ビューティフル・マインド

天才の脳は戦っている

映画『ビューティフル・マインド』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! サイトを埋め尽くす広告はゼロです。
今すぐ『ビューティフル・マインド』を見るなら動画リンクをチェック。

ゲーム理論の基礎を築いたノーベル賞数学者ジョン・ナッシュの伝記小説を、オスカー俳優ラッセル・クロウを主演にロン・ハワード監督が映画化。製作総指揮はトッド・ハロウェル、カレン・ケーラ。天才数学者ナッシュは、周囲に変人扱いされながら研究に没頭、そのままキャリアを重ねていくと思われた。しかし、やがて精神状態に異常をきたすようになり、終わりの見えない病との闘いが始まる。

原題:A Beautiful Mind / アメリカ(2001年) / 日本公開:2002年3月30日 / 136分 / 制作: / 配給: 

ビューティフル・マインド – 予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ビューティフル・マインド』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使えばわかる便利さ!
社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱えつつも懸命に生きて見せた人間を描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを使いましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという情報も整理されており、つまりすっかり身近なサービスになっています。レンタル店でDVDを借りることは今ではポピュラーではなくなりつつあります。試す価値はありです。

「無料」ですよ!タダ!
「でもカネを要求するでしょ?」と思っているならまだまだ無知です。これには無料お試しというリーズナブル価格サポートがあるのです。無料動画といってもYouTubeのような単に再生するだけのタダ見とは違って、特定期間だけのお試し形式で、サービスの質はそのままにフルバージョンで普通に利用するのと同じ経験が可能です。「どうしても心配なのだけど無料期間内で退会したら即有料になるの?」その疑念は自然と思い浮かびますが、退会後はいきなりの料金発生はないです。無料期間を過ぎていないのなら安心できるでしょう。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ビューティフル・マインド」の鑑賞はダメです。他人不信になる必要はなくともネットの大きなワールドはあらゆる思惑がひしめきあっており、警戒するに越したことはありません。セキュアなソフトサポートでもその危険は防げないことも頻出し、動画が視聴できない以前の深刻な怖さを体験させられてしまうこともあります。「私は高いお金を払ってセキュリティ対策ソフトを導入している」そんな豪語もこの手の不正サイトにはあまり通用しません。

配信しているのはコレ!
ジャンルも公開時期も問わないあらゆる映画をミックスさせているこのネット上のレンタル店みたいなVODは最強の存在です。しかし、サブスクリプション系を含むビデオサービスの多さは尋常ではありません。嬉しさ半分、困惑半分で、初心者ならどうすればいいのか最初の一歩に困ります。「ビューティフル・マインド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その立ちはだかる障壁を壊すための手助けとなるハンマーを提供するのがこのページの仕事。VODを配信しているものに限定してリストでアイコン表示中。アイコンがない場合は配信していないかも。さすがに1日ごとに対応していくのは物理的に不可能ですが、フルムビバースは適度な情報更新を実施しています。まずは冷静に確認をしたい? それは賢い判断です。アカウント作成をしなくても映画の有無の確認はできるので、夢心地になる前に調べましょう。

字幕・吹替、選択は自由
外国語映画(英語など)を見るなら、視聴者は「字幕」か「吹き替え」の二者択一を迫られます(もちろんオリジナル音声でOKな語学力のある方は別)。それぞれは一長一短で、どちらも捨てがたいものです。字幕独自の俳優演技重視、吹替独自のユニークな翻訳の妙、両方とも面白いです。できれば2種類を楽しむために2回鑑賞してほしいといいたいところですが、そうもいかなかったり。VODではしっかり対応済みの作品なら2パターンを見れて、ダブルで「ビューティフル・マインド」の面白さの発見につながるかもしれません。

古い作品ならもしかして…
言うまでもなく公正な動画サービスを使うべきですが、中にはそれ以外で合法性をともなって動画を無料で視聴可能な事例があります。これは制限されるもので、その対象は昔の作品のいくつかです。具体的にはその映画がパブリックドメインという扱いになっている必要があります。これは法的な知的財産権が存在せず、今は誰の管理下にもない作品であり、ゆえに著作権切れとして扱われます。なので格安DVDが販売されていたりしますが、ネット上でも法律を守るかたちでそのままアップされているものがあるのです。

俳優好きにも必須
多彩な魅力を合わせ持つ映画エンターテインメントの立役者はまさしく俳優です。ワイルドなあの人、プリティなあの方、ワンダブルな才能を見せるあの子、熱狂してドハマりになってしまうファンが生まれるのも納得の唯一無二のカリスマ性。そんなムービー・スターの出ている動画を抽出できるのも、検索機能を持つVODの強みです。「ラッセル・クロウ」のまるで魂が乗り移ったかのような凄みに震えることも。私たちの知っている姿とはまた違う一面を観られたりして、興奮します。一方で思いとは裏腹におカネの負担は大きい…。でもVODで補えます。

海賊版サイトは無料ではありません
海賊版サイトというのはその名のとおり、傲慢にこちらの財産を根こそぎ奪っていきます。無料や動画という看板を背負いながら、優しそうに近づき、接近したところで一気に大砲で攻撃してくるという畜生です。大切なプライバシーを厳重に保護したいと思っているなら、この船は極悪の巣窟なのです。「ビューティフル・マインド」が無料視聴可能という雰囲気を英語サイトのわけがわからないテキストを適当に翻訳して理解したつもりでもそれは危険。きっと利用規約の長文英語までは読んでいないでしょう。そこに有料などの罠があったらもうおしまいです。不注意1秒で損害永遠です。

『ビューティフル・マインド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ビューティフル・マインド』をさらに知る

★スタッフ
監督:ロン・ハワード
脚本:アキバ・ゴールズマン
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:ジェームズ・ホーナー

★キャスト
ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス、クリストファー・プラマー、ポール・ベタニー、アダム・ゴールドバーグ、ジョシュ・ルーカス、ヴィヴィエン・カーダン、アンソニー・ラップ、ジャド・ハーシュ、オースティン・ペンドルトン、ターニャ・クラーク

★『ビューティフル・マインド』の評価

IMDbRTMETA
8.275%72
映画comY!FM
??4.083.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ビューティフル・マインド』の感想

●FILMAGA  
ラッセルクロウの天才数学者は以外にはまり役で光る、その彼にジェニファーコネリーが寄り添い、溢れる愛情が画面から感じられ非常に気持ちいが良い。この作品はジョン・ナッシュさんの半生を描いていますが少し事実とはちがうところがあります。しかしいい映画でした。めちゃくちゃ好きな映画で、意味が深い名言が多い! 数学や医学という主に大脳で行われる人間の最先端の営みを、ついにはハートが大きな壁を凌駕していきます。
●映画無料夢心地
人間の全人的なあり方への敬意や期待が感じられる作品ですが、そこに至る展開が月並みではありません。人の凄さをまざまざと見せつけられる映画はこれを超えるものはない。病状の複雑性をうまく脚本出来ているという意味では絶対に良作としてカウントされる。ラストのシーンは思わず涙ぐんでしまいました。タイトルがいい。恥ずかしげもなく「ビューティフル」と言える人はあまりいないと思いますが、これは間違いなく美しいです。
●ユナイテッドシネマ 
経済学理論に多大な影響を与え、ノーベル経済学賞を受賞した実在の天才数学者ジョン・ナッシュの半生を、名監督ロン・ハワードが映画化。もう何度見ても、心揺さぶられます。何に揺さぶられるかって、脚本や演出は勿論ですが、何といってもジェームズ・ホーナーの天才的なるドラマチックな音楽スコアの数々にです! ベテラン実力派俳優エド・ハリスの諜報員役も見事なハマリ役で、痺れました。久しぶりに震えた映画に出会いました。
●VUDU
映画の前半と後半の印象がかなり違い、はじめはどこまでが彼の頭の中なのか分からず、怖くなってくる。それこそ映画の魔術にハマっているのですが、気づかないので、ただ恐怖。それを見せつけた名優たち。クリストファー・プラマーの医師役も、バッチリ映画全体を引き締めていたと思います。実在のJ・ナッシュとは、結構相違点が多いのは事実ですが、そこは映画だし、芸術なんだし、自分は全然許容して、心の底から浸って鑑賞できます。