イップ・マン 葉問(2010)

その心と技はブルース・リーに受け継がれた

映画『イップ・マン 葉問』のフル動画を無料視聴する有利な方法を、冗長なリンク無しで的確に各サイトの中から推薦。
今すぐ『イップ・マン 葉問』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:葉問2 / 香港(2010年) / 日本公開:2011年1月22日 / 109分 / 制作:東方電影發行有限公司 / 配給:フェイス・トゥ・フェイス/リベロ / 前作:『イップ・マン 序章』 / 次作:『イップ・マン 継承

映画『イップ・マン 葉問』予告編

(C)2010 Mandarin Films Limited. All Rights Reserved

動画
▼『イップ・マン 葉問』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 和訳オプション

VOD2 Huluで動画を見る 一時停止可

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『イップ・マン 葉問』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用しない手はない!
激動の時代の中で自分の生き方を貫いた人物にスポットをあてた映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く使いましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は同じです。ネットにアクセスできる環境で、ウェブサイトもしくはアプリを開き、観たい映画を視聴する。それだけ。ネット配信はスマホとの親和性も高いので、動画メディアとして急成長しています。

「無料」を見逃すな!
「有料コンテンツだしお金もいるのは変わらない」いいえ、まずは無料試用で作品動画を見れますのでそれからです。用心するに越したことはないですし、転ばぬ先の杖として、無料お試しをフル活用するのが賢い選択です。本当に自分にピッタリ合うのか、お目当ての作品が見られるか、じっくり試せます。「無料という都合のいいフレーズにイマイチ信用を持てない…」「それこそ上手い具合にできている釣り文句ではないの?」その疑いも綺麗にクリアにできるのがVOD。別にわざと大袈裟に言っているわけではなく、本当に無料で試せるのですから偽りなしです。ウィルソン・イップ監督の「イップ・マン 葉問」もアリ。

それは勝負にならない!
なお、巷に溢れる勝ち負け以前の問題になってくるイリーガルな動画サイトとは縁を切りましょう。それでドニー・イェン主演の「イップ・マン 葉問」の鑑賞はダメです。これらのセキュリティ・クラッシュなサイトは「無料動画」と宣伝されていても、まずそんな淡い欲望は粉々に打ち砕かれます。あなたの味方ではないのです。意味不明な外国語ページの出現とともに、エラー音やアダルト広告を伴って、気づかぬうちに危険な状況に突き落とされます。リスク特大のサイトなどを継続利用していれば今日は大丈夫でも明日はとんでもない大損害に大泣きすることになるかもしれません。

これに決めた!
「配信ムービーを見物しているだけで、とにかく生で見たい欲がヒートアップ!」だったら解放しましょう。「好きこそ物の上手なれ」というべきか動画が見たいなら試さずにはいられませんが、好きの気持ちが爆走する前に配信状況の確認だけはうっかり忘れしないように。サモ・ハン・キンポー出演の「イップ・マン 葉問」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「そんなのネット検索でスイスイだよ!」と考えているなら甘いです。普通にググるだけでは一部の限定されたものしか紹介されないので、気づかぬうちに損をすることも。できればこのページで全チェックするべきです。ネット上に散乱しているVODを紹介するサイトでは、もっぱら特定のサービスを推奨してお終いなので古い内容のままです。「無料動画のチャンスをメモしておこう。いつか見るために」そう思っている人に忠告ですが、永遠に確保されているわけではないです。配信はずっとではないので見逃しに注意。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、全く知ることはできないわけではありません。チェックする手段は提供はされているのです。サービスによりけりですが、作品ページ内に日時が掲載されていることがありますが、かなり目立たないですし、そもそもこれは予定日であり、必ず正確にそのとおりになるとも限りません。つまり、今日の配信は今日にチェックしないと断定はできないのが結論です。ホァン・シャオミン出演の「イップ・マン 葉問」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに自分のスケジュールに合わせないといけないですが視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトである映画総合データベースになっているフルムビバースでは、数多に存在する各サービスの選別をするという名目で単にステルスマーケティングするようなことはしていません。まずは適切な情報をイントロデュースすることが最善の使命。類似サイトでは特定VODをオンリーで紹介したりもしていますが、本サイトは対等に配信サービスを扱い、フラットに情報を提示中。ユーザーによってマッチするものは違うのが普通であり、判断は各自に委ねるべきです。単純に「イップ・マン 葉問」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングしていけばきっとそれは不変の友になるでしょうし、まずはあなただけのディープな出会いを正確に届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
一般的な動画サイト(YouTubeやニコニコ動画)は煩わしい登録などの作業もなくすぐさま動画を見放題というのがメリットであり、そのため全世代に普及し、ビジネスでも活用されるようになったものですが、デメリットも散在。こういうものは中身の信頼性は何もないのです。詐欺的な騙し動画もあれば、中身がスカスカの空虚なゴミ動画まで。誰でもアップロードできるゆえに品質に関する保証はないです。中にはかなり杜撰で意味のない動画も存在しています。そこでVODの出番。全てがマネジメントの行き届いた動画で埋め尽くされるので、ストレスゼロの気持ちのいい、リン・ホン出演の伝説的人物を追う「イップ・マン 葉問」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉はどこまでも手を出したいほどに魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。ケント・チェン出演の「イップ・マン 葉問」は? 混乱しやすいのはあくまでサービス利用料が初回の特定期間に限定して無料になるという点。つまり、映画動画自体の無料は副次的なもので、どれくらいのコンテンツが無料になるのかはサービスによって状況がガラリと変わってきます。大きな考え方を整理しましょう。見放題系ならば話は簡単。全部無料です。単品視聴型は登録時にもらえるポイントでの購入になるので、その初回ポイント分に限って(映画を選択するということになりますけど)実質的なタダと同じ感覚で見られます。この場合は与えられたポイント内でオーバー防止のやりくりが必要になるのです。

『イップ・マン 葉問』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月16日時点での『イップ・マン 葉問』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『イップ・マン 葉問』をさらに知る

ブルース・リーの師匠として知られる詠春拳の達人イップ・マン(葉問)の半生を描く伝記アクション。それは伝説になった男の物語。1949年、家族を連れて香港に移住したイップ・マンは、詠春拳を広める自分の理想を叶えるため、とある新聞社の一角に道場を開く。そこが全ての始まりとなった。様々な流派の道場主たちとの対決を通してイップ・マンの名は広く知られるようになり、各地の猛者たちや強き者に憧れる人間の興味を惹きつけ、彼のもとに多くの弟子が集まってくるが…。

★『イップ・マン 葉問』のスタッフ


監督:ウィルソン・イップ
音楽:川井憲次

★『イップ・マン 葉問』のキャスト


ドニー・イェン、サモ・ハン・キンポー、ホァン・シャオミン、リン・ホン、ルイス・ファン、ダーレン・シャラヴィ、ケント・チェン、デニス・トー、サイモン・ヤム

★『イップ・マン 葉問』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.8???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『イップ・マン 葉問』の感想

●『イップ・マン 葉問』シネマトゥデイ  
前作は日本だったが、今作では英国からの支配を受けつつ極貧ながら武道を通じて道徳を説いたイップマンの半生を描く。民族性を煽る内容なのは相変わらずだが、それも歴史なので仕方がない。ただ、重さは若干和らいだ気もします。何と言ってもこの人、サモ・ハン・キンポーの登場に胸が踊ります。メリハリのついた役柄に、はじめは配役に恵まれなかったのかと落胆したのですが、誇り高き精神の如く素晴らしい好演ぶりに圧巻されました。
●『イップ・マン 葉問』フルムビップマン
前作と変わらず見応えあるアクションと飽きさせない展開の連続で大満足。今回も内容が濃くて色々な中国武術が出てくるたびにワクワク。異種格闘技も変わらず、今回はボクサーと戦ってみせます。純粋な格闘術を堪能できる数少ない一作でした。サモハンとの対決は笑っちゃうほど楽しく作ってあって、思わず一緒に拍手して大盛り上がり。反日だとか反英だとか、そんなのは全然無視できるレベルですので、気にしないでください。
●『イップ・マン 葉問』109シネマズ  
前作の悪役が日本軍だったが、今回は終戦後の香港が舞台で、悪役はイギリス人。前作に比べ、心情的には安心してイップ・マンを応援しながら見ることができる。前作から一貫しているのは詠春拳をはじめとした中国武術が前作なら空手、今作はボクシング(西洋武術)と腕を競い合うという仕掛け。個人的な地位や名誉でなく中国拳法への誇りがここに挿入されることで感情を揺さぶられる対決シーンとして完成しているのが最高です。