ストーンウォール / Stonewall

LGBTが社会に声を上げた歴史的ドラマ

映画『ストーンウォール』のフル動画を無料視聴する方法を、過剰な広告を排してシンプルに提示しています。
今すぐ『ストーンウォール』を見るなら動画リンクをチェック。

1969年にニューヨークのゲイバーで起こった暴動事件「ストーンウォールの反乱」を描く。自身もゲイであることをカミングアウトしているローランド・エメリッヒが監督をつとめる。製作総指揮はアダム・プレス、クリスティン・ウィンクラー、マイケル・ロバン。69年当時「精神病」扱いされ、忌み嫌われていた同性愛者たちの憩いの場「ストーンウォール・イン」。そこは数少ない自分らしさを曝け出せる場所。ゲイであることが発覚し、両親や恋人にも見放され、故郷を追われるように、行き場を失いながらニューヨーク・グリニッジ・ビレッジのクリストファーストリートへとやってきたダニー。この街に暮らすレイはゲイのギャングを率い、美しさを武器に体を売って暮らしていた。さまざまな感情を抱え込みながらもレイに迎え入れられたダニーは、陽気にたくましく生きるゲイやレズビアン、ドラァグクイーンたち、政治活動家のトレバーとの快活な世界に足を踏み入れ、日常に溶け込んでいくが…。

原題:Stonewall / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年12月24日 / 129分 / 制作: / 配給:アットエンタテインメント

Stonewall Official Trailer 1 (2015) – Jonathan Rhys Meyers, Ron Perlman Movie HD

(C)2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ストーンウォール』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

激動の時代も動画で刮目!
時代の中で社会でのさまざまな葛藤や苦悩を抱えながら懸命に抵抗した人を描く作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりもイージーな作業で済みます。具体的にはウェブサイトにアクセスしてタイトルを検索するだけ。初心者でも敷居が低く、そこまで難解さはないので、今すぐにでもスタート出来てしまいます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「映画に払うお金は…」と遠慮するなら、少し気が早いです。なぜなら新入り無料お試しの刺激的な導入補助があります。お楽しみタイムはエンドレスで始まります。でもその前に無料お試しで、あれこれと並んでいるムービー・コンテンツを無料動画的な利用感で満喫して、その旨味の虜になってみませんか。「一度登録すると解約できない状況に陥るのでは?」と訝しむ人も落ち着いて。解約は登録よりも少ない作業で済みます。それこそ思いついたときに実行可能で、解約を忘れてもすぐできます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ストーンウォール」の鑑賞はダメです。リターンさえあれば利用したくなるかもしれませんが、利益どころか骨の髄まで害を与える、マイナス100%の有害性です。あまりそれで損害を受けたという体験談を聞かないかもしれませんが、それは人には言えないためであり、実際は発生しています。今は何ともなくともいつ何時、底の見えない足場で地雷を踏んでしまうかはわかりません。足が吹き飛べば動画の気分も爆散します。

配信しているのはコレ!
数か月前の公開映画から数年前、十数年前と、その範囲は自由自在な新旧ハイブリット・ラインナップがあなたを待っています。ところが、素人ビギナーの頭をカオスな状態にさせてくるのが、VOD内における配信動画探し。全サービスごとにラインナップは千差万別で個別確認に混乱は不可避。「ストーンウォール」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも悩んでもしょうがないです。このページを使って疑問点を解決しましょう。アイコン表示がこの作品を配信中のVODです。情報はある時点のものですが、参考にはじゅうぶん機能します。類似した映画関連ウェブサイトは諸々ありますが、フルムビバースは更新頻度と対応情報の充実さで一歩前を進んでいます。絶対の配信を確約するものではないですが(今日にも変化したりするので)、事前にサイト内で確認しておけば失敗を軽減できるので大丈夫です。

見たい動画をメモしよう
「これ、前から気に入っていたのだけど、今はちょっと忙しくて手が離せないからな~。忘れてしまいそう…」そういう場合もあるでしょうが、フルムビバースではウォッチリストが用意されているのでそこでメモができます。これでブラウザのお気に入りやノートアプリを使う必要性はなくなり、省エネ&効率化。「Favorite」ボタンで各作品をマークして観終われば外すこともでき、臨機応変に個人の「見たい映画」を整理可能。「ストーンウォール」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

パスワードは大事
世の中の人はパスワードを軽視している人が多すぎる…というのは多くのセキュリティアドバイザーが指摘することです。「どうせ覚えやすいものにしないといけないし、誕生日とかでいいでしょ」それはもうハッカーにあなたのアカウントをプレゼントしたも同然。これを防ぐためにも厳重で流用しないパスを独自に設定すべきです。使い回しは絶対にしないでください。芋づる式で簡単に掌握されてしまいます。予測のつかない固有のパスで動画鑑賞を邪魔されずに快適にできます。安全な「ストーンウォール」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

無料動画サイトとの違い
無料で映画動画を見るには?と聞かれれば誰でも動画共有サイトの名を答えてしまいます。世の中にはインターネットの誕生から間もなくして動画コンテンツが主流になり始めた時期を出発点に、今では個人でも動画を量産できるという大動画氾濫時代です。しかし、そんな溢れてしまった動画は良いも悪いも入り乱れているので、その利用には細心の注意が必須。でもVODはあまり気にしなくていいのです。なぜなら公式しか提供しないものですから。詐欺動画が出回ることはないです。「ストーンウォール」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

海賊版サイトは無料ではありません
「Free Download」と書かれたボタンらしきものをクリックすると怪しげなページに飛ぶ…これは海賊版サイトやそれモドキのウェブサイトに普通に見られるスパム騙しコンテンツです。あなたに動画を正常に見せる気などなく、隙あらば個人情報を狙う腹をすかしたハイエナのように群がってきます。「ストーンウォール」がタダ見できるならば手を汚してでも…という邪の感情は負のスパイラルで起こし、ろくな目に遭いません。今では無料性をともなう正規プレゼンツのサービスがしっかり揃っているのですから、それを無視する言い訳には何もならないでしょう。

『ストーンウォール』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ストーンウォール』をさらに知る

★スタッフ
監督:ローランド・エメリッヒ(関連作品:『インデペンデンス・デイ リサージェンス』)
脚本:ジョン・ロビン・ベイツ
撮影:マルクス・フェルデナー
音楽:ロブ・シモンセン

★キャスト
ジェレミー・アーヴァイン、ジョニー・ボーシャン、カール・グルスマン、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ジョーイ・キング、ロン・パールマン、マット・クレイヴン、デヴィッド・キュービット、アッティクス・ミッチェル、ジョアンヌ・ヴァニコラ、アンドレア・フランクル、マーク・カマチョ

★『ストーンウォール』の評価

IMDbRTMETA
5.010%30
映画comY!FM
3.43.833.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ストーンウォール』の感想

●FILMAGA  
全米での同性婚が認められるようになったのは、この時代の人たちの揺るぎない信念と、勇気、行動がなければ、ありえなかったかもしれない。そんな歴史を知ることができたので良かった。家族には見放されて社会からは迫害されて警察からは暴力を振るわれて客にはレイプされて…絶望の中でも消さなかった希望の火を今の時代にも引き継いでいこうと思う。今もな迫害は続いているし、遠慮なく差別的な言葉や表現をぶつける存在はたくさんいるのだが…。
●ユナイテッドシネマ 
1969年にニューヨークで実際に起こった性的少数者の人々による警察への抵抗運動を元にした史実的作品です。ストーンウォール、初めて知りました。今でこそ多様な性が受け入られつつありますが、当時は同性愛者というだけであらゆる暴力をぶつけられる。非情な時代があったことに愕然とします。迫害を受けるゲイ達が自己の確立を掲げて世界で最初に起こしたデモ運動を記録にとどめて、次世代に引き継ぐ素晴らしい映画だったと思います。
●DAILYMOTION  
実在しない白人男性を主役として描いたことによって批判を浴びた本作。ローランド・エメリッヒ自身がゲイなだけに本作へのLGBTコミュニティの期待は大きかっただろうが、その希望は打ち砕かれた気分だろう。日本人には何か問題あるの?と思う人もいるだろうが、実は大問題。そもそもこの運動はただのLGBTではなく「黒人+LGBT」としての運動だから意味があったのである。この騒動をきっかけでこの本当の事実が知られればいいのだが。