ケンとカズ(2016)

ここから這い上がるんだよ

映画『ケンとカズ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! サイトを埋め尽くす広告はゼロです。
今すぐ『ケンとカズ』を見るなら動画リンクをチェック。

2015年・第28回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門の作品賞受賞作。ロッテルダム国際映画祭などで上映された2011年製作の同名短編を、小路紘史監督が自身のメガホンにより長編初作品として再映画化した。プロデューサーは丸茂日穂と小路紘史。悪友であるケンとカズは自動車修理工場を隠れみのに多くの人の人生をボロボロにする覚せい剤の密売で金を稼いでいたが、その人生は大きな懸念事項を抱えていた。ケンは恋人が妊娠したこと、カズは認知症である母親を施設に入れるため金を必要なことを言い出せずにあくまで何事もなく仕事するだけの日々。2人は密売ルートを増やすために敵対グループと手を組むが、それは諸刃の剣であり、元締めのヤクザに目をつけられ、次第にどん底まで追いつめられていく。

原題:ケンとカズ / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年7月30日 / 96分 / 制作: / 配給:太秦

映画『ケンとカズ』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『ケンとカズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使えばわかる便利さ!
バイオレンスとドラマチックな人間の苦悩が交差するような生々しいリアリティをみせる映画を満喫したいなら、動画配信サービスを使ってお得に見れないか検討してみましょう。とくにこれらのサービスは配信されているのなら、普通では考えられないほどお得に映画を楽しめるチャンスになります。映画をレンタル店でDVDを借りるのもいいですが、こちらの方が断然便利で、すぐに見れるのでまずはこちらで探すのが基本的には吉です。

「無料」で感謝!
耳より情報はここからです。初心者を救いだす無料のサービスお試しプレゼントはクリスマスよりも嬉しい届け物です。さすがに役に立つというのは宣伝で散々言われても、結局は自分しだいなところもあります。無料で初回期間だけ試せるというのであれば、大きな不安も取り除きやすいです。「好きなように無料で解約はできますか?」当然、可能です。退会するときに不必要な支払いが要求されることはありません。解約料のようなものはなく、その場ですぐにアカウント削除できます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ケンとカズ」の再生はダメです。「私はしっかりウイルス対応ソフトをインストールしているからOKでしょう」と油断すれば、それはカモです。問題サイトではそのようなプロテクトではカバーできない手段で、こちらの個人情報等を誘い込むように盗み取ろうと巧妙に策を張り巡らしています。急ぐ必要はないですけど、該当者は公式動画を取りそろえたサービスの安定感に準備できしだい移行すべきです。

使うべきはどれ?
「なんかあれもこれも見たくなってきたぞ!」とハイパーな高ぶりを感じてきたら、その熱意を冷ましてはいけません。しかし、サブスクリプション系を含むビデオサービスの多さは尋常ではありません。嬉しさ半分、困惑半分で、初心者ならどうすればいいのか最初の一歩に困ります。「ケンとカズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この作品ページではそのクエスチョンの答えを導き出すためのアシスト方法を用意しています。もしアイコンがズラリと表示されていれば、視聴可能なVODがある可能性が高確率。動画はすぐそこです。ダイバーシティの時代ですが、VODだって数をマネジメントできないと意味はなし。その点、こちらでは10種類を超える対応数です。なお、配信作品はベルトコンベア式に新しいものがどんどん流入していき、消えていくものもありますので、要注視です。

登録情報は最小限
最初は何事も不安がつきもので、何からすればいいのやらと悶々と悩むかもしれません。手始めに登録が必須です。何でもいいので使用可能なメールアドレス(フリーメールでも携帯メールでも可)、電話番号(二段階認証でセキュリティアップ)、支払い情報(クレジットカードが基本)。これが基礎で、逆にこれ以上はありません。登録は速やかに終わり、登録内容の確認はないです。本人証明のような手続きもないので、そのままお試し無料利用に移行して動画生活が始まります。あとは「ケンとカズ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

悪いサイトを追い出すために
子ども向けによく利用されているフィルタリング、法的実用性の議論がなされているブロッキング、著作権侵害に基づくサイト検索削除システム。いずれも個々の有効性は理解できますが、世に蔓延る有害サイトの排除にはつながりません。大事なのはそのウェブサイトに置き換わる利便性の高いサイトで上書きすることだという研究もあります。そんな存在はあるでしょうか。もちろんここにあります。VODです。安価で、気軽で、ニッチな需要も満たす膨大なラインナップ。救世主として「ケンとカズ」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料動画サイトとの違い
映画動画を無料で見たいと考えたとき、真っ先に動画共有サイトで探したりするかもしれません。でもそれはちょっと待ってください。骨折り損のくたびれ儲けのような時間の無駄になります。なにせこういうサイトは不便だらけ。サムネイルでユーザーを釣る悪質なものもありますし、とにかく低品質。動画だってお粗末なものです。不正な動画を通報してもそう簡単には消えにくいので、いつまでも私たちの視界から消滅してくれません。VODはそんな厄介な欠点など微塵もない、「ケンとカズ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

表現規制を避けるなら
表現の規制はやむを得ない場合もあります。どうしても子どもには見せられない映像はありますし、それを避けるのは教育的にも必須。一方で全部が子ども向けになるのは困るので、なんとかバランスをとりたいところです。VODは基本的な制約はないので、割と暴力的な内容でもセクシャルな描写でも遠慮なく規制なしでぶっこんでくれるという、産地直送・添加物なしの提供をしてくれることが多いです。もちろんレーティングで作品は分類されていますから、しっかり事前に対応しながらの付き合いができます。「ケンとカズ」も規制なしでどうぞ。

『ケンとカズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ケンとカズ』をさらに知る

★スタッフ
監督:小路紘史
脚本:小路紘史
撮影:山本周平

★キャスト
カトウシンスケ、毎熊克也、飯島珠奈、藤原季節、高野春樹

★『ケンとカズ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
??3.203.7
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ケンとカズ』の感想

●無料ホームシアター 
タイトルそのままでケンとカズは覚せい剤の密売人。だがケンは彼女が妊娠し、密売人をやめたい、一方カズは認知症の母親を施設に入れるため金が欲しいので更に密売にのめりこむといった話。そこまでイレギュラーではない。問題なのはこういうアウトローにつきものの暴力描写がすごい、殴った後に飛び散る血や鼻血が本物にしか見えないぐらいだ。アクションも本当に殴り合っているように見える。これは映画なのかと疑いたくなる出来だった。
●FILMAGA
この監督の特徴なのか、カメラと役者の距離が近く、ケンカだけでなく、ガンのとばし合いの時点で迫力満点でスクリーンから役者の熱量が感じられる。すごく面白い映画、暴力描写が多いのでテレビで見れる事はないだろう。逆に映画でしか見れない描写、いい意味でスポンサーがつかなかったのでうるさく言われなかったのだろう。繰り返しになるがこの映画のバイオレンスは並大抵のアクション映画では絶対にありえないレベルです。絶対に必見ですよ。
●BILIBILI
生々しさが良い! セリフも少なく、説明も全然無い映画。でも、役者の表情や雰囲気で痛みや苦しみがこんなにも伝わる。監督の卓越した手腕に手を叩くほどの脱帽です。友情と呼べるのかわからない二人の関係と堕ちて行く様子が切なく、でも熱く響く。人生に選択肢はあるという人もいるけど、そんなのは一部の奴だけ。選ばざるをえない重圧の苦しさが突き刺さる映画です。ストーリー自体はありがちと言えばありがち。
●DAILYMOTION
ストーリーが特殊ではありません。だからそこに期待してはいけません。特に終盤の展開は、あまりにも簡単に読めてしまいました。演技、特にセリフ回しが見事で、ゆえに、本作は単なるバイオレンス作品に終止しません。説明セリフが極めて少ないのに、ケンとカズ、それぞれが背負った人生について、十二分に語り尽くされている点が凄いです。本来、自分は暴力描写てんこ盛りの作品は好きじゃないのですが。本作は評価しないわけにはいきません。