ピートと秘密の友達(2016)

少年は出会った。ドラゴンと。

映画『ピートと秘密の友達』のフル動画を無料視聴する方法を適度にレコメンドしています! 不利益しかないサイトは紹介していません。
今すぐ『ピートと秘密の友達』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Pete’s Dragon(「ピーツ・ドラゴン」) / アメリカ(2016年) / 日本公開:2016年12月23日 / 103分 / 制作:Walt Disney Pictures / 配給:ディズニー / 製作費:6500万ドル / 興行収入:1億4300万ドル

映画『ピートと秘密の友達』予告編
Go Behind the Scenes of Pete's Dragon (2016)

(C)2015 Disney. All Rights Reserved.

動画
▼『ピートと秘密の友達』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ピートと秘密の友達』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

魅力はそこにある!
日常では経験できない不思議な出来事をファンタジー満点で描いた作品はそれだけでワクワクします。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。視聴するメディア機器を自由に選べるのも嬉しい利点。外出先の通勤や通学などの合間に見たいならスマホで、ながら作業でなんとなく観るならパソコンで、家で大画面で観るならテレビで、自由自在。字幕や吹き替えを選べるものもあるので、便利です。

「無料」ですよ!タダ!
「利用料金はかさんでくるし…」と考え悩んでも、まずは無料お試しがあるのですから自分に適合するかタダで体感してみましょう。用心するに越したことはないですし、転ばぬ先の杖として、無料お試しをフル活用するのが賢い選択です。本当に自分にピッタリ合うのか、お目当ての作品が見られるか、じっくり試せます。「無料だし同じような映画ばかりじゃないの?」「きっといつも同様の作品を見せられるんだ」いいえ、そんなことはないです。配信作品数は1000以上は軽く超えることが普通。まず見きれないと思います。新作も順次追加されているのですから。デビッド・ロウリー監督の「ピートと秘密の友達」もアリ。

動画は危険も隠れている!
不正な動画ウェブサイトは公式には通じない適法性・実用性の二点で非推奨。それでブライス・ダラス・ハワード出演の「ピートと秘密の友達」の視聴はダメです。最近の主流は仮想通貨を利用した不正な騙しテクニックです。ここにお金をどうぞ!という説明文は完全なトラップ。何かと大量資産流通のトラブルを起こしている仮想通貨業界ですが、それは思った以上に深刻で安易な罠に変貌します。最初から相手を嵌める目的で作られたものもあります。迂闊に送金はしないでください。おカネが返ってくることはないです。なので注意はするだけはしました。自分の行為には責任を、動画には安全を。ワンクリックで人生は幸福にも絶望にもなります。それであれば安易な騙しにイチイチ怯えることも絶対にありません。

迷ったときは?
3か月か半年くらい経てば新作もネット配信されるようなインスタントな時代になってきましたので、行動あるのみです。ただし、すんなり登録して動画鑑賞で大満足!というシンプルな着地をさせてくれないVOD。その前の準備運動ならぬ配信動画の特定作業が必要です。オークス・フェグリー出演の「ピートと秘密の友達」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。ウジウジと迷って足元を見つめているだけでは意味ありません。それよりもこのページを注視してください。目の前に明確に表示されているアイコンはありませんか。VODのロゴネームが表示されていれば配信中のものがあるかもです。目の前に「これだけ使ってください!」とこれみよがしに押し付ける鬱陶しい宣伝はなく、オール・フェアにVODを提示しています。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

あなたはどっち派?
今さら字幕や吹き替えでイチイチ揉めたくはないですが、でもこればかりは人のこだわりとして譲れない場合もあり、何か無駄なものだとしてあっさり軽視はできません。DVDなどでは両方あるので選べますが、VODはどうでしょうか。これが普通のネット動画なら片方だけなこともありますが、しっかりしているVODは選択機能があって切り替えが可能です。中には英語字幕を表示できるものもあるので、勉強に使いたいならベスト。ウェス・ベントリー出演の「ピートと秘密の友達」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、あなたの個人の趣味を妨げることはしません。その点でもマッチするものを自分なりのペースでいいので考慮してみるのもいいでしょう。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「それぞれで観たい作品がバラバラなのに喧嘩が起きないかな?」という悩み。とくに子どもに見せづらい映画は困ります。劇場公開ではレーティングがあるので、そのような事態は防げますが、VODは作品一覧がズラリと並ぶのでどうしても目に入ります。悪影響などは考えすぎかもしれませんが、極力は親のコントロールが必要です。でも大丈夫。VODにはユーザーセパレートが可能なシステムがあるので、個人ごとに人目を気にせずにエンジョイ可能です。カール・アーバン出演の「ピートと秘密の友達」はファミリー向けの作品ですので、家族でシェアして楽しめる一作と考えていいでしょう。

高画質で見られる?
動画の画質が低いとブロックノイズ的にモザイクがかって見えて、ハッキリ明言するなら酷いものです。動画共有サイトではもともと画質が安定していないので、通信環境によっては荒っぽい映像を見るしかありませんでした。これではせっかくの動画も台無しです。しかし、今のVODはブルーレイにも負けません。テレビ鑑賞にも耐えうるウルトラなクオリティでビジュアル細部を舐めまわすように眼に焼き付けることができてしまいます。しかも、画質のチョイスができたりもして、重すぎて再生がストップする事態を防止でき、美しい「ピートと秘密の友達」の動画を楽しみましょう。ドラゴンの美しい姿をじっくりと眺めることができます。

ホームシアターのススメ
家に映画館のスクリーンサイズを用意するのは豪邸の城に住んでいる人だけができることですが、ホームシアターなら実現は不可能ではありません。昔は夢物語でしたが、今は実現可能性ありのドリームです。スマホやPCなんてちっぽけな存在に思えてくる最高水準の環境。それはすでにスマホなんてものは一瞬で忘れてしまいます。劇場に無料で通えるようなものなので、毎日が上映会。世界が一瞬で変わります。ロバート・レッドフォード出演の「ピートと秘密の友達」も最高級に。どうやってそんな贅沢ルームを構築するのか、それが肝心。それなりの備品が要ります。映像を映すスクリーンとプロジェクター。それに音響にこだわるならオーディオシステムも必要になるでしょう。お値段を投資してもほしいか要相談です。

『ピートと秘密の友達』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月5日時点での『ピートと秘密の友達』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ピートと秘密の友達』をさらに知る

1977年に公開されたディズニー作品『ピートとドラゴン』を最新の技術で実写映画化。『ピートと秘密の友達』の製作総指揮はバリー・M・オズボーン、製作はジム・ウィテカー。迷子の少年ピートは深い森の奥で不思議な生き物と出会い、驚きはしたものの、「名前を付けてあげること」「不思議な力を隠すこと」「絶対に守り抜くこと」という3つの約束を交わす。ピートは、エリオットと名づけたその生き物と森の中で冒険の日々を過ごし、大きさは違っても友情は対等に結ばれ、そんな楽しい毎日がずっと続くと思っていた。しかし、そんなある日、人間に見つかってしまったことから、彼らの平和は崩れることに…。

★『ピートと秘密の友達』のスタッフ


監督:デビッド・ロウリー(関連作品:『セインツ 約束の果て』)
脚本:デビッド・ロウリー、トビー・ハルブルックス
撮影:ボジャン・バゼリ
音楽:ダニエル・ハート

★『ピートと秘密の友達』のキャスト


ブライス・ダラス・ハワード、オークス・フェグリー、ウェス・ベントリー、カール・アーバン、オオーナ・ローレンス、ロバート・レッドフォード、イザイア・ウィットロック・Jr、オオーナ・ローレンス、ジム・マクラーティ、フィル・グリーブ、アーロン・ジャクソン

★『ピートと秘密の友達』の評価

IMDbRTMETA
6.788%71
映画comY!FM
??3.703.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ピートと秘密の友達』の感想

●『ピートと秘密の友達』シネマトゥデイ  
お話し自体はシンプルだけど、逆にそこが良い感じ。元気がもらえます。残酷なシーンもないし、子どもに心配なくみせられます。さすがディズニー。公開当時は全く話題にならずに過ぎ去ったのですが、実際に観てみればかなり良質な作品です。なんで誰も話題にしないのか。批評的にも悪くはないのに。何も変わっていないフォーマット通りの流れで飽きられたのか。だとしたら映像面など特筆できる部分は他にありますから心配しないでください。
●『ピートと秘密の友達』FANDANGONOW 
いつもエレクトリカルパレードで見ていた緑のドラゴンは、ピートとエリオットだった! この事実を知っている日本人はどれくらいいるのでしょうか。理解もせずに今までスルーしていたと思います。でも今作を観ればもう大丈夫。今日から自慢できます。映画版ではドラゴンがすごく愛嬌があって可愛い! 体がふさふさしてて触り心地が良さそうだなぁなんて思って観てました。今のグラフィック技術は驚異的です。本当の毛並みにしか見えないです。