父親たちの星条旗(2006)

戦争を終わらせた一枚の写真、その真実

映画『父親たちの星条旗』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! サイトを埋め尽くす広告はゼロです。
今すぐ『父親たちの星条旗』を見るなら動画リンクをチェック。

クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。本作はその第1弾で、アメリカ側の視点による作品。対となる日本側視点の作品は『硫黄島からの手紙』。硫黄島の擂鉢山に星条旗を打ち立てた6人の兵士の写真の真実と、戦場から生き残り米本土に帰還した3人のその後の人生を描く。製作はスティーブン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ、クリント・イーストウッド。ウィスコンシン州で葬儀屋を営む老人のジョン・“ドク”・ブラッドリーが長い人生に別れを告げようとしていた。その人生は歴史の証人であり、ただの個人体験というレベルにはおさまらないものだった。彼は戦争とある写真の歴史を抱えていた。その写真はある一場面を撮ったものだが、戦意高揚に大きく利用され、ブラッドリーら戦友の6人は人生が乱れる。帰国したブラッドリーは硫黄島や写真について何が起こったのかを語らなかった。

原題:Flags of Our Fathers / 製作:アメリカ(2006年) / 日本公開:2006年10月28日 / 132分 / 制作:DreamWorks Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:9000万ドル / 興行収入:

父親たちの星条旗(予告編)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『父親たちの星条旗』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心を震えるドラマがある!
戦争という過酷な歴史の中で懸命に生きようとした人間たちにスポットをあてた映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信ときくと、どうしても画質が気になる人も多いですが、このサービスはしっかりハイクオリティな映像が用意されているので、気にすることはありません。スマホで楽しむも良し、テレビで満喫するも良し、自由にエンジョイできます。

「無料」はやっぱり魅力的!
先着ではない全員サービスの特典、それが耳寄りな無料お試しトライアルという嬉しいことだらけの満腹セットです。アカウント登録を初めてする際に、無料お試しの適用を受けることができます。この際は自分が初回ユーザーであることを確認させることが必要です(クレジットカードなどで判断)。「退会した瞬間に無料ではなくなるとか?」という疑念は大丈夫です。解約することは無料期間中でもできますが、その時点でお金が発生したりはしません。解約料はないのでお気兼ねなくどうぞ。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「父親たちの星条旗」の鑑賞はダメです。もしそんな不正確で危険オンリーなサイトを利用している人がいるなら、ただの騙しやすい相手として利用されていることを自覚しないといけません。完全な都合のいいカモとして悪用され放題です。悪人側はほくそ笑んであなたを馬鹿にしています。ベストチョイスを選ぶのは自由ですが、少なくとも変なアレよりもVODの方が健全さでは有力候補になると言い切れるでしょう。

使うべきはどれ?
「あの人に推薦されていた気になる映画も、VODなら今から見れるかも」そんな感覚になったならその調子です。しかし、サブスクリプション系を含むビデオサービスの多さは尋常ではありません。嬉しさ半分、困惑半分で、初心者ならどうすればいいのか最初の一歩に困ります。「父親たちの星条旗」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VODでの配信の有無を確認するのはひとつだけならすぐ済みます。でもそれが複数サービスで横断するとなるとややこしさが数倍にアップします。そこでこのページを補足に活用していきましょう。映画の始まりのオープニングから最後の余韻が残るエンディングまで、フル動画をたっぷり満喫できるのがVODの素晴らしさ。VODヴァージンはこれで卒業しましょう。提案されているアイコンの中に未体験のサービスを発見できれば儲けもの。映画といつでも一緒の人生が始まります。

字幕・吹替、選択は自由
突然ですが「字幕or吹き替え」選手権の開催です。赤コーナーからは字幕派の屈強なアタッカーが登場。すかさずオリジナルの良さを味わいやがれとストレートパンチを決めます。対する青コーナーの吹替派の攻撃性抜群の相手は、字を重ねるなどそれこそ映像への侵害だと勢いよくアッパーを決める。勝負は一体どちらに女神が微笑むのか。そんな痴話げんかもVODならば一切の場外乱闘。設定で選択できるわけですから好きなように選ぶかどっちとも見るのも一手。「父親たちの星条旗」の面白さの発見につながるかもしれません。

登録情報は最小限
初のVODの世界へようこそ…と言いたいところですが、まずは登録をしてください。遊園地に入る前のチケットの購入みたいなものです。もちろんお試しならば無料なのでお金はひとまずいりません。でも支払い先は事前に入力しないといけません。つまり支払い能力のない人は門前払いされます(イタズラ防止)。そしてメールアドレスなどを登録してアカウントを作らないとダメです。それ自体は1分もかからずに終わるのでノーストレスですが、動画を見るための準備体操みたいなものです。あとは「父親たちの星条旗」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
ネットサーフィンをしていれば悪質なサイトに出くわすこともあります。その挙動は明白です。広告による再生妨害、根拠不明なリンク、情報盗用の疑いがある不審サービス、そうした危険性に満ち溢れており、イライラ以前に自分のネットライフにすらも悪影響です。その一方で、フルムビバースは100%安全を保障しながら、「父親たちの星条旗」視聴を妨げません。よくありがちなことですがスマホでサイトを見ると画面の下や上に常に広告がついてくることがありませんか? ああいう鬱陶しい広告はこのページには全くないです。このクリーンさが大きな売りになっています。

悪いサイトを追い出すために
各所で報道されている海賊版動画ウェブサイト。それらからのダウンロードは完全に犯罪なのですが、個人視聴は規制しづらくなかなか終息しません。「フィルタリングならブロックできるはず」というのも過信にすぎず、実際は抜け穴がたくさんあります。そんな穴を効果的に埋めるためにはVODの普及が鍵を握っているかもしれません。専門家の意見では安価で便利なサービスの浸透はユーザーの目をこちらの合法的な動画に向ける効果があり、検閲の問題を発生させることもありません。「父親たちの星条旗」合法視聴方法を拡散しましょう。

『父親たちの星条旗』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『父親たちの星条旗』をさらに知る

★スタッフ
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ウィリアム・ブロイルズ・Jr.、ポール・ハギス
撮影:トム・スターン
音楽:クリント・イーストウッド

★キャスト(キャラクター)
ライアン・フィリップ(ジョン・“ドク”・ブラッドリー)、ジェシー・ブラッドフォード(レイニー・ギャグノン)、アダム・ビーチ(アイラ・ヘイズ)、バリー・ペッパー(マイク・ストランク)、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー(キース・ビーチ)、ポール・ウォーカー(ハンク・ハンセン)

★『父親たちの星条旗』の評価

IMDbRTMETA
7.173%??
映画comY!FM
??3.783.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『父親たちの星条旗』の感想

●シネマトゥデイ 
もう既に何度か観ているがこの作品には観る度にアメリカ映画が宿命として背負わなければならないものをイーストウッドが全身で受け止めようとしている覚悟を感じる。それは戦争という単純な善悪では語れないものに対して、その歴史をどう受け止めるかに他ならない。戦争を未来的思考で整理して「過去」として片づけることはできる。しかし、当事者はそんなことはできない。これはアメリカのみならず日本だって他人事ではない問題だ。
●ユナイテッドシネマ 
やはり戦争は双方にとって痛みでしかない。戦地で自らを犠牲にした人は尚更のことだ。国の為に、嫌々、仕方なく戦ったあげく、そのプロセスは正しく評価されず、ある一瞬だけが全てのように評価される。しかもその評価も永遠とは続かず、いっ時のブームとなり去っていく。日本は敗戦国であり唯一の被爆国であるから、深く悩まず堂々と戦争を反対できるのかもしれない。しかし、勝った国であっても戦争は暗い影を残す、嫌なものなのだ。
●109シネマズ  
硫黄島での壮絶な現実は、平和に日常生活を送っている普通の国民には到底理解しきれるものではなく、単純なままにヒーロー扱いされ、身勝手に創り上げられていく虚像と真実との狭間で苦悩する若き帰還兵たちの心情が痛いほど伝わってくる。正直、こうやって戦争当事者たちを好き勝手に特定のプロパガンダのもと、祭り上げる行為は日本もしていたはずだ。いや、今もしているかもしれない。私たちは戦争経験者の苦悩を理解しているだろうか。