17歳の夏(2005)

キャンプでめぐり合った官能的体験の結末は…

映画『17歳の夏』のフル動画を無料視聴するダイレクトな方法を、過剰な広告を排してシンプルに提示しています。
今すぐ『17歳の夏』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Camping Sauvage / フランス(2005年) / 日本公開:2011年11月(DVDスルー) / 78分 / 制作:Les Films à Un Dollar / 配給:

camping sauvage trailer
動画
▼『17歳の夏』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 一時停止可

VOD2 Huluで動画を見る ノイズ無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。

▼『17歳の夏』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも利用拡大中!
人間の心の内に抱えているさまざまな葛藤や苦悩を欲望とともにストレートに描き出した作品は見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスが有用です。レンタル店でDVDを借りるときはどうしても作品の内容によって人目を気にしてしまうこともありますがネット配信ならプライベートな空間でも邪魔されずにひとりで楽しめます。アダルト系の作品を専門に扱っているものもあるので併用するならなお良しです。

「無料」はやっぱり魅力的!
これだけは必須で覚えてほしい部分がひとつ。それはトライアルを無料でできるという特典の導入アシストです。何事にも最初はあるように登録日の瞬間をベースポイントにして一定の期間、諸々の用意されているコンテンツを無料で試用できてしまうという夢のようなノーリスクサービスです。「これって一度登録すると解約できないパターンでは?」「退会に進めないものはさすがに価値は薄いのだけどな」と怪しむ人も安心です。解約は登録よりも時間がかかりません。それこそあまりにもすぐ終わるので思いついたときに実行可能です。クリストフ・アリ監督の「17歳の夏」もアリ。

ダメサイトが深刻に迫る!
なお、巷に溢れる重大な問題をこじらせているイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでイジルド・ル・ベスコ出演の「17歳の夏」の鑑賞はダメです。あなたの知らない恐怖がジワジワと近づいています。そのような怪しいサイトに足を踏み入れた瞬間、個人情報は秘密裏に記録され、何に悪用されるかもわかりません。間違ってもその危険サイトでユーザー登録などはしないてください。あとあとで引き返せない自滅をしてしまう前に、最初の時点から正規サービスを選択しておけば何も問題なし。

あなたの選択は自由!
VODの配信トリガーになるものは視聴者には見えてきませんが、デジタル配信一般提供は目安になるので着目する意味はあります。しかし、配信をリアルタイムで把握するのは極めて膨大な労力を必要とします。毎日アクセスするたびにラインナップが変わるのは嬉しいことではあるのですが…。ドニ・ラヴァン出演の「17歳の夏」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VODなんて片手の指ではおさまらない数の種類があり、素人にしてみれば何から手が付ければいいのかわからないものですので、このページのVODレコメンドを参照して、きっかけにすると良いです。本サイトは「ユニバース」がモチーフになっているサイト名ということもあって、各映画情報が複合的に寄り集まっている、ファン・ライクな場所です。再三の注意は繰り返しますが、配信内容は1日単位で変化中。どういう内容になるかは常に確認が求められます。今の情報が明日にも一致するとは限らないので、あくまで補助活用にとどめてください。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの特化型機能として、作品ごとに配信可能性の高いVODを一覧表示できます。類似のサイトは数多とありますが、どれも情報鮮度や種類が欠けていることが多いです。こういうものは知れば知るほどに楽しいです。こちらは全体的な充実度はハイボリューム。特定のサービスをピックアップして今日の気分に合わせて映画を探すのも図書館感覚でワクワクするものです。魅力が短い映像に詰まったトレイラーを見たり、感想コメントを読むのも良し。「クリストフ・アリ」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点や独自感想コメントから自分の新しい期待を増幅させて膨らますのも良しです。

パスワードは大事
百花繚乱の映画が集うVODの沼にどっぷりとハマる前に、アカウントの作成が必要になりますが、その際はパスワードには入念に気をつけましょう。テキトーにしてしまうのは地獄の始まり。「パスなんて面倒だからテキトーでいいじゃん」という油断が最悪の結果を生みます。とにかく使い回しをしないというのは最低条件であり、そうしないと安易にリスト攻撃なのでアカウント乗っ取り被害に遭います。VODでもその被害例がたびたび確認されるので、絶対にパスを流用じゃない固有のものにしましょう。危険のない「17歳の夏」動画体験をするには遵守すべき大事な基礎ルールです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は常に欲したくなるほどに魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。パスカル・ボンガール出演の「17歳の夏」は? サブスクリプションというのは所定の金額を支払うと一括でサービスを満喫できるというもので、レンタル店とは全く違います。見放題と一般に呼ばれるタイプであれば、そこまでの難解さもないもので話は簡単で、配信している全作品をお試し期間中は無料で見れます。コンテンツをポイントで交換するようにして視聴するタイプはやや特殊で、登録時に貰えるポイントの範囲内であれば、その制限の中では作品を無料感覚で好きに視聴できます。この違いはしっかり誤解しないように。

表現規制を避けるなら
映画という映像媒体コンテンツなら避けられない表現規制の問題。劇場上映やテレビ放送ではレーティングという独自の業界規則で諸々の制約が生じ、人知れず内容が精査されています。このままでは提供不可と判断されると、シーンカットやモザイク処理などがあったり、倫理的なトラブルで自粛という事態も起こります。これではクリエイティブな自由度は鎖につながれるだけ。しかし、独立性の高いVODならば、そうした枠とは外れて展開していることがあるので、映画を純粋に視聴できます。エマニュエル・ベルコ出演の「17歳の夏」も無規制で。

『17歳の夏』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『17歳の夏』をさらに知る

17歳の少女が初めて経験する、40代の孤独な男との危険な恋を官能的かつスリリングに描くエロティック・サスペンス。『17歳の夏』の製作はトム・デルクール。17歳の少女カミーユ。今年の夏休みは家族と共に、湖のほとりのキャンプ場で休暇を過ごしていた。バケーションには良いかもしれないが、そこは少し刺激が少ない。しかも、両親との仲は最悪。恋人のフレッドとの時間で退屈を凌ごうとするものの、彼の大人要素のない幼い性格にうんざり。そんなある日、新人のヨットインストラクターがやって来て、これまでにない魅力に惹かれいく…。

★『17歳の夏』のスタッフ


監督:クリストフ・アリ、ニコラ・ボニラウリ
脚本:クリストフ・アリ、ニコラ・ボニラウリ
撮影:ジェローム・ペルブラン
音楽:ニコラ・バビー

★『17歳の夏』のキャスト


イジルド・ル・ベスコ、ドニ・ラヴァン、パスカル・ボンガール、エマニュエル・ベルコ、ヤン・トレグエ、ジャン=ミシェル・ゲリン

★『17歳の夏』の評価

IMDbRTMETA
5.4??%??
映画comY!FM
?????2.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『17歳の夏』の感想

●『17歳の夏』映画無料夢心地
フランス映画の独特のタッチに慣れている人であれば、この作品もそういうものだとすんなり受け入れられるだろうが、あまり知らない人はいろいろびっくりすることになるかもしれない。セクシャルな部分については一切の妥協がなく、オープンなのはいつもどおりだが、ラストの苦い味わいなんかはフランス要素が濃厚すぎるほど。気まぐれな大人の危うい恋を楽しむ作品だと思っていると思わぬ反撃を受けるので、そこは気を付けているといいだろう。
●『17歳の夏』シネマトゥデイ  
キャンプしていると出会いがあったりして、見知らぬ人との交流があるのも理解できるが、さすがフランス。バカンスの野外キャンプではこんなことはあるものなのでしょうか。向こうのバカンスは1日2日ではないので、こういう長めのドラマが起きやすいという事情もあるのでしょうが。それにしても日本人感覚的に別世界。邦題では「17歳の夏」という年齢を強調したタイトルだが、原題は「キャンプ」なのでこの舞台が非常に重要になっている。
●『17歳の夏』TOHOシネマズ 
イジルド・ル・ベスコの豊満な肉体と、ドニ・ラヴァンの少年のような仕草を堪能する作品。エロティックドラマと謳っているせいで、ロリータに着目して鑑賞をした下心ありの諸君が集まってくるでしょうが、そういう狙いは少し外れると思う。17歳の少女が妻子持ちの40代のおっさんと恋に落ちるという設定よりも、実は別の意味のあるテーマがあったりするのですが、それを推察できるかどうかが大事かもしれない。視点を変えて楽しんでほしい。
●『17歳の夏』ユナイテッドシネマ  
日本の宣伝では官能映画風に作品をデコレーションしてアプローチしているが、実際の作品の中身はそんなジャンル的なものではない。そのため勘違いして勝手にガッカリしている人が多数出現する事態を招いている。それで作品に酷評がつくのは可哀想なので、フォローしてあげたいと思う。では本当の中身はといえば、キャンプ場という一種の孤立した空間を舞台にしたサスペンス・ドラマだと思ってもらえればいいだろう。かなりシリアスだ。