ボーン・アイデンティティー

シリーズ第1弾。記憶がない男の戦いが始まった

映画『ボーン・アイデンティティー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告だらけのサイトとはもうオサラバ。
今すぐ『ボーン・アイデンティティー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Bourne Identity / アメリカ(2002年) / 日本公開:2003年1月25日 / 119分 / 制作: / 配給:UIP / 次作:『ボーン・スプレマシー』

ボーン・アイデンティティー – 予告編
動画
▼『ボーン・アイデンティティー』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
AuVideo ▼TELASA
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『ボーン・アイデンティティー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用しやすさにドハマり!
その面白さから一気に人気作として上り詰めた根強いファンも多い作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなスリルいっぱいの映画を満喫するなら、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりも簡単で、とくにシリーズものに強いです。作品を借りる手間をかけずに一気見すれば、世界観にどっぷり漬かれます。字幕や吹き替えを選べるものもあるので、ユーザーの好みに合わせられて利便性は抜群。

「無料」を見逃すな!
「なるべく支払いは後にしたい」それならばお試しできます。もちろんお金は無料です。映画動画をタダで見れるのです。「プライベート的に劇場に足を運ぶ時間がとりづらいので、それこそ無料ホームシアターのようにエンジョイしたい」そんな願いに答える仕組みとして、お試し期間が展開中。「フル動画でないと話にならない」それは当たり前ですが、お試しと言っても何かを制限されることはないので、観たかった映画を余計な編集も無しで、フルムービーで自由気ままに鑑賞できるのが大きな売りです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ボーン・アイデンティティー」の視聴はダメです。再生を開始してもすぐにストップし、広告が表示されたりします。それを消そうとクリックをすると、全く関係ないページに飛び、それもまた消去しても何度もしつこく表示されます。このような嫌がらせ的なサイトは誰でも不快です。具体的な失敗例を語るのは失礼かもしれないので控えますが、世の中にはそんな不法サイトでヘマをした人は結構います。

どれを選べばいい?
新規話題作はその熱気が冷め始めた頃、スルッとネット動画配信を開始していることも多く、VODは注視すべきです。しかし、配信をリアルタイムで把握するのは極めて膨大な労力を必要とします。毎日アクセスするたびにラインナップが変わるのは嬉しいことではあるのですが…。「ボーン・アイデンティティー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。かっこつけた言い方をすればソリューション・プレゼンテーションをするのがこのページ。意中の配信作品該当サービスをズバリとアイコン画像というユーザーフリーな視認性で最速判別できるようになっています。確認済みの対応VODは、携帯キャリアのものから、TV局のもの、日本のもの、海外のもの。どこよりも数が広範であることをお約束します。初遭遇となるエンカウントを果たすことのできたVODは、無料体験というチャンスタイムが点滅します。それを握りしめるかどうかは自分しだい。

字幕・吹替、選択は自由
外国語映画(英語など)を見るなら、視聴者は「字幕」か「吹き替え」の二者択一を迫られます(もちろんオリジナル音声でOKな語学力のある方は別)。それぞれは一長一短で、どちらも捨てがたいものです。字幕独自の俳優演技重視、吹替独自のユニークな翻訳の妙、両方とも面白いです。できれば2種類を楽しむために2回鑑賞してほしいといいたいところですが、そうもいかなかったり。VODではしっかり対応済みの作品なら2パターンを見れて、ダブルで「ボーン・アイデンティティー」の面白さの発見につながるかもしれません。

情報の充実度はピカイチ
「VODを紹介するといってもどうせひとつだけとか、単に宣伝広告で使えるものだけなのでしょ?」という疑念。それは理解できます。確かにそういうサイトは多いです。でもこちらのページではどこよりも網羅的にVODを取り扱っています。その数は10種を超えて、トップクラスの品ぞろえ。そこから配信可能性を吟味して掲載しています。予告映画動画を視聴してから本当に登録してまで観るべきかを熟慮分析するも良し。「ダグ・リーマン」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

パスワードは大事
最近も各ニュースで報じられていますが、アカウント乗っ取り被害は恐ろしいものです。これの原因はまずパスワードの使い回しです。ひとつのサービスで流失すれば、芋づる式で他にも影響を受けてしまうので、防御力などゼロの状態。これではVODがいくら頑張って強固な守りを施しても意味ないです。まずはパスを複雑にして(英数字や記号を入れましょう)、管理は専用アプリなどを使うと便利です。繰り返しますが、安易な使い回しはご法度なので忘れずに。安全な「ボーン・アイデンティティー」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

高画質で見られる?
高画質は絶対に譲れないところでもあります。せっかくの映画も画質最悪の状態だったら不良品を買わされたような気分になるものです。ネットというのはそういう動画クオリティにばらつきがあることを認知している人も多いでしょう。しかし、VODは抜かりなし。DVDやブルーレイ級の安定した動画再生は当然です。昔のような質の低さはもう考えられないのです。後はあなたにそれだけの再生機器があればいいだけ。今のスマホですら強力なディスプレイを持っていますし、それは困らないでしょう。「ボーン・アイデンティティー」の動画を楽しみましょう。

『ボーン・アイデンティティー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ボーン・アイデンティティー』をさらに知る

原作は人気作家ロバート・ラドラムのポリティカル・サスペンス3部作の第1作「暗殺者」。『ボーン・アイデンティティー』の製作総指揮はロバート・ラドラム、フランク・マーシャル。海上で発見された記憶喪失の男は、なぜか戦闘能力や語学が堪能。その謎は深まるが、それ以上に問題もあった。自分の身元を探ろうとするが、暗殺者が次々に現れる。一体何が起こっているのか。

★『ボーン・アイデンティティー』のスタッフ
監督:ダグ・リーマン
脚本:トニー・ギルロイ、ウィリアム・ブレイク・ハーロン
撮影:オリバー・ウッド
音楽:ジョン・パウエル

★『ボーン・アイデンティティー』のキャスト
マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー、クライブ・オーウェン、ブライアン・コックス、アドウェール・アキノエ=アグバエ、ガブリエル・マン、ウォルトン・ゴギンズ、ジョシュ・ハミルトン、ジュリア・スタイルズ、オルソ・マリア・グエリーニ、ティム・ダットン

★『ボーン・アイデンティティー』の評価

IMDbRTMETA
7.984%??
映画comY!FM
??4.033.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ボーン・アイデンティティー』の感想

●『ボーン・アイデンティティー』無料ホームシアター
この映画はアクションシーンの迫力がハンパない。ボーンが、車で逃走するシーンも、逆走するわ、狭い路地を走るわ、一体どうやって撮影したんだろうと、興味が湧くほどスリル満点。ボーンは地図を見ただけで、どの道をどう逃げるか計算していたのだろう。すごい頭脳。この映画のシリーズの凄いところは、どんなに逆境でも、ボーンは逃げきっちゃうんだよね。しかも計算ずくで。カッコよすぎます。緒に逃げる女性とロマンスもあったりします。
●『ボーン・アイデンティティー』シネマトゥデイ
パート2・3と続く作品でアクション、ストーリーの展開が素晴らしく非常に大好きなシリーズ作品です。頭脳明晰でCIA派遣の暗殺者に狙われても返り討ち、だけど記憶喪失。これは怖い。もちろん敵の気分として。だって俺には記憶がねぇと言いながら、容赦なくボッコボコですよ。狂気です。アイデンティティがないというか、もう敵を倒しているだけでそれって個人の特性でているよ。じゅうぶん個性爆発だよ。そんなツッコミも楽しいのでした。
●『ボーン・アイデンティティー』ユナイテッドシネマ 
全体の感想としては、まず謎解き要素が良く練られてるところがとってもいい。主人公が素性不明で話が進んでいくため、先の展開がほとんど読めないので、すごーくハラハラドギトキして良かった。そして、徐々にその素性がわかっていくって過程も、サスペンス的要素が効いてた。それに、格闘アクションが目で追いきれないほどのすごいハイスピードで、この点もワクワクしていいね。カーチェイスもド派手そのもので、しかも結構長いのでこれもいい。
●『ボーン・アイデンティティー』イオンシネマ
オチまで予想外でそこもよかったね。そして、オチの後に来るラストシーンも、今後の展開を考えたら実は安心してはいられないんだけど、その部分だけほっこり暖かい感じで、その不安さと温かさの微妙なバランスに心地よく見終わることができた。出だしから最後までひと時も緊張感が途切れることない展開は、この俳優マット・デイモンの殺気立つ演技あってこそ。3部作のシナリオは全て地続きなので、ここから一気に見るのが一番いいです。