二流小説家 シリアリスト

史上初の誰もが驚愕した謎とトリック

映画『二流小説家 シリアリスト』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトやランキングサイトなどの雑多なリンク、邪魔な広告は無いです。
今すぐ『二流小説家 シリアリスト』を見るなら動画リンクをチェック。

デビッド・ゴードンの小説「二流小説家」を映画化し、上川隆也が映画初主演を務めたミステリーサスペンス。プロデューサーは丸山真哉、横塚孝弘、栗生一馬、星野明輝。ある日、売れない小説家・赤羽一兵のもとに、殺人犯の死刑囚・呉井大悟から告白本を書いてほしいとの依頼が舞い込む。それは突然の要求で、中身も真意が掴めない。呉井は、自身を信奉する3人の女性と呉井を主人公とした官能小説として仕上げるように要求し、赤羽は仕方なく女性たちを取材してまわるが、その先々で殺人事件が発生。その手口はかつて呉井が犯した殺人と同一だったが…。

原題:二流小説家 シリアリスト / 製作:日本(2013年) / 日本公開:2013年6月15日 / 115分 / 制作: / 配給:東映

『二流小説家 -シリアリスト-』予告編

(C)2013「二流小説家」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『二流小説家 シリアリスト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
ストーリーに謎めいた仕掛けを用意して観客を巧みに翻弄するような作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなミステリアスな映画をお得に観るなら、動画配信サービスを利用するの良いです。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあるほど、ポピュラーになってきているこのサービスはネット時代の恩恵を受けてどんどんその機能を充実させ、ユーザーの利便性を増しています。今後も期待のサービスです。

「無料」を嫌う人はいない!
これでお腹一杯になるのは早いです。ファーストタッチである利用者には無料のトライアルでまずは前菜が食べられます。例えば最初の1か月は月額の支払いが無くなるというもので、サービスによってその期間は異なりますが、どちらにせよお得度が非常に高く、初心者に優しい親切設計だということです。「退会の時期に制限はあるのか?」という質問に関しては、そのような制約はないと回答できます。携帯キャリアとは違って縛りのようなものはありません。好きなタイミングで辞められます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「二流小説家 シリアリスト」の再生はダメです。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。怖い体験をしてからでは修復は不可能になりますから、最初から安心の空間に身を投じていくのが賢い選択です。

使うべきはどれ?
「無料と聞いて黙ってはいられない!」と血気盛んに動画鑑賞モードに突入したら、そのまま登録に突進しましょう。ただし、勢いまかせで登録してしまった後に配信が無いことに気づくとガッカリです。覆水盆に返らず。悔いを残すことにならないためにも、確認はしておきましょう。「二流小説家 シリアリスト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。あてもなくウロウロの暗闇の森を歩いていても出口にはたどりつけません。このページでは単に無料であることを知らせるのではなく、どこで配信しているのかという場所をルート表示して道案内しています。同類な動画紹介サイトは他にもありますが、ファクト重視のフルムビバースは勝手にVOD紹介を制限せず、全部を等しく掲載。「無料動画のチャンスをメモしておこう。いつか見るために」そう思っている人に忠告ですが、配信はずっとではないので見逃しに注意。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はその日のうちにページ上での取り扱いを最終確認しなくてはいけません。「二流小説家 シリアリスト」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。電話が来たら迷惑極まりないですが、それはないですし、メールすらも頻繁には届きません(アカウント設定でOFFにすると良いです)。入力情報は必要なものに限るので、無駄にプライバシーを侵害するリスクも少ないです。VODのストイックなシンプルさは事前にクレジットカードの登録を要求することで、ユーザーの信頼性を確認しているゆえです。あとは「二流小説家 シリアリスト」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。素人考えだとフィルタリングでじゅうぶんな効果がありそうですが、これはただのブラックリストなのでどんどん新設される危険サイトの増殖に追い付けません。ブロッキングもドメインを変えられると意味がないです。そこで正規サービスを推薦して定着させるのが重要。VODはまさに適役。不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「二流小説家 シリアリスト」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「二流小説家 シリアリスト」は? ベーシックな基礎は、初回の月または一定期間の支払いが生じないということです。この期間はサービスによって異なり、2週間のものもあれば、1か月のものもあって、さらに登録時から月末までというものも。この月末のパターンでは登録日に注意です。そして他にもポイント制サービス特有の事情として、一定量ポイントが初回時に入手でき、それで作品を無料感覚で鑑賞できるのが定番です。このあたりはしっかり学んでおきましょう。

『二流小説家 シリアリスト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『二流小説家 シリアリスト』をさらに知る

★スタッフ
監督:猪崎宣昭
脚本:尾西兼一、伊藤洋子、三島有紀子、猪崎宣昭
撮影:高田陽幸
音楽:川井憲次

★キャスト
上川隆也、片瀬那奈、平山あや、小池里奈、黒谷友香、賀来千香子、でんでん、高橋惠子、長嶋一茂、戸田恵子、中村嘉葎雄、佐々木すみ江

★『二流小説家 シリアリスト』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????2.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『二流小説家 シリアリスト』の感想

●無料ホームシアター
二流小説家は二流映画ではなかった。いい役者といい演出があれば金をかけずに(勝手な推測)いい映画を創れる。ラストの浜辺を歩く母子は「砂の器」に同様のシーンがあったと記憶する。両作品には親子の血の問題が共通項としてある。監督はその辺、どこまで正確にはっきりと意識していたのだろうか。わかる人には伝わる名作だった。ミステリー要素というわかりやすさに期待してはいけない。そこにあるのは意外な作品の移り気なのだ。
●シネマトゥデイ 
海外小説を日本を舞台に描き直した作品ですが、日本人作家の作品とは異なる雰囲気満載。それが故に、「終わりかな?」と思ったところから、更に話はどんどん続きます。小説では良いと思いますが、映画では上手く描きにくいですね。その描きにくいところを、ギリギリ何とか纏めています。無難なまとめなのではないでしょうか。登場人物全員が「私、怪しいです」な演出はさすがに某探偵アニメみたいで、なんだかチープに見えてくるのだけども。
●BILIBILI
世界で高評価の原作はもちろん未読も、コミカルなテイストを変えて、かなり日本らしい味付けにした様で、そのアレンジの仕方がしかも「ザ・邦画」という感じのベタなやつだから余計に「えっ!?」となる。後半に畳み掛ける様に真実が暴かれるも、あまりにも足早過ぎてカタルシスという驚きを理解しようとモグモグしているうちに皿は下げられ、次の料理が出てくるのでストップできない。一瞬で飲み込めということなのだろうか。
●DAILYMOTION
型通りなサイコパスというキャラクター性にびっくり。これは原作どおりなのか。二流小説家である主人公の成長へのそれとない興味と、死刑囚を演じた武田真治の熱演で緊張感が持続していき、なんとかラストのオチまで持っていかれたが、かなり危ういバランスの映画でした。外国の小説を、直接、日本で映画化するという極めて稀なケースなのか、それが原因なのか、そうとう苦戦が見られる。なるべく一般受けを狙ったかのような工作の跡がね。