさま利用ストップできるので万全。大友啓史監督の「ミュージアム」も配信中。

嘘の動画には注意を払って!
違法な動画サイト等には覚える以上にじゅうぶんに気を付けてください。それで小栗旬主演の「ミュージアム」の再生はダメです。「それはあくまで大袈裟な脅し文句で実はそこまで危険ではないのでは?」そんな油断をしている人が餌食になります。実際に不正な金銭請求が届いたという事例から、個人情報が盗まれてクレジットカードを乗っ取られたという事例まで何でもあります。あなたを取り返しのつかない墓場へ誘う行為を止めるべく、なんとか悪い事態を回避できるようにこちらはオフィシャル・オンリーで懸命に頑張っています。

これに決めた!
「配信の瞬間を臨戦態勢で待機してます!」というあなたにもぜひ。お試しの扉が手招きして誘ってくれます。しかし、世の中には幸か不幸か映画が山のように流布しているのがネックとなってしまい、それが本来は嬉しい事なのですが、ときには配信状態はまるで毎日変わる天気のように不安定で、判断は困難です。尾野真千子出演の「ミュージアム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページは二段階に確認システムを用意しています。まずはアイコンでざっくりとVODを確認。次に動画リンクから該当のサイトへと移動する。これであとは動画視聴へズブズブいけます。説明のないテキストリンクをズラッと並べて訪問者を混乱させることはなく、本当に視聴可能性の高い有用な場所にのみ道案内をしています。「なんか試したことがない見慣れないネーミングのVODがあるな」と発見できれば、それはあなたにとっては運命のめぐりあわせ。無料動画へまっしぐらです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、野村周平出演の「ミュージアム」を見たい気持ちをまずは抑え、登録作業の中で支払い手段を入力しないといけません。クレジットカード決済に不安がある人でも安心。パスワード使い回しをしなければ、乗っ取り被害に遭う確率は最小限にできます。そこまで得体のしれないものとして怖がる必要はないのです。お手持ちのクレカはだいたいが対応しているので、確実に使えるものをセレクトしましょう。クレジットカードが未所持の人もいるでしょうがノープロブレム。代わりのやり方を使いましょう。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は個々で決められている再生機器の条件を満たす必要が「ミュージアム」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。ウイルス対策ソフトが再生を邪魔していたり、パソコンの更新アップデートで大幅な負荷がかかっていないか気をつけてください。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

表現規制を避けるなら
映画という映像メディアに起こる問題が表現規制。映画館やテレビ放送ではどうしてもレーティングという業界ルールがあるために制約が発生します。中にはバッサリと映像に処理が加えられたり、重要な部分なのに不明瞭になることも。俳優の不祥事で販売が自粛されたりすることもあります。それでは純粋にクリエイターの作り出したモノを満喫はできません。しかし、VOD(とくにテレビなど日本の大手企業が不関与のサービス)はそうした業界規制とは別の判断基準があるので独立性が高いです。残酷な死体が頻出する「ミュージアム」も無規制で。

その動画サイトは使える?
マニアな人気も高い「ミュージアム」を無料ウォッチングする手段はどれどれ…「dailymotion」「Pandora」「Miomio」「BiliBili」「openload」「vidia」…それこそまだまだ候補が出てくるかもしれませんが、これらの名称は要注意です。なぜなら違法度の高いものだからです。正しく潔白で無料で見るには選択肢はわずかしかありません。無料お試しの活用か、完全にフリーでアップされた公式の動画を見るか。それ以外はアウトなものだと考えてください。Google検索では最初に表示された動画が違法アップロードだったりするので迂闊に信用しないように。

『ミュージアム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月12日時点での『ミュージアム』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ミュージアム』をさらに知る

過激な描写と緊迫のストーリー展開で人気を博す巴亮介の人気サイコスリラー漫画を、これが初タッグとなる小栗旬主演×大友啓史監督により実写映画化。エグゼクティブプロデューサーは小岩井宏悦と青木竹彦、プロデューサーは下田淳行と下枝奨。雨の日だけに起こる猟奇殺人事件を追う刑事の沢村久志。犯行現場に残された謎のメモや、見つけられることを前提としたかのような凄惨な死体から、カエルのマスクを被った犯人像が浮かび上がる。その行為は猟奇的にしか見えないが、謎も多く、その動機も犯行に至る予測も難しい。通称・カエル男と呼称されるようになった犯人を地道な捜査で追い詰めていく沢村だったが、カエル男の仕組んだ残酷な罠にはまり、想像を絶する絶望的な状況に追い込まれていき…。

★スタッフ
監督:大友啓史(関連作品:『秘密 THE TOP SECRET』、『るろうに剣心 伝説の最期編』)
脚本:高橋泉、藤井清美、大友啓史
撮影:山本英夫
音楽:岩代太郎

★キャスト
小栗旬、尾野真千子、野村周平、丸山智己、田畑智子、市川実日子、伊武雅刀、大森南朋、妻夫木聡

★『ミュージアム』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.43.143.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ミュージアム』の感想

●シネマトゥデイ  
「あなたは最悪のラストを期待する」というキャッチコピーのとおりの内容でした。「あ!」っと言わせます。なによりも殺人事件の描写がかなりキツイです。死体の作りこみも相当なもので、この製作陣のお金のかけどころが凄いです。というか、なぜこれで規制がされなかったのだろう。一体日本のレーティングはどうなっているのか。カエルの真相とかはかなり都合がいいですが、そこはご愛敬ということで。映像の鮮烈さに期待しましょう。
●BILIBILI  
とにかく俳優陣の演技が秀逸で引き込まれます。一時も目を離せない展開が続いてあっという間の時間でした。名作と私は感じる「セブン」の下位互換と揶揄される作品でしたが、あれよりは明確な動機が見えるので一般層にオススメしやすいのはこちらです。ただ、どっちにせよかなりぐちゃぐちゃとグロい映像については覚悟しないといけませんが。邦画の中ではかなり気合の入った残酷描写にこそ一番の評価を与えるべき部分ではありますね。
●MOVIX  
和製セブンですね。犯人の正体的にはちょっとヴァンパイアものっぽいけど。アーティストと自称する異常者との対峙でいえば、「デスノート」的なサイコパスとの対決と思えばいいのかもしれない。エンドロールで妻夫木聡の名前を見て、どこにいたと思ったら、いや~特殊メイクって凄いのですね。おそらく本作の一番の驚きポイントなんじゃないですか。この後味の悪さ、胸糞の悪さがなんとも言えない良さを出すのだけど、そこに衝撃という…。