秒速5センチメートル

新海誠が描く、切ないすれ違いのラブストーリー

映画『秒速5センチメートル』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告だらけのサイトとはもうオサラバ。
今すぐ『秒速5センチメートル』を見るなら動画リンクをチェック。

『君の名は。』の新海誠による2007年公開の劇場作品で、ひかれあっていた男女の時間と距離による変化を全3話の短編で描いた連作アニメーション。切ないストーリーと美麗なアニメーションがマニアの間で話題となった。互いに思いあっていた貴樹と明里は、小学校卒業と同時に明里の引越しで思いとは裏腹に離ればなれになってしまう。中学生になり、明里からの手紙が届いたことをきっかけに、貴樹は今も心に深く残っている明里に会いにいくことを決意する(第1話「桜花抄」)。やがて貴樹も中学の半ばで東京から引越し、遠く離れた鹿児島の離島で高校生生活を送っていた。すでにあの昔の記憶は心の奥底にしまい込むしかない。同級生の花苗は、ほかの人とはどこか違う貴樹をずっと思い続けていたが…(第2話「コスモナウト」)。社会人になり、東京でSEとして働く貴樹。忙しい社会の中で時間に追われるように生きる生活に心の余裕もなければ、かつてのような純粋な気持ちもない。付き合った女性とも心を通わせることができず別れてしまい、やがて会社も辞めてしまう。季節がめぐり春が訪れると、貴樹は道端で懐かしい雰囲気を漂わすある女性に気づく(第3話「秒速5センチメートル」)。

原題:秒速5センチメートル / 製作:日本(2007年) / 日本公開:2007年3月3日 / 63分 / 制作: / 配給:コミックス・ウェーブ

「秒速5センチメートル」予告編HD

(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『秒速5センチメートル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用しやすさにドハマり!
幻想的で繊細な映像とエモーショナルなストーリーで観客を盛り上げる映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今ではレンタル店でDVDを借りるよりも身近になり、ポピュラーになりました。そんなサービスもメリット多数で、スマホ、パソコン、テレビ、タブレットと自由自在なのも利点です。

「無料」を見逃すな!
「有料か無料かどっちがいい?」と聞かれたら、誰だってタダがベストに決まっています。お試しでその利権をゲットです。1か月まで無料体験できたら最高だと思いませんか。期間は各サービスによって違うので要相談ならぬ要確認ですが、多くのサブスクでも何かと実装されている嬉しい特典であります。「無料動画は嬉しいけどデマではないのか?」そういう疑いもやむを得ません。今の世の中ならなおさらです。でも公式上で問題性はないことを保証済みです。これ以上の健全性はないくらいです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「秒速5センチメートル」の再生はダメです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。大多数の不正利用者は完全に油断しており「自分には関係ない」「騙されるわけない」と考えますが後悔先に立たずです。

使うべきはどれ?
「レンタルショップに通うのは疲れてきたしな~」と不満を蓄積しているなら、これこそ渡りに船の最強サービスです。ただし、すんなり登録して動画鑑賞で大満足!というシンプルな着地をさせてくれないVOD。その前の準備運動ならぬ配信動画の特定作業が必要です。「秒速5センチメートル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。動画を探しまわることに疲れていませんか。いい加減にさっさと見たいはずですし、スッキリしたいものです。このページさえあれば今までの苦労なんて無かったように便利になります。ネット上に散乱しているVODを紹介するサイトでは、もっぱら特定のサービスを推奨してお終いなので古い内容のままです。あなたの想像を超えるライト版無料ホームシアターのようなお手軽さで無限の動画を鑑賞し放題なチャンスなので、今しかないです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「秒速5センチメートル」を観終わって解約するのもアリ。しかし、解約の方法は登録の方法よりも大々的にアピールされないので(当然ではありますが)不安感を増大させやすいです。でも退会のやり方は実は登録以上に簡単です。どのサービスでも基本は一緒。退会ページにアクセスし、パスワード等を入力して本人かどうかをチェックした後に、契約解除に進むだけ。面倒な種類などを書く必要はなく、一般的なアカウント削除と同様の感覚で済みます。なので解約したいと思ったら、その瞬間にすぐ実行可能です。

ホームシアターのススメ
どんなに高性能なパソコンも、高価格のハイエンドスマートフォンでも絶対に到達できない高級体験。それがホームシアターです。構築するのは無料ではないですけど、実現すれば他の視聴手段なんて急に味気なくなります。劇場に通うこともなく、無料で自宅映画館を手に入れた気分を味わえます。「秒速5センチメートル」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「秒速5センチメートル」の鑑賞後の高揚感をそのまま胸に閉まっておくよりは、SNSで自分なりの表現方法によってアピールしてみませんか。それは迷惑にはなりません。ただのバッシングならお呼びではないですが、好きという心を前に出すのは応援のひとつです。もしかしたらさらにファンの拡大に貢献できて生みの親である製作者も喜んでくれることもあるかも。なるべくオリジナリティ溢れる純粋な語りが最も好かれます。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「秒速5センチメートル」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『秒速5センチメートル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『秒速5センチメートル』をさらに知る

★スタッフ
監督:新海誠
脚本:新海誠
キャラクターデザイン:西村貴世
音楽:天門

★キャスト
水橋研二、近藤好美、花村怜美、尾上綾華、水野理紗

★『秒速5センチメートル』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.43.573.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『秒速5センチメートル』の感想

●映画無料夢心地
新海誠監督の中でも最も男女に対する価値観や恋愛論に対する監督イメージがドロドロとこぼれ出ているようなアニメで、単に切ない物語の一言で片づけられないくらいの、クセはある。なので、好き嫌いが分かれるかもしれない。それこそ「君の名は」の比ではないくらいに。しかし、そういう抽象的な話は置いておいて、まだ大手の映画会社の協力も得ずに、ほそぼそとこれほどのクオリティにアニメを作れたことは間違いなくとても凄いことだろう。
●BILIBILI 
季節を感じる映像に、移ろっていく恋を重ね合わせて。新海さんのタッチはどれも叙情的というか、おセンチな感じが好きです。主人公は少年少女時代から始まるのですが、高校生が観た感じ方と、大人が観た感じ方は相当違うはず。この映画はその人の経験でかなりの印象に揺らぎを生むと思います。ともかくそれを表現するアニメーションの美しさは素晴らしく、こんなにも自然の輝きと明暗を切り取った絵を描けるなんて不思議な才能です。
●CRUNCHYROLL 
これまでファンタジーなどどちらかといえばSF要素を導入してくる新海誠が、非常にリアルで生々しい現代社会の男女を描いた物語。しかし、男の主人公が小学生から大人になるまで一人の女性を思い続けるのは現実にはほぼないフィクションな出来事だと思うが、それをあえてあると仮定させて描き出す物語はこの時点でSFなのかもしれない。少なくともどこか浮世絵離れした感じはそのせいだろうか。エンタメではなく芸術として捉えると良いのでは。