トゥルー・リベンジ(2010)

セクシーなガンマンが銃を向ける

映画『トゥルー・リベンジ』のフル動画を無料視聴する方法を、広告に覆い隠されることなくピンポイントで紹介。
今すぐ『トゥルー・リベンジ』を見るなら動画リンクをチェック。

殺された恋人の仇を取るために血ぬられた荒野をさすらう女ガンマンの復讐を描くバイオレンス・ウェスタン。製作はマイケル・フリスレフ、ダンカン・モンゴメリー、チャド・オークス。20世紀初頭のメキシコ。アウトローのランサムは武器取引の失敗から殺されてしまう。その無残な死は次の者に受け継がれる。ランサムの恋人で凄腕のガンファイターのジュリエットは、亡き恋人との「ある約束」を果たすため遺体が安置されている町へ向かう。ランサムの遺体を預かる呪術師のマリアは、ランサムに弟を殺された恨みから、そう簡単に望みは聞くまいと遺体の受け渡しを拒否。代わりにランサムの弟チャンプを生贄として引き渡しを要求する。これによりどうすることもできなくなったジュリエットはテキサスに住むチャンプを言葉巧みに誘い出し、その要求に従うように遺体を取り戻す旅に向かう。しかし、災難は続く。チャンプの父親である悪徳牧師は凶悪な殺し屋を雇い、目的を持って行動する二人の追跡を開始した。二人はアルコール依存症の元軍人、2挺ショットガンをあやつる小人、ヤミ医のシャム双生児といった個性の強い連中との出会いを経て、再度マリアと対峙するが…。

原題:The Last Rites of Ransom Pride / 製作:カナダ(2010年) / 日本公開:2011年7月(DVDスルー) / 82分 / 制作: / 配給:

The Last Rites of Ransom Pride – Movie Trailer 2010

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『トゥルー・リベンジ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画のスーパーマーケット!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけで面白い関心を惹きつけます。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信ならば、動画サイトのような感覚で自由に見られます。スマホでも、パソコンでも、タブレットでも、テレビでも、ユーザーの好みに合った視聴スタイルが選べるので、忙しい現代人にとってもこれ以上の使い勝手はない便利なサービスといえます。

「無料」は全て初心者のため!
喜ぶのはここから。ユーザーへのサプライズプレゼントのようにサービス無料体験がドドーンと弾け飛んできます。さすがに役に立つというのは宣伝で散々言われても、結局は自分しだいなところもあります。無料で初回期間だけ試せるというのであれば、大きな不安も取り除きやすいです。「どうせ自分には上手く扱えないに決まっている」そんな最初からイジケナイでください。びっくりするほどに簡単で、アカウントを作るのも数分で完了し、そのまま待機もなく動画を再生できます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「トゥルー・リベンジ」の鑑賞はダメです。「私はウイルス対策のセキュリティもバッチリなのでなんとかなる」そんな気のゆるみは油断大敵で、最悪の事態につながります。実際に既存のプロテクトでは100%防ぎれないことがわかっており、その思わぬ弱点を突いて怖い危険が攻め込んできます。赤信号みんなで渡れば…ただの大量犠牲者が出るだけなのです。わかっていても飛び込むのならばそれは自殺行為です。

あなたの選択は自由!
映画はインターネットで見るものという習慣はすでに若い人の間では定着以前に常識になり、VODは頻出手段でもあります。ところがどっこい、光陰矢の如し。VODも配信状況も激流のごとく変化してしまうので、今の時点で何が配信中なのか、情報を追いかけるのは普通にすれば苦労ばかりで至難の技です。「トゥルー・リベンジ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらのページはよくありがちな雑な動画リンク集ではありません。ユーザー側をたらい回しにすることなく、見られる確率の高いサービスを推奨していますので、アイコンに注目です。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。まだ登録はしたくないという人でも配信確認は未登録状態でも可能なので、まずはサービスサイトにアクセスして検索チェックすればいいでしょう。

見たい動画をメモしよう
ただの動画配信サイトリンク集ではないフルムビバースでは作品メモ機能があります。いわゆるウォッチリストやマイリストと呼ばれるものです。この作品一覧はプライベートなもので他人に覗かれることはありません。自分だけのノートに活用できます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「トゥルー・リベンジ」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

パスワードは大事
バリエーショナルなVODは魅惑的ですが、その利益を享受する前にアカウント作成しないといけません。そして絶対に決めることになるのがパスワード。あなたは毎回深く考えにパスを決定していませんか。それだと最悪な事態になるかもしれません。アカウント乗っ取りのたいていの原因は、粗雑なパスワードが理由であり、使い回しをしていた人も多いです。まさか誕生日などを使っている人はいないと思いますが、辞書に載っている単語すらもダメです。独自の羅列にしましょう。安全な「トゥルー・リベンジ」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

無料動画サイトとの違い
昔から、具体的には2000年代初期のジェネレーションZ誕生の少し前の時代、動画を見るという文化がネットに定着しました。そこで使われていた動画共有サイトは瞬く間に繁栄を極め、今日に至っています。しかし、問題点もまた無数に拡大してしまいました。品質の悪いもの、粗悪な内容のもの、法律を守っていないもの、動画の自由投稿が逆に環境を悪化させています。そこでVODです。こちらは管理がフルサービスで行き届いているものであり、ましてや全ての動画が高品質。「トゥルー・リベンジ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「トゥルー・リベンジ」は? 基礎としては初回という最初に限って特定の期間に料金発生がないということを意味します。永遠に無料ではもちろんなく、期間終了後にごく普通にお金は払うことになりますが、無料期間分がまとめて請求されることはないです。配信している作品が全て無料なのかどうかはサービスによります。見放題系なら問題ないですが、中には複雑な視聴システムがある場合もあるので要確認。どちらにせよ事前の把握のためにもサービス特徴をおさらいしましょう。

『トゥルー・リベンジ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『トゥルー・リベンジ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ティラー・ラッセル
脚本:ティラー・ラッセル、レイ・ワイリー・ハバード
撮影:ロジャー・バーノン
音楽:ジェフ・ダナ

★キャスト
ドワイト・ヨーカム、リジー・キャプラン、ジョン・フォスター、コート・デ・パブロ、スコット・スピードマン、クリス・クリストファーソン、W・アール・ブラウン

★『トゥルー・リベンジ』の評価

IMDbRTMETA
4.3??%??
映画comY!FM
?????2.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『トゥルー・リベンジ』の感想

●FILMAGA 
「トゥルー・グリット」と誤解させたい邦題センスの開き直りっぷりは、ここまでくると逆に清々しいくらいだが、残念なことに映画の中身は名作とは180度どころか、異次元のレベルで全く異なるので、気を付けよう。そんなアホな勘違いをしている人もいないとは思うけど。まず3人構成は同じでも主役の女性が別物だし。もっというなら西部劇ではなく、アクションですから。西部劇的な独自の雰囲気はあるわけもなく、リベンジしているだけです。
●TOHOシネマズ  
なにがトゥルーなリベンジだったのか最後まで謎だった。B級映画なので大して期待はするものじゃないのだが、いかんせん西部劇風のビジュアルとあの高評価作に似せている宣伝が、ほんのわずかにこの作品の期待値を上げてしまっているのが不幸中の大不幸になった気がする。何もない殺風景な荒野が舞台ともあって変わり映えしない画をいかに飽きさせないかという監督の技術的な力量が試されるはずだが、そもそもこれはB級アクションですからね。
●DAILYMOTION  
主演しているリジー・キャプランという若手女優はこの当時はあまり活躍はなかったが、「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」やロバート・ゼメキス監督の「マリアンヌ」など、大作エンタメや大物監督作の主演も重ねるなど、少しずつキャリアアップしている気がする。そんな彼女にもこんな健気に頑張っている作品があったのだなという努力を知ることができる作品として、この映画を語ることが一番良いかもしれない。