ウォー・ドッグス / War Dogs

戦争は大儲けするチャンス!?

映画『ウォー・ドッグス』のフル動画を無料視聴する方法を、最速・最新・安全なスタイルでわかりやすくお届け。
今すぐ『ウォー・ドッグス』を見るなら動画リンクをチェック。

「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス監督が、武器商人の若者の実話を元に映画化したクライム・コメディ。デイヴィッド・パクオズとエフレイム・ディヴァロリの若者二人の実話を題材に描かれる。製作はマーク・ゴードン、トッド・フィリップス、ブラッドリー・クーパー。友人で仲の良い若者二人が金儲けの手段として思いついたのが武器の販売だった。そんなことは簡単にいくわけがないと思われたが、意外にも順調な滑り出しで、どんどん調子に乗っていく。そして、より大きな儲けを出したくなり、武器商人としてペンタゴンからアフガニスタンに駐留するアメリカ軍に武器を運ぶ契約を勝ち取る。しかし、上手くいくかに思えた仕事は早々大きな山場を迎えてしまう。

原題:War Dogs(「ウォードッグス」) / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年6月(DVDスルー) / 114分 / 制作: / 配給:

BD/DVD【予告編】『ウォー・ドッグス』6月21日リリース
Go Behind the Scenes of War Dogs (2016)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ウォー・ドッグス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも普及拡散中!
信じられないような出来事が起こった史実をフィクションを交えて描く作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなユニークな一作は動画配信サービスを使えばお得に観れます。ネット配信は有名になりましたが、まだまだその魅力は知られていないものも多いです。例えば、ダウンロード機能を使えば、Wifiのないような環境でも通信制限を気にしなくていいので、安心して外出先で見ることができ、自由度が一気に増えたりします。

「無料」は全て初心者のため!
ニッコリできる情報はまだまだあります。こんな感激コースはどうですか。無料のお試しトライアルの入り口です。なんとなくのイメージで掴めると思いますが、これは試供品のようにオンラインサービスを特定期間まで無料で使えるものです。動画を実際に視聴して使用感覚を評価できます。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。もしそんな不正確で危険オンリーなサイトを利用している人がいるなら、ただの騙しやすい相手として利用されていることを自覚しないといけません。完全な都合のいいカモとして悪用され放題です。悪人側はほくそ笑んであなたを馬鹿にしています。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

迷ったときは?
「配信の瞬間を臨戦態勢で待機してます!」というあなたにもぜひ。お試しの扉が手招きして誘ってくれます。「好きこそ物の上手なれ」というべきか動画が見たいなら試さずにはいられませんが、好きの気持ちが爆走する前に配信状況の確認だけはうっかり忘れしないように。「ウォー・ドッグス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この作品ページでは、配信中のVODはコレとコレです…といった具合に、瞬間的に把握できる手助けをするヘルプ機能を持っています。まずはざっくりと全体の動向を知りたいときに便利です。記事を発信して情報はそれでおしまい…なんてことはさせません。配信が激変すればこのページの内容も適切な間隔で変更してきます。「私は全くの初心者なんですけど…」そんな無垢な人にほどピッタリです。無料体験は各サービス1度きりが原則ですので、ビックチャンスは手放さずに。

あなたはどっち派?
海外映画をウォッチングする際に気にかける要素として「字幕」と「吹き替え」の選択問題は語らないわけにはいきません。オリジナル言語で楽しめる語学力のある人はなんの心配もないでしょうが、基本は日本語で触れる人が多いはず。日本語字幕がいいのか、吹替がいいのかは、判断の悩みの種。「いや、私はいつも決まっている」そんな方にもVODの対応力は満足できるでしょう。「ウォー・ドッグス」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

邪魔な広告は無し!
広告が動画再生途中に急に前触れもなく表示されて鑑賞が不可になる、リンクや検索窓に触れると無関係なページが開く…。こういった現象の起こるサイトは悪質性の高い有害サイトです。フルムビバースはそのようなことは皆無だと100%保証できます。全てにおいてセーフティな動画環境を確保することに全力を注いでおり、「ウォー・ドッグス」視聴を妨げません。よくありがちなことですがスマホでサイトを見ると画面の下や上に常に広告がついてくることがありませんか? ああいう鬱陶しい広告はこのページには全くないです。このクリーンさが大きな売りになっています。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一時期頻繁にニュースでも取り上げられて議論が行われたブロッキングも実は完璧な有効策ではないです。簡単に規制をすり抜けることができ、結局はいたちごっこ。フィルタリングも同様に過信はできません。一番良いのは優れたサービスを確立させ、不正なサイトを利用する動機を根こそぎ奪い取ること。正規の動画を身近にすることが健全な業界発展に前向きに寄与するので「ウォー・ドッグス」合法視聴方法を拡散しましょう。

俳優好きにも必須
作品鑑賞の最大のチェックポイントは俳優であると断言する人は少なくありません。それだけの魅力がこの俳優陣にはあります。スター級の大物から、ちょっと話題のトリックコメディアン、芸能界を揺るがす時の人、はたまた個人的に応援したいあの人。そんなそれぞれの推しに対して、VODでは検索することでより身近になります。「マイルズ・テラー」のまるで魂が乗り移ったかのような凄みに震えることも。私たちの知っている姿とはまた違う一面を観られたりして、興奮します。一方で思いとは裏腹におカネの負担は大きい…。でもVODで補えます。

『ウォー・ドッグス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ウォー・ドッグス』をさらに知る

★スタッフ
監督:トッド・フィリップス
脚本:トッド・フィリップス

★キャスト
ジョナ・ヒル、マイルズ・テラー、アナ・デ・アルマス、ショーン・トーブ、バリー・リヴィングストン、JB・ブラン、ブラッドリー・クーパー

★『ウォー・ドッグス』の評価

IMDbRTMETA
7.160%??
映画comY!FM
?????3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ウォー・ドッグス』の感想

●無料ホームシアター 
どうせB級映画だろうと高を括って全く気にもかけていませんでしたが、ここ最近の映画では一番面白かったです。しかしまあ、政情不安定な後進国の軍隊ならともかく、中東で戦う米軍が、この映画に出てくるような民間業者を通じて武器を調達しているというのは何とも驚きでした。お笑いバディものと思いきや、イラク戦争時、まさに戦争の犬として合法と違法のすれすれ辺りで金儲けに奔走した二人組。こんなやつ、本当にいるのか~。
●シネマトゥデイ
最終的にはどうしようもないドツボにはまるのだが。恐ろしすぎる実話です。戦争で儲けるのもわかるけど、ここまでやりたい放題するとは。しかし、これもアメリカ政府がやっていることにも重なって。戦争の犬は本当に犬なのかというとちょっと悩む。野良犬のように見えて飼い犬になっている彼等。そして最後は使い捨ての弾丸のように利用されてあの結末。世界の裏側はこうなっているのかという衝撃と、現実を見たことで夢から覚めた。
●TOHOシネマズ 
日本未公開ながらジョナ・ヒルとマイルズ・テーラーが主演だったので視聴。悪の立身者のツボを押さえていて、ついこの2人を応援したくなる。最後の結末は?の人も多いと思いますが、要はブラッドリークーパーに最初から操られていたって事ですね。世の中、悪知恵が働いてなおかつ行動力のある奴が金儲けできるんだなあ。パートナーのリーダー格を演じるジョナ・ヒルがヤバすぎる! 結論としてこれは真面目に生きるのが一番いいなと思いました。
●VUDU 
米軍相手だろうが何だろうが臆することなくジャンジャン突き進むワンマン野郎。もう一方のマイルズ・テラーも最初は腰が引けたが相棒に引っ張られどんどん深みに。最終的にどっかでヘタを打つんだろうなと思って観ているので、結構なドキドキ感あり。コメディ調バディムービーに見せかけてその実史実を基にしたドラマになっているというかなりのストレートなリアル。この監督にはこんなやつも撮れるのかとびっくりしたのでした。