ゲロッパ!(2003)

いますぐジェームス・ブラウンをさらってこい!

映画『ゲロッパ!』のフル動画を無料視聴する方法を、冗長なリンク無しで的確に各サイトの中から推薦。
今すぐ『ゲロッパ!』を見るなら動画リンクをチェック。

ソウル・ミュージックの帝王“ジェイムズ・ブラウン”誘拐計画や、生き別れた娘との再会など、収監を目前に控えたヤクザの組長をめぐって繰り広げられる騒動を描いた人情コメディ。エグゼクティブプロデューサーは李鳳宇、プロデューサーは石原仁美。収監を目前に、組を解散し引退を決意した羽原組組長・羽原大介には、やり残したことがふたつあった。それがとんでもない騒動になっていくとは知らずに。ひとつは、25年前に生き別れた娘・かおりとの再会。もうひとつは、大好きなジェイムズ・ブラウンの記念すべき名古屋公演に行くこと。そして、そんな羽原の為に弟分の金山組組長・金山は、子分たちに憧れのJBの誘拐という大胆過ぎる任務を命令する。

原題:ゲロッパ! / 製作:日本(2003年) / 日本公開:2003年8月16日 / 112分 / 制作: / 配給:シネカノン

ゲロッパ!(プレビュー)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ゲロッパ!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画のたまり場です!
退屈な日常を吹き飛ばすようなエンターテインメントを楽しむなら映画が一番。そんな愉快で爽快な作品を観るなら、動画配信サービスがオススメです。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今ではレンタル店でDVDを借りるよりも身近になり、利用者の増加も今後も期待されます。家にパソコンやテレビがない人でも安心で、スマホで好きなタイミングで視聴できるので、自由にメディアを使い分けていきましょう。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「映画に払うお金は…」と遠慮するなら、少し気が早いです。なぜなら新入り無料お試しの刺激的な導入補助があります。用心するに越したことはないですし、転ばぬ先の杖として、無料お試しをフル活用するのが賢い選択です。本当に自分にピッタリ合うのか、お目当ての作品が見られるか、じっくり試せます。「なかなか動画にたどり着けないのでは?」と先行き不安を心配してもこのVODはノープロブレム。動画専用のサービスであるので「見れない」という事態は起こってしまえば沽券に関わるのですから。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ゲロッパ!」の再生はダメです。これらの問題サイトは運営しているサーバーなどが貧弱で、無駄に広告も過剰表示されているため、とにかくパソコンやスマホに極端な負荷をかけます。CPUを食いつぶし、オーバーヒートさせ、機器の寿命を下げることになり、故障の原因にもなります。低画質動画なんて使ってもそれで映画を観たことにはならないくらい印象が激減してしまうので、絶対にやめるべきです。

使うべきはどれ?
「友達にこれがいいとプッシュされていた作品をいい加減に見てようか」そんなタイミングにピッタリとフィット。しかし、世の中にはあまりにも映画が多すぎるのが曲者となってしまい、配信状態はまるで為替相場のようにめまぐるしく変化して、目が追い付かないほどです。「ゲロッパ!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。真っ暗な洞窟を手探りで進むのは大変危険なように、VODの洞穴もなかなかのデンジャラス。そこでこのページでは先を照らす松明のように、明るい光で無料動画への足場を示して、迷わないようにさせてあげます。凡庸なサイトならば特定のサービスを提示してそれでおしまいという感じですが、こちらでは几帳面に必要な更新を怠っていません。VODはいくつもあるのでそれごとに無料お試しは可能。つまり、まず1つ目の1か月体験が終わって、次の2週間体験に、そしてまた別の…と連続利用もできなくはないです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ゲロッパ!」を目にするために登録&再生…の前にクレジットカードが必須です。「え、私はクレカを持っていないのだけど…」それならば家族のものを許可をもらって使うのでもいいですし、新しく自分のものを作成してみるのも一案(今はすぐに作れるクレカも多いです)。中にはキャリア決済に対応している場合もあり、これならばクレカいらず。必ず登録カードは使えるものであるべきであり、過去に同サービスで一度使ったことのあるものを使うと初回お試しは適用されないので注意です。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ゲロッパ!」でもあります。幅広い対応が売りなのは事実ですが、何はともあれ対応確認必須なのは変わりありません。テレビの大画面で見るならば、最新のものであればOKですが、古いとそもそもネット接続も不能で視聴できないかもしれません。パソコンは各社のブラウザで普通に見れますが、しっかり機能更新を含むアップデートをしておくことが大事。スマートフォンで見るならばアプリが用意されているので、それをストアでインストールすればラクラクでしょう。見れなかったら嫌ですのでこのVODマッチング確認は慎重に。

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeブラウザを使っていると、リンクのクリックでいきなり「ポップアップがブロック」と表示されて「え?え?」と困惑状態になることがあります。「ウイルス?でもいつもの公式のサイトなのに?」と考えても考えても謎だらけ。それは広告をブロックするツールが原因です。拡張機能でそれらを導入しませんでしたか。動画視聴さえも妨げるので症状が確認されたらひとまず無効化しましょう。いずれアップデートで修正されるはずです。「ゲロッパ!」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ゲロッパ!」は? ベーシックとなるのは初めてとなる1回目の月額料金、もしくは特定期間に限り支払いのない状態になる…つまり有料で利用する開始時期が遅くなるというものです。また、その無料中に見られる作品というのも各種事情があります。見放題なら全部OKですが、ポイント式のサービスならばその利用範囲内で無料感覚になるのでかなりニュアンスは変わってきます。この区別ができているかが混乱を生むかどうかの境なので、事前に注視しておきましょう。

『ゲロッパ!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ゲロッパ!』をさらに知る

★スタッフ
監督:井筒和幸
脚本:羽原大介、井筒和幸
撮影:山本英夫
音楽:馨紀子

★キャスト
西田敏行、常盤貴子、山本太郎、岸部一徳、桐谷健太、吉田康平、長塚圭史、太田琴音、ラサール石井、木下ほうか、田中哲司、塩見三省、根岸季衣、篠井英介、寺島しのぶ

★『ゲロッパ!』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ゲロッパ!』の感想

●映画無料夢心地 
ヤクザが捕まりそうだから最後にやり残したことをいろいろやって25年会ってない娘に会う話です。井筒監督がソウル・ミュージック好きなのかはわかりませんが、音楽ものとしても愉快だし、人情ヤクザものとしても相性のいい作品になっていました。俳優が実にキャラをエンジョイしており、主演の西田敏行はコミカルかつユーモアもあって好演。ラストの出演者達によるダンス・シーンは映画的な見どころとしてこれ以上ない盛り上げポイントでした。
●FILMAGA  
最高にかっこいい西田敏行が魅せる、至極のエンターテインメントが開幕! 映画のあらゆる場面で流れるブラックミュージックは、クライマックスに向けての気分をガン上げ。最近の邦画は音楽にしっかり向き合った作品が少なく、この真摯さが清々しい。弾けまくる登場人物達と一緒に歌いたくなるような作品で、ありえないぶっとんだ展開も心地よいし、西田敏行をはじめとする俳優陣の演技の見事に融合して、最高の完成度を誇る映画だと思う。
●BILIBILI 
フィクションをちゃんと理解して楽しめる人向けの映画でしょうね。これはリアルじゃない!とか言う人はこういうタイプの作品は手を出さないほうがいいかもしれない。逆にそれを踏まえて物語を楽しめる人はハマれるでしょう。題材の音楽への知識はそこまでも求めてないですが、知ってるとなお良しです。ジェームズ・ブラウンへのリスペクトがビンビン伝わるので嬉しくなるはず。ミュージカルの要素が入っていて明るいながらも胸が熱くなります。
●フルムビーチ  
冒頭でジェームス・ブラウンの「It’s a Man’s Man’s Man’s World」が流れて思わずのめり込みました。印象的な曲なので、初っ端から引き込まれますね。全体的に、アホかという内容ですが、西田敏行が素敵だし、踊る岸部一徳もいい味だしていて、勢揃いしたキャストがグイグイ引っ張っています。井筒監督の映画らしさ抜群で、あれこれとツッコみだしたらキリがないですが、そこは抑え込んで「ゲロッパ」で生きましょう。