マリス・イン・ワンダーランド

現代風「不思議の国のアリス」

映画『マリス・イン・ワンダーランド』のフル動画を無料視聴する方法を、冗長なリンク無しで的確に各サイトの中から推薦。
今すぐ『マリス・イン・ワンダーランド』を見るなら動画リンクをチェック。

サイモン・フェローズ監督による、名作「不思議の国のアリス」を現代風にアレンジした独特なファンタジー。製作総指揮にはカローラ・アッシュ、ステファン・アウミューラー、ニコール・カーメン=デイビス、グレン・スチュワートなどが名を連ねる。アリスは、ロンドンの法科学生。ある夜、何者かに追いかけられ、逃げる途中にタクシーと衝突。「時間がない!」とやたら時間を気にするドライバー、ホワイティーは気を失ったアリスをタクシーに押し込み、走り出してしまう。違和感を感じながらも、流れに身を任せるしかない。アリスが、辿りついた場所で、出会ったのは双子のドアマンや売春婦を経営するマッド・ハティーにキング&クィーンなど個性豊かな存在たちだった。どこかでデジャブを感じるような見覚え。そこはまさに「不思議の国のアリス」の世界に非常に良く似たところ。ただ、一つ違ったのは、そこがひねくれものや落ちぶれた者がいっぱいのアンダーグラウンドな裏の世界だったというリアルな世界に紐づいた部分だった。見知らぬ曲者だらけの世界で、なぜここにいるのか、自分が誰なのか、どこから来たのか。その謎を解き明かすためのアリスの未知の冒険が今始まる…。

原題:Malice in Wonderland / イギリス(2009年) / 日本公開:2010年10月(DVDスルー) / 86分 / 制作: / 配給:


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『マリス・イン・ワンダーランド』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
見たこともない幻想的でエキセントリックな設定で観客を驚かせるような作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなフレッシュな映画をお得に観るなら、動画配信サービスを利用するのがいいでしょう。ネット配信なので、レンタル店でチマチマと借りに行くような面倒な作業とはおさらばです。動画を見れるようになったその日から、スマホでも、パソコンでも、テレビでも、タブレットでも、自由に好きなように視聴して最高の映画体験ができます。

「無料」で感謝!
オイシイ話はここからです。動画を見ることもできる無料お試しで、映画愛を満たす至高の空間へと誘います。モノを買えばカネを出すという資本主義&通貨システムの基本ですが、その当然性の例外となるのが初回登録時のお試しなのです。タダで試用しながら自分にマッチできるか試着する気分。「私は不慣れなので全然理解不能でお手上げにならないかな?」と不安な気持ちをモヤモヤさせる必要はありません。アカウントをスタートで作成するステップも特別な知識なくすぐさま終えられます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「マリス・イン・ワンダーランド」の鑑賞はダメです。もしそんな不正確で危険オンリーなサイトを利用している人がいるなら、ただの騙しやすい相手として利用されていることを自覚しないといけません。完全な都合のいいカモとして悪用され放題です。悪人側はほくそ笑んであなたを馬鹿にしています。リスキーなサイトは手を出せば奈落の底のように引きずり込まれて身を焼かれます。これは大袈裟ではなく明確な事実です。

これに決めた!
「配信ムービーを見物しているだけで、とにかく生で見たい欲がヒートアップ!」だったら解放しましょう。顔面蒼白ではないけれど、ちょっと悩んでしまうのがVOD各社の多さ。種類があるのは選択肢も増えていいのですが、選び方に悩んでしまい、迷いが多くなると時間だけが浪費されます。「マリス・イン・ワンダーランド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その難題ヘの攻略サイトがここです。そうは言っても複雑な解決法ではありません。配信可能性の高いVOD(確実性は今日の状況が反映されないので100%ではないですが)をアイコンでリコメンドしています。いかにもクリックすれば動画がすぐに見れるかのように誘って偽り、取るに足らないランキングページへと誘導する無価値な内容はここにはないと保証します。無料ホームシアター級のエンターテインメント体験を家にいながら、もしくはスマホの中で、ネット上でエキサイトできるチャンスです。

登録情報は最小限
何を登録時に情報として必要なのか。基本はユーザーネーム(名前)、使用可能なメールアドレス(使えないのは論外)、パスワード(複雑なもの)、生年月日、認証用の電話番号など、最小限のみです。これらの情報はサービス利用のみに使われ、不要な電話がかかってきたりはしません。この登録作業完了時にいきなり料金が生じるのかといえば、初回お試しの条件を満たしているなら(つまり初利用者なら)、無料としてしばらくは使えます。情報は後で変更できるのでご安心を。あとは「マリス・イン・ワンダーランド」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

広告ブロックに気をつけて
すぐさま動画を見たいのは当然の欲求であり、何かしらのサイトのリンクをクリックすることになるのですが、でも全然反応しない事態に遭遇したことはありませんか? 「ポップアップがブロック…?」という聞きなれないエラーメッセージに大慌て。あたふたしていると時間だけが過ぎていく。先ずこうなったときは広告ブロックツールを疑いましょう。もしくはセキュリティソフトです。一度それらを停止にしてみて同じ症状がでるかを確認するのです。「マリス・イン・ワンダーランド」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「マリス・イン・ワンダーランド」は? ベーシックとなるのは初めてとなる1回目の月額料金、もしくは特定期間に限り支払いのない状態になる…つまり有料で利用する開始時期が遅くなるというものです。また、その無料中に見られる作品というのも各種事情があります。見放題なら全部OKですが、ポイント式のサービスならばその利用範囲内で無料感覚になるのでかなりニュアンスは変わってきます。この区別ができているかが混乱を生むかどうかの境なので、事前に注視しておきましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「マリス・イン・ワンダーランド」だって1回の鑑賞では満足してもいいのですか? 映画の価値は意外なところでわかったりします。考えてもみてください。映画館でリピーターになる人は相当な思い入れのある人でマニアです。そんなレベルに到達するのは財力と情熱が少し足りないかもしれません。でもVODはそのハードルをグッと下げてくれます。それこそ子どもでも使えるほどに。何気ない普段の生活でBGMよろしくBGV(バックグラウンドビデオ)として繰り返し再生するのもアリなのです。

『マリス・イン・ワンダーランド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『マリス・イン・ワンダーランド』をさらに知る

★スタッフ
監督:サイモン・フェローズ
脚本:ジェイソン・ロスウェル
撮影:クリストファー・ロス
音楽:ジョー・ヘンソン、クリスチャン・ヘンソン

★キャスト
マギー・グレイス、ダニー・ダイア、マット・キング、ポール・ケイ、ナサニエル・パーカー、ブロナー・ギャラガー、ダニー・ダイヤー

★『マリス・イン・ワンダーランド』の評価

IMDbRTMETA
6.1??%??
映画comY!FM
?????3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『マリス・イン・ワンダーランド』の感想

●無料ホームシアター 
字幕版の深夜映画が好きなタイプにはおすすめ。午後ロー派には五分五分。単館派はご自分で相性をお調べください。思ってた以上に面白かったです。言葉にしづらいし、これを勧める人は限りなくいないと思いますけどね。上手く元のアリスインワンダーランドを取り入れてました。でもセリフが韻を踏んでたりとか色々あるみたいだけどそんなに英語得意じゃない私からしたらただのよく分からない日本語訳になってしまいました。
●シネマトゥデイ  
タイトルが「アリス・イン・ワンダーランド」の便乗作品を思わせますが、これは原題も同じです。マッドハッターが女性で売春宿を経営していたりキャタピラーがヤクの売人だったりキングはオカマでクイーンでもあったりと狂った絵本の登場人物という感じでサイケでカラフルな映像と相まって限りなく現実に近いけどどこか現実と違う不思議な世界観を独創的に作り出しています。ヘンテコ摩訶不思議が見たいならこれもいいでしょう。
●ユナイテッドシネマ
売春宿からの脱出やギャングの裁判など特別派手ではないけどハラハラさせる演出も好きです。全体的に狂った雰囲気が漂っているので好き嫌いがハッキリ分かれそうな作品ですが、個人的には見ているうちに不思議と引きこまれていく魅力を持っていて非常に楽しい一作でした。会話についていくのが難しかったし、そして、ホワイティーがなんでか分からないけど魅力的でした。だから最後は嬉しい結末でした。クセはすごく強烈ではありますね。