この世界の片隅に(アニメ)

批評家大絶賛。異例のロングヒットを記録

映画『この世界の片隅に』のフル動画を無料視聴する方法を、適度に情報更新しながらプレゼンテーション。
今すぐ『この世界の片隅に』を見るなら動画リンクをチェック。

第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。プロデューサーは真木太郎、製作プロデューサーは松尾亮一郎。昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。それは貧しさの中にも生きる日常を見いだすような穏やかな日々。しかし、戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが…。

原題:この世界の片隅に(In This Corner of the World) / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年11月12日 / 126分 / 制作:MAPPA / 配給:東京テアトル

映画『この世界の片隅に』予告編
すずさんのありがとう

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『この世界の片隅に』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの傑作も配信している!
日本中が感動したあの作品を見逃している人、もう一度見たいという人、そんな人にとって動画配信サービスは欠かすことのできない便利な機会になります。スマホやパソコンなど視聴スタイルを自由に選べるのはもちろん、画質も最高で、通信も自由に調節。ユーザーに一番合ったものをチョイスできるのが一番嬉しいポイント。しかも、無料お試し期間を活用して期間内であれば作品動画を視聴することができます。当然、作品を観終わったとき、サービスが気に入らないときは、解約して構いません。簡単に退会もできます。気になるのはどの動画配信サービスで視聴できるのかという部分ですが、このページでは視聴可能なVODを一覧風に整理して、まとめています。あくまで見られるサービスをリストアップしただけです。このサイトでは特定のVODだけをオススメするようなことはしていません。その理由は、個人によって合うサービスはバラバラだからです。あなたにあったサービスを選びましょう。できれば、利用したことのないVODを用いることで、無料動画感覚で作品を鑑賞することができるので、検討してみてください。

「無料」はやっぱり魅力的!
オイシイ話はここからです。動画を見ることもできる無料お試しで、映画愛を満たす至高の空間へと誘います。「登録してみたはいいものの、いざ使ってみると自分のパソコンでは上手く利用できずに困った」そういう事態を防ぐためにも、無料お試しは石橋を叩いて渡るように使えます。「動画を見れてもフルムービーとはならない条件つきなの?」そんな疑り深い意見を解きほぐしましょう。まずちゃんとフルです。そして字幕や吹き替えも揃っています。再生も高画質かつ安定しており、不便はないです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「この世界の片隅に」の再生はダメです。怖い話は山ほどありますが、フィッシング詐欺サイトへの誘導を目的とした手口にも使われており、迂闊に個人情報を入力するなどは絶対にしてはいけません。何かしらの通販サイトを装うものもあるので、それが正式に存在するサイトか確認しないと地獄を見ます。具体的な失敗例を語るのは失礼かもしれないので控えますが、世の中にはそんな不法サイトでヘマをした人は結構います。

これに決めた!
「井の中の蛙大海を知らずとは言わせない。今日から映画を観まくるぞ!」そんな冒険心を沸騰させる動画の旅へ送り出します。しかし、配信をリアルタイムで把握するのは極めて膨大な労力を必要とします。毎日アクセスするたびにラインナップが変わるのは嬉しいことではあるのですが…。「この世界の片隅に」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その難題ヘの攻略サイトがここです。そうは言っても複雑な解決法ではありません。配信可能性の高いVOD(確実性は今日の状況が反映されないので100%ではないですが)をアイコンでリコメンドしています。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。サブスクリプション方式がどうしても嫌だという人はディスク購入するしかないですが、DVDもいつかは壊れるものです。

家族にバレない?
家族でVODを共有することもできるので、個別に面倒くさく登録することは必要ありません。誰か一人でも使っていれば、そのまま一緒に使うことが可能。案外と家族の誰かがもう使い始めているかもしれないので、まずは聞いてみましょう。それならば自分は料金を払わずに無料で済むかもしれません。その際、気がかりなのは上手くシェアできるのかという点。どうしても視聴履歴を他人に見られるのは嫌だということも。でもファミリーアカウント機能はそのあたりの配慮もあるのでリラックスしましょう。

原作もついでに見よう
映画というのは原作の映像化パターンも多めであり、それと比較しながら楽しむのも一興です。でも原作を見るのは面倒だったります。本屋を探したりしてウロウロするのも嫌ですし、電子書籍もいちいちアプリをまた開くのも煩わしい。そこでVODが痒い所に手が届くヘルパーになってくれます。全部ではありませんが原作小説や漫画などを連続して楽しめるフル総合マーケットを提供してくれています。動画・本など横断的なシームレスなエンターテインメント・アプリというのはなかなかあるものではないです。

悪いサイトを追い出すために
オフィシャルな提供ではなく、どこかの誰かが勝手にアップロードした動画は当然ながら違法です。また、DVDラベルと称して勝手に画像を配布しているサイトもありますが、それも某ニュースで話題になった海賊版サイトと同じく法律に反するものです。こうしたサイトの利用は慎むべきなのは言うまでもありませんが、口で叱るのでは効果は低いものです。そこでVODは白羽の矢が立つ存在です。間違った道に進んでいる人に「こっちの道がいいよ」と導くことができる大役を担えるので「この世界の片隅に」合法視聴方法を拡散しましょう。

高評価作品は観る価値あり
あなたは見る映画をどのように選んでいますか? ランダムで運任せ? それともビジュアル重視でインスピレーションを刺激されるもの? いやいや俳優でストレートに選ぶ? それとも友達やネットのオススメ? こちらとしては評価の高い作品も良いですと推薦したいところ。映画賞を獲っている作品はとりあえず観ておけばその価値を探ったりしてさらに深掘りできる楽しみがあります。解説も豊富なことが多いのでそこもGood。「この世界の片隅に」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『この世界の片隅に』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『この世界の片隅に』をさらに知る

★スタッフ
監督:片渕須直(関連作品:『マイマイ新子と千年の魔法』)
脚本:片渕須直
キャラクターデザイン:松原秀典
音楽:コトリンゴ

★キャスト(キャラクター)
のん(北條すず)、細谷佳正(北條周作)、稲葉菜月(黒村晴美)、尾身美詞(黒村径子)、小野大輔(水原哲)

★雑学(トリビア)
・クラウドファンディングによって資金調達がされ、最終的に3374人の支援者から3622万4000円を調達した。

★インタビュー
・のん「本番まではメールで監督に質問を箇条書きにして送り付けたりした」
・のん「アフレコは、遊郭で働くリンさんとのシーンだけ、岩井七世さんと一緒にやらせていただきましたが、それ以外はずっと一人です」

★『この世界の片隅に』の評価

IMDbRTMETA
7.998%??
映画comY!FM
4.44.174.2
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『この世界の片隅に』の受賞
アヌシー国際アニメーション映画祭2017の長編部門で審査員賞を受賞。第90回キネマ旬報の日本映画ベスト・テンで1位。

★『この世界の片隅に』の感想
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。

●無料ホームシアター 
2016年に公開された映画の中でもこんな傑作は他にありません。心に染み入る一作に会えて本当に良かったです。きっとこんな心に刺さった映画には一生かかってもそう何度も出会えるものではないでしょう。この映画との出会いこそが奇跡です。そんなことを大げさではなく本気で思ってしまうほど素晴らしいアニメでした。世界中でも評価が高いというのはちゃんとこの作品に込められた平和への願いと当たり前の日常を生きる美しさが共感されたのかな。
●FILMAGA 
友人の勧めで観ましたが、もっと早くに観るべきだったと後悔。もう涙が止まりませんでした。でも、悲しくはならず、逆に生きる希望が湧いてきます。最初は戦争映画らしいから、暗い作品なのかなと思っていたのです。でも全然違いました。圧倒的な明るい作風で、それを支えているのがもちろんヒロインの天真爛漫さ。たとえどんなに苦しくつらい状態にあっても想像力が世界を素敵なものに変えていくというメッセージ性には誰でも感動できるはずです。
●CRUNCHYROLL 
日本の高支持ももちろんだが、世界の絶賛も聞いてほしい。ファンタスティックなアニメーション。優しく強い女性像の象徴。戦争への的確な風刺とドラマチックな感情の合体。そんないくら言葉を並べても足りないほどの、賛辞が溢れている。なぜ日本の戦争中の、とくに有名でもない人物のドラマがこんなにも国境を越えて響くのか。それこそが「すず」という女性のキャラクターに投影できるものの広さを象徴しているのではないか。これは世界の映画だ。