何者(2016)

就活に挑む若者たちのリアル・ドラマ

映画『何者』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 不快で有害な広告は一切ゼロです。
今すぐ『何者』を見るなら動画リンクをチェック。

「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を描いた。エグゼクティブプロデューサーは山内章弘、プロデュースは川村元気、プロデューサーは石黒裕亮。演劇サークルで脚本を書き、人を分析するのが得意でついつい心の中でもやってしまう拓人。何も考えていないように見えて、地味に活動を積み重ねて着実に内定に近づいていく光太郎。光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せる気持ちが純真で実直な瑞月。「意識高い系」だが、なかなか思ったように結果が出ないことに焦っている理香。就活は決められたルールに乗るだけだと言いながら、そのルールに翻弄されて焦りを隠せない隆良。22歳・大学生の5人は、それぞれの思いや悩みをSNSに吐き出しながら自分の人生に立ちはだかる就職活動に励むが、人間関係は徐々に変化していく。

原題:何者 / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年10月15日 / 97分 / 制作:東宝映画 / 配給:東宝

映画『何者』予告編

(C)2016 映画「何者」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『何者』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用しやすさにドハマり!
ストレスやプレッシャーの渦巻く世の中で懸命に葛藤する人間模様を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。これらのサービスは2種類のタイプがあり、ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、作品数が少ないのならぴったり。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額で多くの映画が観れるので非常に便利です。

「無料」で感謝!
耳より情報はここからです。初心者を救いだす無料のサービスお試しプレゼントはクリスマスよりも嬉しい届け物です。この世は理不尽なもので、消費税や所得税、年金など、あらゆる負担がのしかかってきます。映画はなるべくお得に観たっていいじゃないですか。お試しはその救済になるものです。「視聴できるのがお試し序盤動画のみということは…」そういう動画コンテンツ販売サイトのような出し惜しみはありません。映画はフルではないと意味がないのはみんなわかっています。全動画はフルサイズです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「何者」の再生はダメです。あなたがもしそのようなウェブサイトで動画を観れたとしても、その裏では予期せぬ企みが進んでいます。モニタリングしてみるとわかりますがCPUを大量に消費するプログラムが動作していることが確認でき、当然のようにそれは機器の負荷となって故障の原因にもなります。大多数の不正利用者は完全に油断しており「自分には関係ない」「騙されるわけない」と考えますが後悔先に立たずです。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。嬉しい悲鳴にはなりますが、VODを展開する会社の数がとにかく豊富。つまり、どれがどれを配信しているのかが状況混雑しすぎているので、整理が一向に全然追い付きません。「何者」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも迷宮を彷徨っているわけにはいかないでしょう。このページはゴールへの道のりを順調にアシストします。配信中のサイトサービスがアイコンで一目瞭然なのでカーナビ級に便利です。変な怪しいサイトに連れ込む誘導リンクを貼っている悪質ページはネット上に無数にありますが、フルムビバースでは的確な動画リンクのみです。なかなか新しい未知のコンテンツに手を出すのは勇気がいるかもしれませんが、利用を助けてくれる情報はネットに溢れているので怖がらなくて大丈夫です。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでもワクワクしてきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「三浦大輔」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

パスワードは大事
すでに諸々の注意として耳にしている人もいるかもしれませんが、アカウント乗っ取りはどんなサービスでも起きえます。VODも同じで、それ自体のセキュリティ対策は万全でも、他でパスワードが流出してそれを使われたらなすすべがありません。そこで絶対にパスの使い回しは厳禁です。たとえ安直な記号の羅列にしていなくともそのパス全部が他者に不正入手されては意味がありません。面倒かもしれませんが、個別に異なるパスを考えて厳重に活用してください。安全な「何者」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

俳優好きにも必須
「あの俳優のキラキラ輝くフェイスを観れば、私の中の大観衆が絶叫する~」そんな心の応援上映気分で映画を観ている人は多いと思いますが、熱心なファンでなくともキャストで作品を選ぶ人は珍しくありません。VODでは「これだ」とチョイスした俳優を検索して出演作をズラリと表示して連続で見ていくというマニアな鑑賞も可能です。「有村架純」の演戯に酔いしれたい? それはオススメしたいところですし、きっと当人も役者冥利に尽きるでしょう。そのためにはある程度のマネーパワーがいるとしてもVODでコストダウンさせることは可能です。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「何者」の鑑賞後の高揚感をそのまま胸に閉まっておくよりは、SNSで自分なりの表現方法によってアピールしてみませんか。それは迷惑にはなりません。ただのバッシングならお呼びではないですが、好きという心を前に出すのは応援のひとつです。もしかしたらさらにファンの拡大に貢献できて生みの親である製作者も喜んでくれることもあるかも。なるべくオリジナリティ溢れる純粋な語りが最も好かれます。

『何者』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『何者』をさらに知る

★スタッフ
監督:三浦大輔(関連作品:『愛の渦』)
脚本:三浦大輔
音楽:中田ヤスタカ

★キャスト
佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之

★インタビュー
・佐藤健「すべて現場でしか生まれないので、何がアドリブで何がアドリブではないのか、意識していなかったです。台本に書かれていたこと、書かれていなかったことを、現場に入ると俳優たちは誰も気にしないんです」

★『何者』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
??2.893.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『何者』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
心にグサッとくると同時に、自分の中にある何か抑圧されていたものが洪水のようにあふれ出す感じ。いわゆる最近の若者向けの邦画とは全く違いました。だって都合のいい展開が何もないのだから。颯爽と駆け付けるヒーローもいない。必ず勝てるという努力の保証もない。ドラマチックな正解に導く快感もない。だからこれを観たくない人もいる。それでも向き合わなければいけないリアルがあるので、結局映画から目を背けても現実は逃げられない。
●FILMAGA
テーマ曲がいいですね。ラストの何とも言えない開放感というか、未来に向かって進もうとする姿を強調してくれます。それは良い道とは断言できないけども、進むしかない。進路はどうしますか?という誰もが聞かれたことある質問は、非常に投げやりで無責任だ。逆に聞いてやりたい。あなたの進路はどうだったのですか。それは正解でしたかと。そんな悩みを現在進行形で抱えている若者たちは何者になるのか、この映画ではあえて見せないのがいい。
●BILIBILI
就活ドラマだけどシンプルなTVドラマ風の展開はない。舞台劇のような感覚。全てのキャラがリアルで、自分に重ねてしまうというのは見た人の気持ちではないか。視聴した時の感想は辛さが一番だった。でも決して悪いものではなかった。誰でも何になりたいかはわからないし、何者にもなっていない時期の就活。でも、面接では自分を定義して良く見せる必要があるので、嘘でもいいから自分を偽る。その生々しいリアルがこの映画には描かれていた。