ブラッド・ファーザー

メル・ギブソンがバイオレンスとともに荒野に復活

映画『ブラッド・ファーザー』のフル動画を無料視聴する方法を、過剰な広告を排してシンプルに提示しています。
今すぐ『ブラッド・ファーザー』を見るなら動画リンクをチェック。

アルコールに溺れてしかもヤク中の元詐欺師のバイカーが、ドラッグ・カルテルを率いるヤクザの恋人とのいざこざで逃走することになった18歳の実娘を救うために命をかけるメル・ギブソン主演のバイオレンス・アクション。製作はクリス・ブリッグス、ピーター・クレイグ、パスカル・コーシュトゥー、セバスチャン・K・ルメルシエ。かつて犯罪の世界に身を置き、現在はアルコール中毒のリハビリをしながら、トレーラーハウスで細々と暮らすジョン・リンク。もう以前の強さはないように見えるが、実はまだまだその力は失っていない。彼のもとに数年前から行方不明となっていた一人娘のリディアがやってきた。久しぶりの再会を喜ぶ暇もなく、ギャングと起こしたトラブルにより、警察、殺し屋から執拗に追われているリディアを守ることを決意したジョン。愛する者のためなら迷わない。かつて身に着けたサバイバル術を駆使し、敵を迎え撃つ。

原題:Blood Father(「ブラッドファーザー」) / フランス(2016年) / 日本公開:2017年6月3日 / 88分 / 制作:Why Not Productions / 配給:ポニーキャニオン / 製作費:1500万ドル / 興行収入:

メル・ギブソン主演!映画『ブラッド・ファーザー』予告編

(C)Blood Father LLC, 2015


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ブラッド・ファーザー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

一度使えばハマる!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスは映画としても人気のジャンル。そんなスリル満載の映画をお得に観るなら、動画配信サービスは外せません。ネット配信は画質が気にするという心配症の人も安心。ハイクオリティな映像を楽しめますし、テレビを使えば大画面でもOK。DVDと遜色がないので、レンタル店でDVDを借りることは必要なし。作品によっては字幕や吹き替えを選べるものもあるので、そのあたりも問題なしです。

「無料」を見逃すな!
「支払いを猶予することはできませんよね?」それは不可能ですが、お金を支払うことのない期間を手に入れることができます。家にいながらの視聴が実現できる、言い換えれば無料ホームシアターのようなネット鑑賞は、お試しというには嬉しすぎる最高の初心者ラッキーチャンスです。期間など気になりません。「子どもでもラクラクなくらいの敷居の低さなら…」と思っているなら、別に難易度は易しめなので安心。メールアドレス新規作成とほぼ同じ程度のスピードで完了して、数分以内に動画視聴できます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ブラッド・ファーザー」の視聴はダメです。「違法性とかいう話はわかるけど何かそれ以外で問題はあるのですか?」そういう人には「おおありです」とお答えします。修繕できない不可逆的なダメージ・アタックも多いですし、リスト型攻撃の標的材料になる個人情報搾取の足掛かりにされることも。リスキーなサイトは手を出せば奈落の底のように引きずり込まれて身を焼かれます。これは大袈裟ではなく明確な事実です。

迷ったときは?
「配信の瞬間を臨戦態勢で待機してます!」というあなたにもぜひ。お試しの扉が手招きして誘ってくれます。でも、警告しておきましょう。「張り切って登録したのに、映画が配信にない!」というクレームは、確認不足が原因です。登録直前の最終確認は本来は絶対に欠かせません。「ブラッド・ファーザー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VODなんて片手の指ではおさまらない数の種類があり、素人にしてみれば何から手が付ければいいのかわからないものですので、このページのVODレコメンドを参照して、きっかけにすると良いです。YouTubeは無料動画ですが、品質の低いものが雑多に混じっています。フルムビバースは不純物なしの優良動画のみをセレクトしています。ビギナーズラックという言葉があるように、VODも未体験時ほどラッキータイミング。無料動画は目と鼻の先にあるので手を伸ばしましょう。

あなたはどっち派?
外国映画を観る時のチェックポイントは「字幕」を選ぶか「吹き替え」を選ぶかという二択。片方しかないこともありますが、ネット配信時はどちらでも選べたりする機会が多いので悩むものです。好きなように選んでいいのですが、このこだわりは譲れない人もいます。外野の意見は気にせずに自分の趣味で構いませんので、VODならではのお手軽さで遊んでみるのも良いのではないでしょうか。「ブラッド・ファーザー」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

登録情報は最小限
初めてのVODであるならば、初心者特有のわからないことがポンポンと沸いてくるものです。まず最初の壁は登録だと思うのでしょうが、これが思っている以上に簡単に飛び越えられるハードルです。登録と言っても複雑な審査があるわけでもなく、要するにアカウント作成なので、必要最低限の情報入力のみで完結。時間に換算すれば1分程度で完了するような手短さ。ちょっとした空き時間でも可能な作業量です。もちろん登録が終わればすぐに作品動画を視聴開始できます。あとは「ブラッド・ファーザー」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

表現規制を避けるなら
映画という映像媒体コンテンツなら避けられない表現規制の問題。劇場上映やテレビ放送ではレーティングという独自の業界規則で諸々の制約が生じ、人知れず内容が精査されています。このままでは提供不可と判断されると、シーンカットやモザイク処理などがあったり、倫理的なトラブルで自粛という事態も起こります。これではクリエイティブな自由度は鎖につながれるだけ。しかし、独立性の高いVODならば、そうした枠とは外れて展開していることがあるので、映画を純粋に視聴できます。「ブラッド・ファーザー」も規制なしでどうぞ。

俳優好きにも必須
映画を観る時は視線は真っ先に映像内で活躍する俳優の皆さんに注がれているかもしれません。思わず夢心地になるような魅惑的な笑顔やクールなパフォーマンスをアピールされたらもう骨抜きにされてしまいます。VODではキャストで作品検索できるものもあるので、ファンの想いにもバッチリ受け答え可能です。「メル・ギブソン」のまるで魂が乗り移ったかのような凄みに震えることも。私たちの知っている姿とはまた違う一面を観られたりして、興奮します。一方で思いとは裏腹におカネの負担は大きい…。でもVODで補えます。

『ブラッド・ファーザー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ブラッド・ファーザー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジャン=フランソワ・リシェ(関連作品:『アサルト13 要塞警察』)
脚本:ピーター・クレイグ、アンドレア・バーロフ
撮影:ロバート・ギャンツ

★キャスト
メル・ギブソン、ディエゴ・ルナ、エリン・モリアーティ、エリザベス・ローム、ウィリアム・H・メイシー

★『ブラッド・ファーザー』の評価

IMDbRTMETA
6.488%66
映画comY!FM
3.44.073.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ブラッド・ファーザー』の感想

●無料ホームシアター 
年老いてきた有名俳優のなかでも、メル・ギブソンはかっこいい存在感を変わらずどころかますますパワーアップさせて見せてくれます。もうこれは完全にリーサルウェポンをオマージュしつつ、現代西部劇的スタイルと父娘の関係性ドラマをミックスし、しっかり今の観客にも受ける内容に仕上げているあたりは、ジャン=フランソワ・リシェ監督の見事な手腕といえるでしょう。緊張感があるなかで90分くらいに収まっているのも見やすさの点でGOOD。
●シネマトゥデイ  
主人公がアルコール依存性のリハビリ中で更生に向けてひっそりと生きてるけれど、娘のトラブルによってアウトローとしての血を再開花させて活躍していく…このベタベタな話でもちゃんと面白いのはやはり主演のメル・ギブソン力ではないだろうか。個人的には娘を演じた女優のキュートだけど、小生意気で父を翻弄していく感じも気に入っている。なにより過去のメル・ギブソンの私生活とダブらせる演出、いや、観客の忖度が生じるのは別で興味深い。
●TOHOシネマズ  
野生化したメル・ギブソンが健在。不良娘とスーパー不良オヤジのストーリーが完璧にハマってテンポよく進んで見てて飽きさせない。不良同士の相乗効果が見ていて楽しい。アクションシーンも多くありながら、父親と娘の関係も描かれており、ただ銃撃戦で人が死ぬだけじゃなく、人情ドラマも楽しめるので、意外と深みがあったりするのも高評価の理由だろう。やっぱり奇をてらうことなく、王道でいくのが一番いいのだと実感させられた。