ショーン・オブ・ザ・デッド

低予算だけどイギリスで大ヒットを記録したゾンビコメディ

映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』のフル動画を無料視聴する方法を、最速・最新・安全なスタイルでわかりやすくお届け。
今すぐ『ショーン・オブ・ザ・デッド』を見るなら動画リンクをチェック。

突如として街に出現したゾンビの大群から恋人を救うべく立ちあがったダメ男の奮闘を描き、低予算ながらイギリスで大ヒットを記録したゾンビコメディ。製作総指揮にはティム・ビーバン、エリック・フェルナー、ナターシャ・ワートン、ジェームズ・ウィルソンなどが名を連ねる。日本では劇場未公開だったが、製作から15年を経た2019年にTOHOシネマズで限定上映というかたちで劇場公開となる。ロンドンの家電量販店で働く冴えない青年ショーンは、とくに大きなことを成し遂げるでもなく、親友のエドとつるんで無意味な時間をつぶし、自堕落な毎日を送っていた。ついにガールフレンドのリズに愛想を尽かされたショーンはようやくこのままではダメだと思い、更正を決意するが、その矢先、街に大量のゾンビが発生。もはや人生を送るよりも生存が大事になっていく。愛するリズを助けるため、エドと共に行動を開始するショーンだったが…。

原題:Shaun of the Dead / 製作:イギリス(2004年) / 日本公開:2004年12月(DVDスルー) / 100分 / 制作: / 配給:カルチャヴィル

Shaun of the Dead Official Trailer #1 – Simon Pegg Movie (2004) HD

(C)Images courtesy of Park Circus/Universal


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『ショーン・オブ・ザ・デッド』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

大笑いできるユーモア!
退屈極まりない日常に飽き飽きしたら痛快な映画で気分をリフレッシュしましょう。そんなユーモア満載のエキサイティングな映画を観たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信であれば、レンタル店でDVDを借りるよりも楽に動画を探せます。ウェブサイトにアクセスして確認するだけ。まずは店に足を運ぶ前に下調べ。見つかればスマホでも見れるので、ちょっとした時間の空いた隙に動画を見て時間つぶしをするのも良いです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今すぐお金を工面できないし…」とモヤモヤしているなら、フリー体験で最初の導入を助けてくれるので初めは安心です。レンタル店舗もズラッと商品が並んでいるものですが、ネット配信だって同じくらいの品ぞろえで、プラス初回無料があるのですから、どっちがお得かは言うまでもないでしょう。「YouTubeとは何か違うのですか?」そんな初歩的な質問にお答えすると、これはそういう一般的な動画サイトと違って、質を重視したものと考えてください。全ての動画が高水準なものばかり。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ショーン・オブ・ザ・デッド」の鑑賞はダメです。もしそんな不正確で危険オンリーなサイトを利用している人がいるなら、ただの騙しやすい相手として利用されていることを自覚しないといけません。完全な都合のいいカモとして悪用され放題です。悪人側はほくそ笑んであなたを馬鹿にしています。あとあとで引き返せない自滅をしてしまう前に、最初の時点から正規サービスを選択しておけば何も問題なし。

これに決めた!
「配信ムービーを見物しているだけで、とにかく生で見たい欲がヒートアップ!」だったら解放しましょう。しかしながら、厄介というか面倒な一面もあって、VODは幸か不幸か数が多く、どれが自分にとってのジャストマッチなのか判別しにくいです。配信作品だって変わってしまいます。「ショーン・オブ・ザ・デッド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その難題ヘの攻略サイトがここです。そうは言っても複雑な解決法ではありません。配信可能性の高いVOD(確実性は今日の状況が反映されないので100%ではないですが)をアイコンでリコメンドしています。どれだけ他に同様サイトがあれど、ひたすら同じVODを勧めるページばかり。こだわりのフルムビバースは品質と鮮度が違います。「無料動画のチャンスをメモしておこう。いつか見るために」そう思っている人に忠告ですが、配信はずっとではないので見逃しに注意。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ショーン・オブ・ザ・デッド」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

邪魔な広告は無し!
こんな経験はあると思います。動画再生中に表示された広告が閉じられない、閉じようとすると邪魔な別ページに飛んでしまう。こうした動画体感を妨害するだけのサイトは中にはフィッシングサイトなど有害性の高いコンテンツと連動している場合もあるのでただちに使用を停止しましょう。フルムビバースは公式のみの厳選であり、「ショーン・オブ・ザ・デッド」視聴を妨げません。基準としてはGoogleなども採用している広告判定のルールを活用し、ユーザーのインターネット利用を妨害するアドシステムは排除し、正規に認められたものだけを限定的に制限しながら使用しています。

無料動画サイトとの違い
無料で動画を見るというのはインターネットが生まれてすぐに楽しみ方として出現したものですが、その手段の主なフィールドは動画共有サイトとなってきました。数多の多種多様な動画コンテンツが見きれないほどに揃っていれば、時間が暇になることなんてあり得ません。しかし、それらサイトの動画は質が低いものもあります。決して推薦できない場合もあってイライラすることも。そこで急速に発達したVODが新時代の動画視聴サービスとして白羽の矢が立っています。違法性皆無の、「ショーン・オブ・ザ・デッド」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ショーン・オブ・ザ・デッド」の鑑賞体験をTwitterやFacebook、Lineなどで流せば、その作品をまだ知らない人にも知ってもらうチャンスになり、そこから新しいフレンドや仲間ができる繋がりを広げることも。コミュニケーションを円滑にするなら映画関連のタグなどを用いてみるのも良いです。Twitterなら「#映画好きと繋がりたい」「#映画好きな人と繋がりたい」をプラスしましょう。

『ショーン・オブ・ザ・デッド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ショーン・オブ・ザ・デッド』をさらに知る

★スタッフ
監督:エドガー・ライト
脚本:エドガー・ライト、サイモン・ペッグ
撮影:デビッド・M・ダンラップ
音楽:ダン・マッドフォード、ピート・ウッドヘッド

★キャスト
サイモン・ペッグ、ケイト・アシュフィールド、ニック・フロスト、ルーシー・デイビス、ディラン・モーラン、ペネロープ・ウィルトン、ビル・ナイ、ピーター・セラフィノウィッツ、ジェシカ・ハインズ、マーティン・フリーマン、ソネル・ダドラル、マット・ルーカス

★『ショーン・オブ・ザ・デッド』の評価

IMDbRTMETA
7.992%??
映画comY!FM
?????3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ショーン・オブ・ザ・デッド』の感想

●無料ホームシアター
なんと完成度の高い映画だこと! ゾンビモノはいくつか観てきたんでしが、そのなかで一番の作品だと中盤くらいから確信しました。見ている側を裏切らない展開。テンポもグッド。完成度が高く無駄なところがありません。カットなしで流れるように進むカメラワークにも好感が持てました。面白いシーンは沢山ありますが、パブで自動再生されたqueenの曲に合わせて3人でパブの主人をちゃかぽこやってるシーンが一番のお気に入りです。
●FILMAGA
シリアス2コメディ8くらいでバランスがいい。基本はふざけている。とことんバカをしているといってもいい。ゾンビ映画というか、基本はイギリスのユーモア喜劇。エドガーライト、サイモンペッグ、ニックフロストトリオからなるこのメンバー作品は映画ファンでは熱烈な支持があるけど、その熱狂もわかるクオリティでした。たぶん今まで見た中で最弱のゾンビたちが、おそらくこちらも最弱の主人公と戦うというコテコテの笑いに幸せがいっぱい。
●ユナイテッドシネマ 
ゾンビ映画に愛を届けて、イギリス風にアレンジしました。料理はマズいけど、映画はいい英国です。ギャグも良いですし、テンポや間も良い。サイモンの作品に毎回出てくるニック・フロストが良い演技をしています。この人やっぱり面白いですね。ギャグが意外にブラックであり、出来の悪い腐れ縁の親友とわかれることが出来ず、最後にはあのオチは非常にビックリするというか、そこまでして友人と分かれられないのかという皮肉なオチがついている。
●FANDANGONOW
結構真面目なテーマじゃないかな。友人と別れれないというのは分かるような気がしてしまうが、いずれはそれぞれの道を歩み別れていくのだ。でもいつまでも大人になれず、昔の友人と連んでしまうという人も中にはいる。この映画を見ていてそういう「大人になれない」大人たちのブラックジョークが見ていて共感できる。ゾンビに偏見がある人にまず薦めたい作品のひとつであり、これは昨今の新しいゾンビムービーの草分けになったのだろう。